経営者向けのメルマガ『経営塾』

住宅業界のブログ活用事例

会員さんのお便り

今週は、あきばれネットでホームページを制作させて頂いた会員さんの
お便りをご紹介します。

  感動!ファッションカーテンのデコ(http://www.c-deco.jp/)

  「う~ん、なるほど、こう出来たのか、いいじゃないですか」
  
  満足しているのは出来上がったホームページだけではない、出来上がるまで
  のスタッフの方の対応や、的確なアドバイス、わからないことは納
  得の行くまで説明をしてくれたこと、メールと電話でのやりとりで、
  良くここまでの作品を作ってくれたな~と感心をしております。
  
  なぜあきばれさんに頼んだのか? それはやはり「プロとしての自
  信」を感じたからです。作ったホームページ作成実績で活躍できて初めて価値
  の出るもの、そのことを判っておられたのでお願いしました。

  制作中に大きな山がありました。それは「客観的に見るとどのよう
  な表現になるか?」という問いかけでした。

  自分の言いたいこと・表現したいことは出てくるのに、「客観的」
  に見られないことが大きなテーマとして残った。「人の顔はよく見
  えるのに、自分の顔は見えない」ということで、思索の上、大転換
  で解決した。ホームページの構成を見ていただければ判る人には分かるでしょ
  う。
  
  制作費用に関しても、納得のものが出来上がれば、価値の割には納
  得価格である。

  さてこれからが本番である、どのように使いこなすかで価値は高まっ
  ていくでしょう。

  あきばれ代表吉本様、素敵な感性の持ち主の担当カウンセラーさん
  ありがとう。
  (有限会社デコ代表 佐々木小太郎さま http://www.c-deco.jp/)

佐々木さん、お便りどうもありがとうございました。

佐々木さんは実は、かなり「手強い」お客さんでした。(^^)

というのは、佐々木さんは非常に勉強熱心な方で、マーケティングの勉
強を相当積まれていました。

その分、佐々木さんの要求水準が高くて、ご満足頂けるホームページを
制作するために、担当カウンセラーがかなり「頭に汗をかいた」のを思
い出します。(^_^;

その甲斐あって、おかげさまで佐々木さんには喜んで頂けたようで、担
当者含め、一同ほっと一安心でした。(^^)

情報提供型のホームページ

佐々木さんはカーテンショップを経営されていて、「ファッションカー
テン」という新しいカーテンの概念を広めようと、日夜努力されていま
す。

  感動!ファッションカーテンのデコ(http://www.c-deco.jp/)

上記のホームページにアクセスされると分かりますが、一般的なカーテン屋さん

  ・「商品画像オンパレード」のホームページ
  
ではなく、

  ・「お客さんが必要な情報」を
  ・「お客さんの立場」で提供する
  ・「情報提供型」のホームページ

に仕上がっています。

我々はこうした「情報提供型のホームページ」を多くの会員さんにお勧
めしています。

確かにこうしたホームページは、「文字が多く」て「お洒落度にかける」
ため、好き嫌いが別れます。「お洒落な写真」をたくさん使って、「そ
れらしい」コンテンツを作るのが、今の「はやり」のホームページなの
です。

しかし私の経験からすると、写真のオンパレードのホームページは

  ・「商品紹介型」のホームページ

になりがちです。

そして商品紹介型のホームページの場合、商売につなげるのが非常に難
しいのです。

(→ 後半に続く)

□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

自分で更新できるホームページの作成サービス

ご存じでしたか? HP料金で一番お金がかかるのは、ホームペー
ジ開設後の「更新費用」だということを。

我々は、更新費用を「ゼロ円」にするために、「自分で更新できるホー
ムページ作り」を推進しています。

ホームページ制作をご検討中の方は、きっと参考になると思いますので、
今すぐ下記をクリックしてみて下さい。

  →  自分で更新できる低料金ホームページ制作

□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

(前半より続く・・・)

優秀な営業マンと同じアプローチ

あなたも商品の紹介パンフレットだけを渡されても、その商品を購入し
ようと思いません。商品パンフだけで物が売れるのなら、営業マンは必
要なくなりますから。(^^)

営業成績の良い営業マンは「商品の紹介」をする前に、「お客さんの悩
みの解決」や「お客さんのニーズを満たす」ために、どうすれば良いか
について、お客さんに色々な話をします。

