あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

SEO対策 お悩み相談室

SEO対策目的の外部リンク購入はご法度です

関連情報:最新SEO情報

2013年6月17日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 4 分

今回のご相談

以前、ブログ500サイトからリンクを貰うという契約をしており、これが原因となってGoogleからペナルティを受け、順位が下落してしまいました。

原因となっているそれらのリンクを削除したいのですが、現在連絡先等が不明で、削除してもらうのは難しい状態です。

この場合、いっそドメインごと替えてしまった方が良いのでしょうか?

この状態が続くと、弊社にとってかなり厳しい状況になります。

(東京都・旅行代理店の会員さま)

村重からの回答

今回のご相談は、SEO目的のいわゆる「有料リンク」が原因となって、Googleからペナルティを受けてしまったというものです。

有料リンクとは、「月額5,000 円で500サイトからリンクしますよ」というように、金銭の授受を伴うリンク提供のこと。

たいていの場合SEOだけを目的としており、無関係なサイトから大量にリンクが張られることになります。しかしこうした行為は現在Googleが排除しようとしており、ペナルティを受ける可能性が大きいものです。

今回のケースも、この有料リンクがペンギンアップデートの影響を受けた可能性があるので、すぐにでも削除したほうがよいです。

しかし今回のケースは、削除してもらおうにも相手の連絡先がわからず、リンクの削除依頼ができないというもの。悪徳なSEO業者では、こうしたケースが少なくありません。

このような場合は、次の対処法をお試しください。

対処法1 新たなドメインで新規サイトを立ち上げる

既存のサイトがすぐには直せないという場合、新たなサイトを別途立ち上げることをおすすめします。

つまりイチから新しいサイトを作るということです。

将来的に事業を拡大することも鑑みると、この手段が一番効果的です。

しかし、現サイトのコンテンツをコピーして作っていはいけない(コピーコンテンツになる)ので、非常に時間と手間がかかります。

対処法2 既存のサイトを修正する

こちらは対処法1と同時に行う必要があります。

まず前提として、問題があるリンク(この場合有料リンク)を外さない限りは順位は回復しません。

問題のあるリンクを外した上で、Googleのウェブマスターツールの「リンク否認ツール」を使います。

「リンク否認ツール」とは、Googleに対して「外せないリンクなので、無効にしてください」と依頼する方法です。

この方法でリンクを無効にすると、場合によってはペナルティが解除され、現サイトが順位を回復する可能性もあります。

ただ、確実に回復するかどうかはわかりませんので、対処法1と2を同時に行うのがおすすめの方法です。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

問い合わせ10倍!「社長のホームページ入門」無料ガイドブックプレゼント

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(11月23日現在)

  11月 12月 1月 2月
残り 45件 75件 80件 80件
11月は残り45件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。