経営者向けのメルマガ『経営塾』

デザイナーじゃなくても絶対役立つ「デザイン四大原則」(その2)

今回は、前回に続いて「デザイナーさんたちが守っている、デザインの4大原則」をご紹介します。

デザインの4大原則は、以下の4つです。

  1. 近接
  2. 整列
  3. 強弱
  4. 反復

前回はその中から「近接」と「整列」についてご紹介しました。

前回の記事

続いて残りの「強弱」「反復」について見ていきましょう。

強弱:メリハリをつける

「強弱」は、情報に優先度をつけて、はっきりと違いをつけることです。
「コントラスト」「メリハリ」とも言われます。

すべての要素が同じように並んでいるだけだと、どこから読めばいいかわかりません。

また、全部目立たせてしまうと、全部目立ちません。

重要な情報をしっかり認識してもらうために、「はっきりと」違いをつけることが大切です。

たとえば、以下のデザインサンプルを見てみましょう。

開くと、向かって右側にあるオレンジ色の背景のキャッチコピー部分に目が行きます。

その中でも「秋期講座」「特別講座」という箇所に目が行ったのではないでしょうか?

一番目立たせたい部分に、はっきりと大胆に違いをつけると、メリハリがつき、重要な情報が分かりやすくなります。

強弱をつけるには主に以下の方法がありますので試してみてください。

  • 文字サイズを変える
  • 文字色を変える
  • 文字の太さを変える
  • 枠や背景色で囲う
  • 周りに広い余白を取る
  • アイコンや線などのワンポイントをつける

【あきばれホームページ】のCMS【Buddy】では、メリハリのついたパーツ(見出し、画像、ボタン、リンクetc)をご用意しています。

タイトルや誘導リンクなどの目立たせたい部分は、予め文字を大きくしていたり、色を変えていたり、など工夫を凝らしています。

各パーツを配置しただけでも、メリハリのついたデザインが簡単に作れるので、「デザインが苦手……」という方にもおすすめです。ご興味ある方は、ぜひ弊社CMSをご覧ください。

反復:特徴的な要素を繰り返し使う

「反復」は、特徴的なポイントを意識して繰り返し使うことです。

見出しデザインやアイコン、モチーフ、色使いなどの要素を、サイト内の随所で繰り返し使って、デザインに一貫性を持たせます。

以下のデザインサンプルを見てみましょう。

 

このサンプルでは「花」がモチーフとなっており、メインエリアのバナーやアイコンなど随所で、花のモチーフが使われています。

このようにサイト内の全ページを通して統一することが重要です。

サイト内にまったく違うアイコンや色使いのページが1ページあると、違うサイトのように見えます。ユーザーに「あれ?違うサイトに移動したかな?」と不安を与えてしまうので、統一感を意識して「一貫性」を持たせてみてください。

【あきばれホームページ】のCMSのテンプレートは、WEBデザイナーが統一感を意識してデザインしています。

難しく考えなくても、簡単に一貫性を出せるので、これからホームページを作成しようという方はぜひ一度弊社サービスもご検討ください。

以上、「デザイナーさんたちが守っているデザインの4大原則」をご紹介しました。

この4大原則に共通しているのは「読み手にわかりやすいデザイン」を意識して工夫している点です。

ルールを意識しつつ、ユーザーの視点でわかりやすいかをチェックしてみてください。

事例としてご紹介した【あきばれホームページ】のデザインサンプルは、以下のページからご覧いただけます。

他にも多数のデザインを掲載しました。今なら今月追加されたばかりの新しいデザインも掲載していますので、4大原則に着目してぜひご覧くださいね。

ページの一番上へ

経営塾

ホームページ作成入門
ホームページ改善
コンテンツ作成ポイント
コンテンツの考え方
反応アップ文章術
デザインテクニック
更新テクニック
ホームページ集客術
アクセスアップ入門
SEOノウハウ
SEO事例集
メルマガ活用ノウハウ
ソーシャル活用
インターネットのトレンド情報
検索エンジンニュース
経営ノウハウのポイント
年度別バックナンバー
自分で更新できる低価格なホームページ作成サービス

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。