経営者のホームページ作成入門

サーバーとドメインの基礎知識

サーバーとドメインの基礎知識

ホームページを公開するには、どんな場合も「サーバー」と「ドメイン」が必須です。
初心者にとっては馴染みが薄いため、少し理解しにくいかもしれませんが、ホームページを制作・運営するうえでは、ぜひ知っておいて頂きたい基礎知識を解説します。

ホームページに不可欠なサーバーとドメイン

ホームページに不可欠なサーバーとドメイン

サーバーをひとことで説明すると、Webサイトを提供している企業側のコンピュータを指します。ユーザーはこのコンピュータにアクセスすることによってWebサイトを閲覧することができるのです。

ホームページを初めて作る方にとっては、少しイメージしにくいと思いますので、ホームページづくりを家づくりにたとえてみましょう。
この場合、ホームページを家、サーバーは家を建てる土地にたとえることができます。
そしてドメインというのは、この土地の住所を示すものにあたります。

家を建てるには、土地がなくてはなりませんね。広い土地全体を買うと高額ですから、その一区画を借りれば十分です。これが「レンタルサーバー」と呼びれるものです。

家を建てるには土地が必要であるように、サーバーとホームページは切っても切れない関係にあるのです。

技術的な難しい話を理解する必要はありませんが、ホームページをインターネットで公開するためには、サーバーとドメインが不可欠なものであることは覚えておきましょう。

ドメイン名の重要性

ドメイン名の重要性

それでは次に、ホームページの「ドメイン名」についてご説明いたしましょう。
会社にとって社名はとても大切です。少しでもお客様に「会社名」を覚えてもらおうと、名刺に印刷したり、パンフレットに記載したり、あるいはいろいろと広告を出したりと、大変なご苦労をされた経験のある方もいらっしゃることでしょう。

実はインターネットにも社名にあたるものがあり、これを「ドメイン」と呼びます。
たとえばソニーの場合だと、こんな感じです。

   ホームページ http://www.sony.co.jpの、sony.co.jpの部分
   電子メール taro_yamada@sony.co.jpの、sony.co.jpの部分

この「ドメイン」の特徴は、誰でも登録できること、そして登録が早い者勝ちだということです。したがって自分の会社名(商号)と同じドメイン名を取得したいと思っても、誰かに取得されていると同じドメイン名は利用できません。

たとえば、私が設立プロジェクトに参画した「アイワイバンク銀行」(イトーヨーカ堂とセブンイレブンが作った銀行で、現在はセブン銀行)のドメインは、当時「iy-bank.co.jp」でした。本当は「iybank.co.jp」と、真ん中に横棒のないドメイン名を取得したかったのですが、某企業に先に「iybank.co.jp」を取得されてしまったため、泣く泣く「iy-bank.co.jp」を使うことになってしまいました。

誰かに先に取得されてしまうと、そのドメインは使えませんので、早めに「ドメイン」を取得しておくことは、インターネット時代の基本事項です。

自社ドメイン取得のメリット

自社ドメイン取得のメリット

この「ドメイン」を自社で取得すると、企業にとってどんなメリットがあるのでしょうか。

「名刺が格好よくなる」「企業として自社ドメインの取得は当然」といった点もあげられますが、いちばんのメリットは、ホームページのアクセスアップに役立つこと。

検索サイトの検索結果で、あなたのホームページを上位表示させるテクニックのことを「SEO(検索エンジン対策)」と呼ぶのですが、自社の専用ドメインの取得はこのSEOにも有効なのです。

技術的な話は省略しますが、3年くらいの長期的な観点で考えた場合、自社ドメインを取得した方がSEO(検索エンジン対策)にとても有利ですから、ホームページを立ちあげるなら、ぜひ自社専用のドメインを取得しましょう。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。