「ソリューション営業」とか「コンサルティング営業」というような言
い方をされますが、「お客さんの悩みを解決するための情報」を最初に
提供して、お客さんの信頼を勝ち取った後に、初めて商品の紹介をする
訳です。

例えば、あなたが初めてお会いするお客さんの前で何を話すかを考えて
みましょう。

お客さんとお会いして、開口一番「弊社の商品は、このような特徴があ
りまして・・・」、という話はしないですよね。(^^)

ご挨拶がすんだら、まずは簡単な自己紹介をして、その後「お客さんの
話」を聞くと思います。お客さんの話を聞いて、「そうした悩みをお持
ちでしたら、こんな風にすれば・・・」という感じで話しが展開するの
ではないでしょうか。

ホームページも同じ事。いきなり商品紹介から始めても、なかなか物は
売れません。

あなたのホームページにアクセスする人は、

  ・あなたの「商品」を買いに来ている
  
訳ではありません。

商品を買いに来ているのではなく、

  ・自分の「悩みやニーズ」を解決する「情報」を収集する
  
ためにホームページにアクセスしているのです。

当然、こうしたニーズに応えてあげないと、アクセスした人はあなたの
ホームページに興味を失って、すぐに別のサイトに移動してしまいます。

決して「商品紹介」が悪いというわけではないのですが、まずは

  ・「お客さんの悩みやニーズ」を解決する「情報」を提供する
  
ことによって、アクセスした人の気持ちを掴みましょう。言い方を変え
ると、アクセス者にまずは

  ・あなたのホームページに興味を持ってもらう

ことが重要なのです。商品紹介に興味を持つ人はあまりいませんが、
「自分に役立つ情報」に興味をもつ人はたくさんいます。アクセス者に
役立つ情報を提供して、

  ・このホームページは、役に立ちそうだ

と思ってもらいましょう。

「このホームページは役に立ちそうだ」と思ってもらって、その後に初
めて商品の紹介に興味を持ってもらえるのです。

この順番を間違えるとなかなかホームページでは反応が取れません。

ぜひあなたも、佐々木さんのホームページにアクセスして、この辺のポ
イントを勉強してみて下さいね。(^o^)

  感動!ファッションカーテンのデコ(http://www.c-deco.jp/)

□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

ライバルより先に、こうした隠れたノウハウを知りたい、というあな
 たには・・・・

        ↓     ↓
      □■ あきばれネット月刊情報誌 ■□
       『IT活用力向上ニュースレター』

の購読をお勧めします。

「経営者の言葉」で、インターネット活用の勘所をあなただけにこっそ
りお伝えします。「あきばれネット」が実践している豊富な事例が満載
の、特別月刊情報誌です。

興味ある人は、今すぐ下記をクリック
    ↓   ↓   ↓
  IT活用力向上ニュースレター購読お申し込み

□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

今週のおさらい

  ・お洒落な写真を中心にした「はやりのホームページ」は、「商品紹介型の
   ホームページ」になりがちです。
   
  ・こうしたホームページではなく、アクセス者に喜ばれる「情報提
   供型のホームページ」を目指しましょう。
   
  ・あなたや優秀な営業マンが、お客さんの前で何を話しているかを
   考えて下さい。
   
  ・開口一番、商品の説明をするのではなく、「お客さんの悩みやニー
   ズ」を解決するための情報を提供してることと思います。
   
  ・ホームページも同じ事。アクセス者に役立つ「悩み解決情報」を
   提供して、「このホームページは私の役に立ちそうだ」と思ってもらうこ
   とが重要です。
   
  ・商品に興味を持ってもらう前に、「あなたのホームページ」に興味を持っ
   てもらいましょう。この順番を間違えると、なかなか商売にはつ
   ながりません。

ページの一番上へ

経営塾

ホームページ作成入門
ホームページ改善
コンテンツ作成ポイント
コンテンツの考え方
反応アップ文章術
デザインテクニック
更新テクニック
ホームページ集客術
アクセスアップ入門
SEOノウハウ
SEO事例集
メルマガ活用ノウハウ
ソーシャル活用
インターネットのトレンド情報
検索エンジンニュース
経営ノウハウのポイント
年度別バックナンバー
初心者でも低コストにお客さんを集客できるホームページ活用法 無料ガイドブックはこちら
初心者むけビジネス用ホームページ作成支援サービスの詳細はこちら

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。