携帯ホームページ作成入門

携帯ホームページ作成入門

携帯ホームページを初めて作る方むけの入門講座です

たとえば、こんな疑問にお答えします

たとえば、こんな疑問にお答えします

  • 携帯サイトをどうやって作ってよいのか、よく分からない・・・
  • 誰に頼めば良いのかすら分からない・・・
  • 携帯サイトで成果を上げる方法が知りたい・・・

この講座を本にしたガイドブックをダウンロード(無料)

スマホサイト付きのホームページ作成サービスはこちら

携帯サイトとは? ~パソコンサイトとの違い

携帯サイトとは? ~普通のパソコンサイトとの違い

そもそも「携帯サイト」って何?

携帯サイトとは、ズバリ、「携帯電話でも見やすく作られた専用ホームページのこと」です。

パソコン用ホームページと、携帯サイトは、基本的に「別物」

携帯電話の機能が進化するにつれ、普通のパソコン用サイトでも携帯電話から見られるようになりました。

しかしながら、基本はパソコンサイトと、携帯サイトは、「別物」です。

作成する際に使うプログラミング言語は同じなのですが、パソコン用ホームページと、携帯サイトでは、常識も事情も異なります。まずは両者の違いをしっかり理解しておきましょう

パソコン用ホームページと携帯サイトの違いは大きく3つ

パソコン用ホームページと携帯サイトの大きな違いは、下記3点です。

  • (1)画面サイズ
  • (2)通信速度
  • (3)操作性

その他にも、使用できる技術的な違いや、絵文字の有無など、細かな違いはありますが、まずはこの3つだけを押さえておきましょう。

(1)画面サイズ:画面が小さいので、文字数や画像サイズに制限があります

PCと携帯の画面サイズの比較

携帯電話は画面のサイズが小さく、一度に表示できる文字数も画像サイズも限られます。

携帯サイトを作成する時はそれを前提として、文字の量・配置や、画像の大きさなどを調節しなければいけません。

(2)通信速度:通信速度が遅いので、軽いホームページが望ましい

携帯電話はパソコンと比べて通信速度が遅いので、重い画像のあるページを読み込む場合などは、かなり時間がかかります。

そのため、できる限り画像を軽くして、クリックせずに情報収集できるようなホームページにする必要があります。

(3)操作性:ボタンだけで操作するので、簡単に使えなければNG

携帯電話はパソコンのように、マウスとキーボードがあるわけではありませんから、複雑な操作は困難。

携帯電話の「ボタン」をキーボードやマウスの替わりに使うので、「ボタン一押し」でスイスイ見られるような、単純な操作性が求められます。

携帯サイトを持つなら、同じ内容のパソコン用HPも必要

お客さまの7割は、パソコンと携帯の両方でHPを見る

お客さまの7割は、PCと携帯の両方でHPを見る

パソコン用ホームページと携帯サイトが別物なら、それぞれ別の内容のサイトでも問題ない・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、実は、インターネットを使うお客さまの7割は、ホームページをパソコンと携帯の両方で見ているのです。

これは、パソコンと携帯、両方のサイトがお客さまに見られる可能性があるということ。したがって、パソコン用ホームページにある情報が携帯サイトになかったり、その逆であったりすると、お客さまを混乱させ、信頼を失ってしまうことになりかねません。

そうならないためには、携帯サイトと同じ内容のパソコン用ホームページが必要なのです。

携帯サイト作るなら、内容をそのままパソコン用ホームページに反映させるか、もしくは同じ内容のパソコン用ホームページを新たに作るようにしましょう。

パソコン用ホームページ・携帯サイトを両方更新すると、二度手間になる

前にも述べたとおり、パソコン用ホームページと携帯サイトは別物です。

両方のサイトを持つ場合、たとえ同じ内容のサイトであっても、従来はそれぞれ別々に原稿を作り、別々にページを更新しなければなりませんでした。なぜなら、携帯電話とパソコンでは、表示できる文字数も画像の大きさも違うため、そう簡単に原稿を流用することができなかったからです。

つまり、従来のやり方で2つのサイトを作成すると、更新作業が「二度手間」になってしまうということ。

更新作業をする専門のスタッフでもいれば話は別ですが、パソコンと携帯で同じ内容のページを用意する場合、この「更新の手間」に注意が必要なのです。

パソコン用HPと携帯サイトを同時更新できるソフトもある

携帯とPCを同時更新できるソフトもある

携帯サイトとパソコン用ホームページを両方持つと、更新の手間がかかる・・・というお話をしてきましたが、最近ではパソコン用ホームページと携帯サイトを同時に更新できるソフトも登場しています。

たとえば、通常は、パソコンとと携帯電話では画面のサイズが異なるため、1つの画像を載せるにも、それぞれの画面サイズに合わせた画像を別々に用意する必要がありました。

ところが、こうしたソフトを使うと、携帯とパソコンのそれぞれの画面サイズに合わせて、1つの画像を自動的に表示変更することができるので、わざわざ画像を別々に用意する必要がないのです。作業量は半分になりますから、更新は非常にラクになるというわけです。

さらに、最初に一からサイトを作るときも、パソコン用ホームページもしくは携帯サイトのどちらか一方を作ると、自動的にもう一方のサイトができあがる仕組みになっているので、更新だけでなく、初期制作の手間も半減します。

まず、自分で作るか、作成会社に任せるかを考える

さて、ここからは、実際にどのように携帯サイトを作っていけば良いかを具体的にご説明していきます。

当たり前のようですが、携帯サイトを作るには、自分で作る方法と、作成会社に任せる方法の二通りがあります。次のページでは作成会社に任せた場合のメリットとデメリットを説明していきましょう。

携帯電話・モバイルから集客する、実践ノウハウが満載の
無料ガイドブックプレゼントはこちらへ

2.作成会社に頼む場合のメリット・デメリット

次へ