おすすめホームページ作成ソフトの長短比較表

Dreamweaver(ドリームウィーバー)の長所と短所

ビジネスむけサイト制作の、
上級者むけのソフト
プロも使用する本格的な機能
自由なデザインが作成できる
自由に使いこなすにはHTMLの習得が不可欠
検索結果で上に出ること(SEO)が難しい

長所1.プロも使用する本格的な機能

Dreamweaverの管理画面

Adobe社のDreamweaverドリームウィーバー)は、プロのデザイナーが仕事で使用するソフトなので、高度な機能がたくさんあり、使いこなせば質の高いホームページを作ることができます。

ただし、初心者がこれらの機能をきちんと使いこなすためには、かなりの勉強が必要。

初心者でも簡単なホームページを作ることはできますが、凝った調整などをしたい場合は、HTML(ホームページを作るためのプログラム)の知識がないと、なかなか思い通りのホームページは作れないかもしれません。

長所2.自由なデザインができる

ドリームウィーバーの機能メニュー。豊富な機能があるが、使いこなすには専門知識が必要。

Dreamweaverドリームウィーバー)では、自由にホームページをデザインできるようになっています。

かなり自由度の高いデザインができるというのは大きなメリットなのですが、逆に言うとすべてを自分で作成しなければいけないということですから、初心者にとってはかなりハードルが高いということを覚悟しておいた方がいいと思います。

たとえば、同じホームページ作成ソフトの「ホームページビルダー」には、プロが用意した何種類かのホームページ用デザインテンプレートが付属しています。その中からとりあえずイメージに近いテンプレートを選べば、すぐにホームページを作り始めることができます。

しかしながら、Dreamweaverドリームウィーバー)にはあらかじめ用意されたデザインテンプレートはありません。デザインをすべて一から自分で作成しなければならないのです。

ホームページのデザインというのは、その技術を習得するための専門学校があるくらい高度なものですから、素人が片手間に勉強した程度では、なかなか思うようなデザインはできませんし、そもそも格好いいデザインを作るには、センスも必要です。

自分の好きなデザインを実現できるだけの専門スキルを持った人にはDreamweaverは使い勝手の良いソフトですが、初心者の方にはちょっと難しいソフトといえるでしょう。

短所1. 自由に使いこなすにはHTMLの習得が不可欠

HTMLのサンプル。これが理解できないとドリームウィーバーは使いこなせない

Dreamweaver(ドリームウィーバー)は、実際のところ、HTML (ホームページを作るためのプログラム)を知っていることを前提として作られています。

HTMLなどホームページ作成に関する専門知識がないと使いこなすのが難しく自分の思ったようにページが作れません。

そのため、Dreamweaver(ドリームウィーバー)を使いこなすには、HTMLなどの専門知識について勉強せざるを得ないのです。

ソフトの操作を覚えるだけでも一苦労なのに、同時にHTMLを覚えなくてはいけないのですから、初心者には本当に大変です。

時間に余裕があり、学校に通ってでも勉強してマスターしようという強い意志のある方ならともかく、本業のお仕事があるので、できるだけ早くお手軽にホームページを立ち上げたい、という方には難しいソフトだと思います。

短所2. 検索結果で上に出ること(SEO)が難しい

短所2

専門的な知識がないとHPの上位表示は難しい!

作成したホームページをたくさんの人に見てもらうためには、Yahoo!やGoogleの検索結果の上位にあなたのホームページを表示させる、SEO(検索エンジン対策)という作業がとても大切です。

しかしながら、 Dreamweaver(ドリームウィーバー)でSEOを行うには、HTMLを直接自分で編集しなければなりません。

HTMLを編集するには専門的な知識が必要なので、パッと見ただけではHTMLのどの部分を修正すればよいのかがわかりにくく、初心者が適切なSEOを施すことは非常に難しいのです。だからといってSEOの専門業者に依頼すると、高額なコストが発生してしまいます。

SEO(検索エンジン対策)を行わなければ、お客さんがあなたのホームページを訪れてくれませんから、初心者の方がDreamweaverでホームページを作った場合、アクセス数の少ない反応のとれないホームページになりがちなのです。

