プチ自作でマーケティング型ホームページ - あきばれHP作成大学
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

マーケティング型ホームページの作り方

吉本
【あきばれホームページ】の代表、吉本ですビジネスに役立つマーケティング型HPを作りましょう

前ページでご説明したように、マーケティング型ホームページとは、

  • ふだんお客さんの前で話している内容を掲載することで
  • お客さんの方から問合せてくれるホームページ。

このマーケティング型ホームページを作ると

  • 営業が苦手な方でも、自然と売上が増えていく

という状態が作れます。

マーケティング型HPの成長ステップ

もちろん一足飛びに、いきなりマーケティング型HPが完成する訳ではありません。ホームページを作るのは家を建てるのと同じで、ある程度の期間が必要。業種や地域によって多少異なりますが、当社がお勧めしているのはこんなステップです。

まず【ステージ】でホームページの作成を開始します。

続いて【ステージ】では、最小限のページの構成でHPを「公開」します。この段階では、SEO(検索エンジン対策)の設定とビジネス用のデザインを用意して、最小限のページ数で公開することを優先します。

その後【ステージ】の14ページのマーケティング型HPへと徐々にページを増やしていきます。ここまで来るとSEOも効き始め、問合せも発生してきます。

さらに【ステージ】の30ページを目指して、ページ追加を続けます。この段階になればマーケティング型HPとしてほぼ完成形。SEOの上位表示が実現し、売上も顕著に増加していきます。

このように、まずはページの【ステージ】でなるべく早くホームページを公開し、それにページを追加して14ページの【ステージ】を目指した上で、さらに30ページの【ステージ】を目指すというステップが当社お勧めの方法です。

小さく始めて大きく育てる

さて、こうしたホームページ作りで大切なのが、「小さく始めて大きく育てる」という考え方。

もしお金に余裕があれば、いきなり30ページの【ステージ】の「大きなホームページ」を目指しても良いかもしれません。

でも相応の予算が必要ですし、それにもし方向性が間違ってしまうと、せっかく作った「大きなホームページ」がまったく役にたたない可能性もあります。

そこで初心者の方にお勧めなのが、先ほどご説明した、まず【ステージ】で5ページの最小限の「小さいホームページ」を作って公開し、それを少しずつ「大きく育てて」いくというアプローチ。

これなら比較的少ないコストで始められますし、試行錯誤を続けながら徐々に成果を出すことができますから、「多額な投資をしたのに大失敗」というリスクを避けることができます。

予算が潤沢な大企業は、いきなり何十万円・何百万円も支払って「大きなホームページ」で勝負しても良いと思います。

でも初心者の中小企業や個人事業主の方におすすめなのは、最小限のページ数でスタートする「小さく始めて大きく育てる」アプローチ。最初は少ないコストで、なるべく「小さいホームページ」で勝負していきましょう。

自作する vs 制作会社に頼む

それでは次に、マーケティング型ホームページの作成分担について考えてみます。

ホームページを作成するには、制作会社に頼むか、自分で作る自作)かの、大きく二つの方法があります。

マーケティング型HPの作成方法】(14ページの場合)
(マーケティングが得意な)
制作会社に頼む
(完全)
自作する
原稿作成 制作会社 自分 自分
費用 初期:120万円〜
月額:3万円〜
初期:70万円〜
月額:2万円〜
0円
デザイン 制作会社 自分
ページ制作 制作会社 自分
SEO設定 制作会社 自分
コンサル あり なし
問合せ対応 あり なし

制作会社に依頼する

ホームページを作成する際は、制作会社に依頼するのが一般的。

制作会社に頼んだ場合の費用は、ページ数と、文章の原稿を誰が担当するかで変わってきます。

原稿を自分で作れば、費用はずいぶん安くなりますから、予算を抑えたい人にはおすすめ。

でももし原稿を作るのが嫌な人は、追加費用を支払えば制作会社で原稿も書いてくれます。予算に余裕がある人は、原稿作成まで頼んでもよいでしょう。

マーケティングに強い制作会社は高額

ただし、マーケティング型ホームページを作るためには、マーケティングが得意な制作会社に依頼する必要があります。

デザインだけに注力した「会社案内型HP」を得意とする制作会社はたくさんあるのですが、マーケティングが得意な制作会社は少数派。そのためマーケティングが得意な制作会社に頼むと、どうしても費用が高額になってしまいます。

