問合せが増えずに困っている

せっかくホームページを作ったのに、まったく問合せが増えずに困っている、そんなご相談をよく頂きます。

なぜ皆さんこうした失敗をしてしまうのでしょうか?

私の20年近くの経験をふまえて申し上げると、せっかく作ったホームページが役に立たない一番の原因は、制作会社選びに失敗しているから。

あなたのホームページがビジネスの役に立つかどうかは、9割以上、作成会社のスキルに依存します。あなたのホームページの成果は、制作会社次第なのです。

ホームページの成果を大きく左右する「ホームページ作成会社」の実態と、業者選定のポイントについてお話ししたいと思います。

ホームページ制作会社の特徴

ホームページ制作会社の特徴

ホームページ作成会社の担当者のことを、業界では「WEBデザイナー」とか「WEBクリエイター」と呼びます。

彼らの仕事はおしゃれなホームページを作ること。そのためにデザインの専門学校に通い、技術を習得してきました。ですからおしゃれな格好いいホームページを作るのはお手のもので、きれいな写真を使った魅力的なホームページをいとも簡単に作ってくれます。

営業経験のないWEBデザイナー

ところが彼らは「デザイナー」であって、「営業マン」ではありません。おしゃれなホームページは作れても、どうすればホームページでお客さんを集められるのかは知らないのです。営業経験がありませんから、商売につながるホームページの作り方について、ほとんどノウハウを持っていません。

コミュニケーションが苦手なWEBデザイナー

しかも、ホームページ制作の仕事が急増したことに伴い、パソコンが得意な若者達が大挙して、この業界に職を求めました。彼らの多くは、小さい頃からゲームをこよなく愛した世代であり、人とコミュニケーションを取ることよりも、パソコン相手に黙々と仕事をすることを好みます。人とコミュニケーションをとるのが不得意で、お客さんと話すのが苦手なタイプの人が少なくありません。

自己満足のWEBデザイナー

そのため、お客さんの要望を細かく聞きながら、お客さんと一緒にホームページを作り上げよう、という気持ちがあまりありません。お客さんが満足するホームページを作るというより、自分自身が格好いいと思う、ある意味「自己満足のホームページ」を作りたがる傾向があるのです。

経験不足のWEBデザイナー

その上、ホームページの需要が急増しているため、どこも人手不足。新人デザイナーの教育が不充分なまま、現場に投入せざるをえない状況。その結果、レベル的に首をかしげるようなデザイナーも決して少なくありません。

WEBデザイナーの特徴を知っておくことが大切です

デザイナーの特徴を知っておきましょう

このように、営業経験がない、ビジネスを知らないデザイナー、もしくはゲームを愛しコミュニケーションが苦手な若い経験不足のデザイナーで溢れているのが、ホームページ制作会社の現実なのです。

ここで申し上げたかったのは、こうしたWEBデザイナー達の悪口を言うことではありません。あなたがホームページ制作会社を選ぶ際には、こうしたデザイナー達と仕事をすることになるわけですから、事前にデザイナー達の特性をご理解いただきたかったのです。

こうしたデザイナーの特性を前提として、ホームページ制作会社とつきあっていただきたいと思います。