経営者向けのメルマガ『経営塾』

“ホームページの目的”を見失うと反応が取れない?!

今回は、反応がイマイチ上がらないとお悩みの方が意外と忘れがちな

ホームページの目的

についてお話します。

ホームページの目的とは?

ホームページで成功するには、ホームページの目標と目的を明確にして
おく必要があります。

目標というのは、たとえば

・新規顧客の獲得
・既存顧客のリピートオーダー
・見込み客獲得
・会社・商品の知名度アップ

などですが、このあたりはほとんどの方が明確にされているようです。

ただ、その目標を達成するための「ホームページの目的」に関しては皆
さん忘れがち。

ここでいうホームページの目的とは、

 ・ホームページにアクセスした人に
 ・どんなアクションを取ってもらいたいか

ということ。

せっかくホームページを作っても、アクセス者にどのような行動をとっ
てもらいたいのかを考えておかなければ、なかなか商売にはつながりま
せん。

よくある失敗例

よくある失敗例は、ただ漠然と商品写真を並べているだけで、アクセス
者に何をしてもらいたいのかわからないケース。

商品を購入してほしいのか、資料を請求してほしいのか、電話で問合せ
をしてほしいのか、などを明確にしていないので、アクセス者も何をし
てよいのかわからず、離脱してしまうのです。

たとえば実店舗の場合なら、店頭での商品購入が目的ですから、店内に
商品を陳列しておくだけで商売になります。

しかしホームページの場合は通常、商品を並べるだけではアクセス者に
買ってもらえません。

ホームページの目的を明確にする

ホームページで反応を取るためには、アクセス者にどんな行動をとって
もらいたいのかを、なるべく具体的に意識する必要があります。

ホームページの目的の例としては

・問合せ・相談(メール・電話)
・資料請求
・サンプル請求
・メールアドレス登録
・見積もり依頼

など。

これらの目的は、できるだけ1つに絞りましょう。

あれもこれもと欲張ってしまうと、アクセス者はどう行動してよいのか
わからず混乱してしまい、結局は離脱してしまうことになりかねません
ので・・・。

誘導が大切

アクセス者にどんな行動をとってもらいたいかを明確にしたら、その目
的が達成できるように、ホームページを作らなければいけません。

たとえばアクセス者に資料請求をしてほしいなら、トップページはもち
ろん、それぞれその他のページからも資料請求ページに誘導する必要が
あります。

そのような誘導なしでは、アクセス者に資料請求をしてもらうのは難し
いでしょう。そもそも資料があることさえも、気づいてもらえないかも
しれません。

それゆえ、誘導リンクは非常に大切。アクセス者に目的どおりのアクショ
ンを起こしてもらうには必須といえます。

また、誘導リンクの文言にも気を配りましょう。クリックしたくなるよ
うな文言を入れておくと、クリック率がグッと高まります。

実際に行動してもらうには?

そして想定どおり、アクセス者が資料請求ページや問合せページなどア
クションを起こしてもらえるページまでたどりついたとしても、そのペー
ジの作り方がイマイチだと行動を起こしてもらえません。

実際に、資料請求や問合せページなどにたどりついた人が、アクション
を起こすのは20人に1人程度と言われています。

ですから、目的どおりアクションを起こしてもらえるように、ページの
作り方にも工夫が必要なのです。

たとえば資料請求ページの場合、

アクセス者に「この資料が欲しい」と思ってもらえるように、資料の魅
力を伝えることが大切。

資料の写真を掲載するとか、資料を読むとどんな良いことがあるのか、
などといった説明を入れておくとよいでしょう。

また

・アンケート項目を減らす
・売り込み色を極力出さない

ことも重要なポイント。

このような工夫をすることで、ホームページの目的を達成しやすくなり
ます。

まとめ

今回はホームページの目的を明確にすることの大切さをお話しました。

「なかなか反応がとれない」とお悩みなら、いま一度、「アクセス者に
どんなアクションを起こしてもらいたいか」を明確にすることをおすす
めします。

そしてその目的どおりにホームページが構成されているのかを確認し、
手直ししてみましょう。(^o^)

ぜひこの機会に見直してみてください。反応がとれるホームページに変
身するかもしれませんよ。(^_^)/~

ページの一番上へ

無料ガイドブック

経営塾

ホームページ作成入門
ホームページ改善
コンテンツ作成ポイント
コンテンツの考え方
反応アップ文章術
デザインテクニック
更新テクニック
ホームページ集客術
アクセスアップ入門
SEOノウハウ
SEO事例集
メルマガ活用ノウハウ
ソーシャル活用
インターネットのトレンド情報
検索エンジンニュース
経営ノウハウのポイント
年度別バックナンバー
無料ガイドブック
初心者むけビジネス用ホームページ作成支援サービスの詳細はこちら