あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

問合せしてもらいましょう

通信販売のノウハウがない場合、ネットで売るのが大変というお話しをしました。では、そのような場合はホームページの目的をどこに置けばよいのでしょうか。このページでは、そうした企業が目指すべきホームページの目的についてお話しします。

ホームページでお客さんを連れてくる

画像通信販売のノウハウを持たない多くの企業におすすめしているのが、ネットで集客して実社会でセールするという考え方。

右の図のように、今までの「実社会での集客」に加え、「ネットで集客」するプロセスを加えましょう。

  • 「ネット」で集客し
  • そのお客さんを「実社会」に連れてきて
  • あとは営業マンがセールスする

そんなプロセスに変えていくのです。

ノウハウがないと難しい「ネットのセールス」は諦めて、今まで通り営業マンや店頭でセールスしましょう。そして、今営業マンが困っている、お客さんを集める部分にホームページを使うのです。

ネット(ホームページ)で集客して、そのお客さんに電話で問合せしてもらいましょう。電話さえもらえれば、営業マンが飛んでいって、得意のセールステクニックを駆使してセールスできると思います。

あるいはホームページで集客して、店頭に来店してもらってもいいでしょう。

今までやっていた新聞の折り込みチラシや広告の代わりに、ホームページでお客さんを集めるのです。難しい「ネットのセールス」は諦めますが、そのかわり「ネットで集客」するためにホームページを使うのです。

ホームページの目的は集客

このように、ノウハウがないのに商品を一生懸命ホームページで売ろうとするのではなく、ホームページで「集客」することに注力してください。

ホームページの最大の目的は、

ホームページ経由でお客さんに問合せしてもらうこと

と考えてみましょう。

ホームページにアクセスしてくれたお客さんに、まずサービスや商品の魅力を伝えましょう。ホームページの内容がよければ、お客さんはサービスや商品に興味を持ってくれます。

そして、ホームページにアクセスしてくれたお客さんに、電話でもメールでも構いませんから、問合せしてもらうのです。

もちろん資料請求やサンプル請求でもかまいません。店舗をお持ちの会社なら、直接来店してもらってもいいでしょう。

その後は、今までの営業活動と同じです。今までチラシで集めていたのが、今度はホームページに変わっただけ。今までと同じやり方でセールスすれば、すぐに成果が出ることと思います。

このように、ホームページでお客さんを集めることに注力するのが、ホームページで成果をあげる最も簡単な方法です。

商品を売るためのホームページではなく、

お客さんを集めて、営業マンの前に連れてくるためのホームページ

ぜひそのように考えてホームページの活用法を検討してみてください。

ライバルHPと比較される

次へ

お申込みはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

ページの一番上へ | このページを印刷

お客様を増やせる 低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(6月25日現在)

  6月 7月 8月 9月
残り 3件 69件 80件 80件
6月は残り3件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。

低価格なHP作成サービス
充実のサポート
サービス詳細
ご相談・お問合せ