私の感覚ですが、通常の制作会社にくらべてマーケティングが得意な制作会社の費用は、ざっくり2倍以上。それなりの予算を確保しておいてください。

完全自作

さて、パソコンが得意な人は制作会社に頼まずに、無料HP作成ツール等を使って、自分でホームページを作る(自作)ことも可能です。

ゼロの状態からすべて作るのを「完全自作」といいますが、この方法なら自分の人件費以外はコストがほとんどかかりません。

ただ、どうしてもデザイン素人っぽくなりがち。いかにも「素人が作りました」というHPになってしまうと、お客さんの信頼を得るのは難しいかもしれません。

また、ネットのお作法SEO(検索エンジン対策)のノウハウ習得に、それなりに時間がかかってしまいます。

その上、ゼロから始めるということは、白地のキャンパスに1からHPを作っていくようなものですから、相応の手間は覚悟しましょう。近くに詳しい人がいて教えてもらえるならともかく、自分で調べながらHPを作る場合は、予想の何倍も時間がかかります。スケジュールには、充分余裕を持って臨みましょう。

プチ自作の勧め

コンサルタントの山根です
コンサルタントの山根です。プチ自作なら低価格にマーケティング型HPが作れます

以上のようなハードルはあるものの、PCが得意な人は、「完全自作」でホームページを作るのがコスト的に一番安い方法です。

ただ初心者には、少しハードルが高すぎるかもしれません。

だからといって制作会社に多額の費用を払う余裕がない、という方も少なくないでしょう。

そんな方にお勧めなのが、途中まで制作会社に作ってもらい、続きを自分で仕上げる「プチ自作」という考え方。

プチ自作なら、手間がかからない

初心者でも簡単に使えるHP作成ツールが色々と出回っていますから、それを利用して、途中まで制作会社に作ってもらった上で、残りのHPを自分で完成させるのが「プチ自作」。

最初に【ステージ1】のページを制作会社に作ってもらい、【ステージ2】の14pページを完成させるまでの残り9ページを自分で仕上げるというイメージです。

この方法なら若干の費用は発生するものの、途中までプロにお願いできますから、まったくゼロから作るよりはるかに手間がかかりません

プチ自作なら、デザインが素人っぽくならない

それからプチ自作なら、デザインをプロに頼めます。

完全自作の問題点の一つが、デザインがいかにも「素人が作りました!」となりがちなこと。

でもプチ自作なら、プロに「ビジネス用のデザイン」までお願いできますから、デザインセンスに自信がない人でも安心です。

プチ自作なら、SEO(検索エンジン対策)の設定も頼める

SEO

そしてプチ自作なら、プロSEO(検索エンジン対策)の設定もお願いできます。

Yahoo!やGoogleの検索結果で上の方に表示させるテクニックをSEO検索エンジン対策)と呼びますが、このSEOを行わないとあなたのホームページは検索結果に出てきません

完全自作の場合、このSEOのノウハウを一から勉強して、難しい各種設定を自分で行わなければいけないのですが、これがとても高いハードル。完全自作のホームページが検索結果に表示されないのは、SEOの設定をきちんと行なっていないからです。

その点プチ自作なら、難しいSEOの各種設定をプロが代行してくれます。完全自作だと難しいSEOをプロに頼めるのが、プチ自作がおすすめの理由のひとつです。

プチ自作なら、制作会社に頼むよりはるかに安い

それから、制作会社に頼むのとプチ自作とを比較すると、プチ自作の方が費用は圧倒的に安くなります。

サービスによって上下しますが、プチ自作の場合、初期費用5〜6万で、月額費用が5千円前後です。

一方、制作会社に頼むと初期費用何十万もかかりますから、それに比べればずいぶん安い費用でホームページが作れます。

制作会社に頼むほど予算はないけど、完全自作にトライするほどPCが得意ではない、という方にお勧めなのが、このプチ自作なのです。

マーケティング型HPの作成方法】(14ページの場合)
(マーケティングが得意な)
制作会社に頼む
プチ自作 完全自作
原稿作成 制作会社 自分 5ページ:制作会社
残り:自分
自分
費用 初期:120万円〜
月額:3万円〜
初期:70万円〜
月額:2万円〜
初期:5万円〜
月額:0.5万円
0円
デザイン 制作会社 制作会社 自分
ページ
制作
制作会社 5ページ:制作会社
残り:自分
自分
SEO設定 制作会社 制作会社 自分
コンサル あり あり なし
問合せ対応 あり あり なし

