あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

専門家の実力をアピール

このページでは、ホームページにアクセスするお客さんのタイプに合わせ、ホームページにどんなコンテンツを掲載すればよいか、というお話しをします。

ネットユーザーは情報収集のためにインターネットを利用

ホームページにアクセスするお客さんには下記2種類のタイプがいます。

今すぐ客
サービス、商品の申込みや購入を決めていて、業者比較に入っている状況のお客さん
そのうち客
今すぐ申込みや購入を考えているわけではなく、将来の購入にむけて、いろいろと情報を収集している状況のお客さん

上記のうち「今すぐ客」には、サービスや商品説明の情報が効果的です。

一方、「そのうち客」については、サービスや商品の説明をしても、あまり反応を示してくれません。「今すぐ客」と違って、まだサービスや商品の購入を決定しているわけではないので、サービス説明そのものには、たいして興味を示さないのです。

そんな「そのうち客」に有効なのが、専門家としての情報提供です。

そもそもネットユーザーがインターネットを利用する目的の多くは、情報収集です。

収集する情報は、スポーツの結果だったり、株価だったり、あるいは仕事の調べものだったりと様々ですが、何らかの「情報」を得るためにインターネットを利用します。

そのため、必要な情報がなければ、すぐに他のホームページに移動してしまいますし、情報が豊富にあるホームページには、何度もアクセスして必要な情報を収集するでしょう。

ネットユーザーは特定のホームページにこだわることなく、自分の役に立つ情報を求めて、インターネット上のホームページを渡り歩きます。

そして、これはあなたのホームページを訪れる人も同じです。せっかくあなたのホームページを訪れたとしても、そこに求める情報がなければ、その人はすぐに次のホームページに移動してしまうのです

あなたのホームページを後にしたお客さんは、恐らくあなたのライバルのホームページを訪れます。

そこにに求めていた情報があった場合、しばらくそのホームページに滞在して、あちこちのページをクリックしながら自分に必要な情報を収集します。

その過程で、ライバルホームページに掲載されたサービスや商品ページにも目を止めるでしょう。そしてそのまま、ライバル社のホームページで資料請求や問合せをしてしまうのです。

そして、情報量に劣るあなたのホームページには、決してお客さんは戻って来てくれません

したがってライバルに勝ちたいのであれば、ライバルのホームページよりも情報を充実させましょう。

アクセスした人をつかんで放さないように「役に立つ情報」を充実させるのです。そうすれば、お客さんからの問合せに確実につながります。

お客さんに役立つ専門家の情報

それでは、どんな情報を提供すればお客さんの役に立つのでしょうか。あなたのホームページで提供すべき情報について少し考えてみましょう。

一番お客さんに「役に立つ」と思ってもらえるのが、専門家としてのアドバイスです。

専門家としての実力をアピールできるような、読んだ人が思わず唸るようなコンテンツをホームページに掲載することが効果的。

お客さんとお話しする際に、お客さんが「へえ~、そうなんですか!」と膝を打つようなネタを皆さんお持ちだと思いますが、こうした情報をコンテンツとして提供しましょう。

そのコンテンツを読んだ人が、「この会社は詳しいな~。この分野の専門家なんだろうな」と思ってもらえるような内容がおすすめです。

お客さんはホームページでサービスや商品を探すときに、できれば一番詳しい専門家がいる会社、あるいは、その分野で一流のプロがいる会社で申し込みたいと考えます。

そして「専門家」あるいは「プロ」と思ってもらうためには、「専門的なノウハウ」をコンテンツとして提供するのが効果的なのです。

話したい情報と、知りたい情報

ただし忘れてならないのは、そうしたアドバイスコンテンツをお客さんに読んでもらわなければいけない、という点です。いくら役に立つコンテンツであっても、お客さんが読んでくれなければ、何の役にも立ちません

仕事柄、いろいろとホームページの相談を受ける機会が多いのですが、「この内容ではお客さんは興味をまったく示さないのでは?」と感じることも少なくありません。

ぜひ「自分がお客さんだったとして、このホームページを読む気になるかな?」と考えてみましょう。もしかしたら多くの人は、「う~ん」という感じになってしまうかもしれません。

