経営者のホームページ作成入門

ホームページでお客さまを連れてくる方法

ホームページでお客さまを連れてくる方法

そこで、通信販売のノウハウを持たない多くの企業にお勧めしているのが、「ネットで集客」して、「実社会でセールする」という考え方です。売るためのホームページではなく、お客さまを集めるためのホームページを目指しましょう。

ネット集客のプロセス

ネット集客のプロセス

上図のように、今までの「実社会での集客」に加え、「ネットで集客」するプロセスを加えます。「ネット」で集客し、そのお客さまを「実社会」に連れてきて、あとは営業マンがセールスする、そんなプロセスに変えていくのです。
ネット(ホームページ)で集客して、そのお客さまに電話で問い合わせしてもらいましょう。電話さえもらえれば、営業マンが飛んでいって、得意のセールステクニックを駆使してセールスできると思います。
あるいはホームページで集客して、店頭に来店してもらってもいいでしょう。

今までやっていた新聞の折り込みチラシや広告の代わりに、ホームページでお客さまを集めるのです。難しい「ネットのセールス」は諦めますが、そのかわり「ネットで集客」するためにホームページを使うのです。

ホームページの目的を集客に

ホームページの目的を集客に

売れない商品を一生懸命ホームページで売ろうとするのではなく、ホームページで「集客」することに注力してください。ホームページの最大の目的は、ホームページ経由でお客さまに問い合わせしてもらうこと、という風に考えて以下の3つのステップを踏んで集客を試みましょう。

STEP.1

まずは、ホームページにアクセスしてくれたお客さまに、サービスの魅力を伝えましょう。ホームページの内容がよければ、お客さまはきっとサービスに興味を持ってくれます。

STEP.2

次に、ホームページにアクセスしてくれたお客さまに、電話でもメールでも構いまないので、問合せをしてもらいましょう。もちろん資料請求やサンプル請求でもかまいません。店舗をお持ちの会社なら、直接来店してもらってもいいでしょう。

STEP.3

その後は、今までの営業活動と同じです。今までチラシで集めていたのが、今度はホームページに変わっただけ。今までと同じやり方でセールスすれば、すぐに成果が出ることと思います。

ホームぺージでお客さまを集めよう

ホームぺージでお客さまを集めよう

このように、ホームページでお客さまを集めることに注力することが、ホームページで成果をあげる最も簡単な方法です。売るためのホームページではなく、「お客さまを集めて、営業マンの前に連れてくるためのホームページ」。
ぜひそのように考えてホームページの活用法を検討してみてください。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。