マーケティングCMSの勧め

ところで、完全自作やプチ自作にトライする際に心配なのが、マーケティング型ホームページを自分で作れるのか、という点だと思います。たしかに通常の制作会社にとっても難しいのがマーケティングですから、初心者の方には少し高いハードルかもしれません。

そんな方におすすめなのが、「マーケティングCMS」。

まずCMSとは、「ホームページ管理システム」のことで、初心者でも簡単にホームページを作成・更新できるツールです。

このCMSに、マーケティング型HP作成の支援機能を加えたのが、「マーケティングCMS」。

初心者の方でもマーケティング型ホームページが作れるように、さまざまな機能がサポートされています。

buddy
当社でもBuddy】というマーケティングCMSを提供しています

たとえば、

  • ビジネス用デザイン作成支援
  • SEO(検索エンジン対策)支援
  • 問合せ誘導支援
  • スマホサイト対応
  • ホームページ内の誘導支援
  • マーケティング用コンテンツの作成支援

など、色々なな支援機能を備えていますから、初心者の方でも無理なくマーケティング型ホームページが作成可能。

もしイメージがわかない、という方は、当社提供のマーケティングCMSの特徴を以下のページで説明していますので、興味のある方はご一読ください。

電話サポートの利用もお勧めします

サポートセンターの新谷です
【あきばれホームページ】サポートセンターの新谷です。電話サポートつきのサービスなら安心です

それから、HPを自作する初心者の方にぜひお勧めしたいのが、電話サポートサービス。

パソコンが得意な人はともかく、初心者がマーケティング型ホームページを自分で作ろうとすると、色々と分からないことが出てきます。

その度に自分で調べていると、時間がいくらあっても足りません。分からないことと格闘しているだけで、ちっともホームページの制作が進まない、という状態になりがちです。

でも、分からない時に気軽に質問できる電話サポートサービスを利用していると安心です。分からないことがあれば、いつでも電話で教えてくれますから、調べる時間が節約されますし、迷いなくホームページが制作できます。

電話の操作サポートの内容が想像つかない、という方は、当社の電話サポートサービスを以下のページで説明していますので、よろしければご一読ください。

電話コンシェルジュを提供しているサービスも

サポートセンターの池端です
【あきばれホームページ】コンシェルジュの池端です。コンシェルジュとしてHPを大きく育てるお手伝いをいたします

また電話サポートしている制作会社の中には、「コンシュルジュ」サービスまで提供しているケースもあります

コンシェルジュとは、プチ自作に取り組んでいるPCが苦手な初心者の方を、担当制のマンツーマンでサポートするサービス。

一定期間ではありますが、HP制作の家庭教師あるいはトレーナーのようなイメージで、HP制作にお困りの方をしっかりサポートします。

もしコンシュルジュサービスのイメージがわかないという方は、以下のページを一読頂ければ概要が理解頂けるかと思いますので、ぜひご一読ください。

マーケティング型HPを小さく始めて大きく育てる

吉本
【あきばれホームページ】代表の吉本ですぜひビジネスに役立つマーケティング型HPを作り上げてください

以上で、マーケティング型ホームページの作り方の概要はご理解頂けたと思います。

意外と「自分でもできそう」と感じたのではないでしょうか。

ふだんお客さんの前で話している内容をホームページに掲載した「マーケティング型ホームページ」を作れば、お客さんの方から問合せしてくれますから、営業が苦手な方でも、売上をびっくりするくらい増すことができるのです。

ぜひ「マーケティングCMS」を利用した「プチ自作」で、マーケティング型ホームページを「小さく始めて大きく育てていってくださいね。

ページの一番上へ

着手可能数(10月21日現在)

  10月 11月 12月
枠数 150件 150件 150件
残り 1件 89件 150件
10月は残り1件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

サービス説明はこちら

※上記は初めてパックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。

お問合せ・ご相談はこちら
資料請求