実は、お客さんが読んでくれるのは、お客さんが「知りたい」情報です。しかしよくあるのは、自分が「話したい」情報を一生懸命ホームページにアップするケース。

あなたの「話したい」情報はたくさん掲載されているものの、お客さんはちっともその情報を「知りたい」と思っていない、そんなホームページは少なくありません。

あなたが「話したい情報」ではなく、お客さんが「知りたい情報」をコンテンツとして提供しないと、お客さんは決して読んでくれないのです。

たとえば税理士さんのホームページで多いのが、ただ単に税制改正ニュースを提供するというパターン。

税制改正のニュースというのは、税理士の先生には重要かもしれませんが、一般の経営者はほとんど興味を持ちません。したがって、小難しい専門用語が満載の税制改正ニュースのページをいくら充実させたとしても、お客さんの反応はあまり得られないのです。

お客さんが知りたいのは、税制改正の内容ではなく、その改正で「自分が支払う税金」がどうなるのか、その一点です。

したがって、税制改正の条文をそのまま掲載するのではなく、「来年度の税制改正を活用した節税ポイント」とか、「新制度でよけいな税金を払わない方法」といったコンテンツのほうが、お客さんに喜ばれるのです。

客先で話している内容を掲載する

もしこういう「お客さんが知りたい情報」のイメージがわかないようなら、あなたがお客さんの前で話している内容を考えてみましょう。

たとえば、税理士の先生が顧問先の社長さんの前で、税制改正の条文を一行一行解説する、などということはしないと思います。そんな話をしても、社長さんは絶対喜びませんから。

そうではなくて、「税制が変わったから、今期はこの経費を抑えたほうが良いですよ」とか、「この資産を購入しておけば、節税になりますよ」といった話をしているはずです。

もしそうなら、その話をホームページで提供すれば良いのです。

お客さんの前で話している内容というのは、お客さんが「興味を持つ」から話しているわけです。その内容をホームページで提供すれば、当然、同じように他のお客さんは興味を持ってくれます。

客先で話している「プロの専門家としてのアドバイス情報」をホームページに掲載すれば、それはそのまま「お客さんが知りたい情報」、すなわち「ライバルサイトに移動せずに、あなたのホームページで読み続けてくれる情報」になるのです。

専門的な情報を充実させる

これからは、サービスや商品の紹介を並べるだけではなく、ホームページの8割くらいのコンテンツを「プロとしてのアドバイス情報」にすることをおすすめします。読者を感心させる「プロとしての専門知識」をコンテンツとしてたくさん用意して、お客さんにアピールしていくのです。

たしかに最初からこうしたコンテンツを用意するのは大変かもしれません。でも、こうしたアドバイスコンテンツ、あるいはノウハウコンテンツを徐々に増やしていきましょう。

アドバイスコンテンツにお客さんが興味をもってくれれば、ホームページの中をいろいろと見てくれれるようになります。そうすればそのうち、サービス・商品ページにもアクセスしてくれます。そしてその内容に興味を引かれて、やがて問合せへとつながっていくのです。

以上いろいろとお話ししてきましたが、

  • ライバルより信頼してもらう
  • サービス・商品のメリットを伝える
  • 専門家としての情報を提供する

といったコンテンツが、ホームページ経由の問合せを獲得するのにおすすめです。

最初からこうしたコンテンツをすべて用意するのは難しいかもしれませんが、少しずつ充実させていきましょう。

サイトの作り方から運営方法までわかる、初心者向けノウハウ満載の
無料ガイドブックプレゼントはこちらへ

お客様を増やせるデザイン

次へ

お申込みはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

ページの一番上へ | このページを印刷

お客様を増やせる 低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(3月28日現在)

  3月 4月 5月 6月
残り 7件 67件 80件 80件
3月は残り7件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。

低価格なHP作成サービス
充実のサポート
サービス詳細
ご相談・お問合せ