短所3. スマホサイトを作るのに専門知識が必要

短所3

近年のスマートフォンの普及により、ディスプレイの大きさを最適なサイズに縮小したスマホサイトの必要性は急激に高まっています。

しかし、Dreamweaver(ドリームウィーバー)にはスマホサイトが付属しません。PCのホームページ同様、HTMLやCSSを使って自分で作らなければならないのです。

PCとスマホでは構築の仕方が異なりますし、作成の過程には専門用語も多いので、よほどの知識がない限りこの作業を行うのは困難。ホームページ初心者の方なら、なおさらです。

もしドリームウィーバーでスマホサイトを作りたい場合は、専門の業者に依頼することをおすすめします。

その他の短所

  • Dreamweaver (ドリームウィーバー)は、初心者むけに作られたソフトではないため、
    その機能を使いこなすのはとても困難です。たとえば、ソフトの操作メニューの名前には、プロにしかわからないような専門用語がそのまま並んでいます。
  • ランニングコストとしてサーバ代がかかります。
    一般的にレンタルサーバは、借りるときの「初期費用」と、その後の「月額費用」の両方が必要です。
  • ビジネス用途に使える本格的なお問合せフォーム機能がありません
    フォームがなければそもそもお客さまのお問合せを受けることが難しくなります。

 

総評

  • ビジネスむけの本格的なホームページを作るなら最適なソフト
  • 初心者のホームページ作成には不向き

2009/12/5
ネイルサロン経営者のレビュー 32歳

知人に勧められてDreamweaverを購入したんですが、私には難しすぎました。

メニューの用語がわからなくて・・・・。「イメージオブジェクト」とか「PUT」とか大切らしいんですが、マニュアルを読んでも分かりません
詳しい人にはいいソフトなんでしょうが、私はあまりパソコンが得意ではないので・・・。

2010/6/20
WEB制作会社勤務のデザイナーのレビュー 27歳

AdobeのDreamweaverをずっと使っています。細かい所は色々と不満もあるんですが、現状これより高機能なソフトはないですから。

特にCS5は、PHPCSSまわりの機能が強化されてだいぶ良くなりました。
コードを書くときにクラスの候補が選べるところが特に気に入っています。

 

Dreamweaverと他ソフトの長所と短所を比較

Dreamweaver
(ドリームウィーバー)

あきばれホームページ

ホームページビルダー


  • ビジネスのサイトむけ
  • 上級者むけ
  • ビジネスのサイトむけ
  • 初心者 ~ 中級者むけ
  • 作り方電話アドバイスあり
  • 趣味のサイトむけ
  • 初心者 ~ 中級者むけ
ビジネスむけデザイン
ビジネスむけデザイン
ビジネスむけデザイン
趣味むけデザイン
趣味むけデザイン
趣味むけデザイン
HTML知識
HTML知識
HTML知識
デザイン知識
デザイン知識
デザイン知識
サーバ代 別途
(500~5,000円)
サーバ代 月額料金に込み
サーバ代 別途
(500~5,000円)
SEOに強い(検索で上に出る)
携帯サイトを自動作成
サイト作り方電話サポートあり
Dreamweaver
(ドリームウィーバー)の
長所と短所
あきばれホームページの
長所と短所
ホームページビルダーの
長所と短所

2014年5月2日配信

自分で更新できる! SEOコンサルつきお客さまを増やせるホームページ作成 49,800円お客さまを増やせるホームページ作成 49,800円

8割を当社が作成。御社担当は残り2割だけ自分で仕上げるから低価格なホームページ作成自分で仕上げるから低価格なホームページ作成

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

HP作成ガイドブック
ホームページ作成ソフトの違いがよく分かる

ホームページ入門

ガイドブック無料ダウンロード

メールアドレス:(必須)

メールマガジンの登録
(任意)
※HPの活用方法、SEO等の最新情報をメールでお届け。
※しつこいサービス勧誘や、営業電話等は、行いません。

ページの一番上へ | このページを印刷

無料ガイドブック

HP作成講座

スマホサイト入門

お問合わせ