スマホサイトの作り方 ~スマートフォンサイト作成入門~

約半数が、スマートフォンからHPにアクセスしている!

スマホサイトの縦横画面対応iPhone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)といったスマートフォン(スマホ)の普及はとどまるところを知りません。

スマートフォンが普及するきっかけとなったのは、2008年7月のiPhone発売でした。

その年にわずか2.6%だったiPhone(アイフォン)等のスマートフォンの利用率は、2012年末で全体の約5割。年代別だと、男女ともに20代の利用者数がもっとも多く、じつにその7割が利用しているほか、10代、30代でも半数を超える人が利用しているのです(総務省・平成24年通信利用動向調査)。

この割合は今後もさらに増え続けると考えられます。こうした状況は、弊社会員さまのホームページでも如実に現れてきています。

弊社会員さまにご協力いただき、2013年10月の1ヵ月間のアクセス解析データを調べたところ、調査した全国各地15社の平均で、

  • パソコンからのアクセス……48.0%
  • スマホ(タブレット型端末含む)からのアクセス……47.3%

スマートフォンからのアクセスが約半数

という結果が出ました。

つまりホームページへのアクセス者のうち、ほぼ半数がスマートフォンからアクセスしている、ということが、データからもおわかりいただけるでしょう。

なおこれは平均値ですから、中にはスマートフォンからのアクセスが6割近くを占めた会員さまもいらっしゃいました。

スマートフォン用のサイトがあれば、その半数のアクセス者にも的確にサービスの魅力を伝えることができるようになるわけですから、やはり企業にとってスマホサイトの作成はもはや必須です。

そこでこちらのページでは、企業やお店がビジネスで役立てられる【スマホサイトの作り方】をご案内していきたいと思います。

スマホサイトを「作成しただけ」では成果につながらない

ところが、それだけスマートフォンからのアクセス数が増えているのに、スマートフォンから問合せや申込みをしたり商品を購入したりするケースは、まだそれほど多くないようなのです。

実際に、スマートフォンは移動中や出先などに検索や下調べに使い、問合せや申込み、商品購入などは家に帰ってからパソコンで行う、というケースが多いとも言われます。

なぜこのようなことが起きるかというと、問合せや申込み、商品購入などに至るプロセスがスマホに表示されるサイトで最適化されていないからです。

たとえば、

  • そもそもスマホサイトを作っていない
  • 入口ページしかスマートフォン向けになっていない
  • スマホサイト作られているがとりあえず作っただけ

といったことがその理由。

スマートフォンは、パソコンや従来型の携帯電話にはない特有の操作方法や表示上の制約があります。そのため、パソコンサイトを表示していたり一部分だけをスマートフォン用サイトにしたりしただけでは、なかなか成果につながりません。

パソコンサイトをただ作っても成果にはつながらないように、ただ作っただけでは役に立たないのがスマホサイト作成の難しい点なのです。

反対に、そうした点が最適化されれば、問合せや申込みなどにつながりやすいのがスマートフォンです。業種やターゲットによってはパソコンサイトよりも反応がよくなる可能性があります。

たとえば、電話による問合せ。そもそもスマホは「電話」ですから、ホームページを見てそのまま電話で問い合わせる、ということがしやすいわけです。

このように適切にスマホサイトを作成すれば、問合せや申込みが2~6倍になるというデータもあります。

スマホサイトを作る前に

こうした状況に「うちもスマホサイトを作成しよう」とお考えになると思いますが、如何せん専門的な知識を必要とするため、

「スマートフォン向けサイトを作成したいけど、スマホサイトの作り方がかわからない……」
「ホームページだけでも大変なのに、スマートフォン対応サイトまでは無理……」

といった悩みをお持ちの方も少なくありません。

そこで、そうした皆さまにスマホサイトの作り方をわかりやすく解説したのが、この「スマホサイトの作り方~スマートフォンサイト作成入門~」です。

専門用語は極力使わないよう心がけましたので、パソコンやインターネットが苦手な方もぜひお読みください。

2.スマホサイトのデザイン

次へ