業種別講座 エステサロン
その他

自宅や個人経営のエステサロンにクレジット決算を導入する4つの方法

自宅や個人経営のエステサロンにクレジット決算を導入する4つの方法

エステサロンの経営をするとき、あると便利なのがクレジットカード決済です。
お客さんも現金払いだけよりも、クレジットカード決済が用意されている方が高額なエステを利用しやすいため、客単価が上がるという利点があります。
そこで今回、自宅や個人経営のエステサロンにクレジット決済を導入する方法を4つ紹介します。

個人経営サロンのクレジット決済の選び方

個人経営サロンのクレジット決済の選び方

個人経営のサロンはクレジットカード会社の審査を通過するのは難しいのが現状です。
しかし小規模なサロンでも審査が通りやすいクレジットカード決済の代行業者もあるので、そのようなサービスの中から利用を検討してみましょう。
現在、エステサロンに特化しているのは、Square(スクエア)、Coiney(コイニー)、楽天スマートペイ、Airペイの4つです。
iPhoneやiPad、アンドロイドの端末で決済可能で、端末とカードリーダーさえあれば決済が完了します。

手数料に要注意!

手数料に要注意!

クレジット決済を導入するときに気を付けたいのが、決済時に発生する手数料です。
お客様がクレジットカード決済を利用し、発生した手数料はサロン側が負担するパターンが多いです。
手数料はクレジットカード会社によって異なりますが、4~5%前後と言われています。
クレジットカード決済の導入を考えているなら、一度クレジットの代行業者から話を聞いて、見積もりを出してもらいましょう。
クレジット決済の利便性だけで導入を決めてしまうと、手数料が痛手になる可能性もあります。
来店人数が増えたり、高額メニューの利用が増えて客単価が上がったりすれば、手数料回収の見込みがあるので、しっかり見極めてから導入することが大切です。
また手数料が安い代わりに、カードリーダーなどの備品を買い取らなければいけないプランや、備品は無料だが手数料で回収している業者もあるので、まずは比較検討して自分のサロンに合ったクレジット決済を導入してくださいね。

クレジットカード決済の導入方法4つ

自宅サロンや個人経営のサロンに、クレジットカード決済を導入する方法を4つ紹介します。

クレジットカード決済1.Square(スクエア)

クレジットカード決済1.Square(スクエア)

アカウント登録は無料、すべてオンライン上で完結するので面倒な申し込み手続きが必要ありません。
クレジットカードリーダーに4,980円かかりますが、全額キャッシュバックキャンペーンを利用すれば、初期負担は0円です。(2018年9月現在)
対応端末は、iPhone、iPad、Android端末。
VISA、MasterCard、 American Expressのカードが受付可能で、取引代金は振込手数料無料で、最短翌営業日に入金されます。
カード決済手数料は、VISA・MasterCard・American Express・Diners Club・Discoverカードが3.25%、JCBカードは3.95%です。
月額固定料金や入金時の振込手数料、払い戻し(返金)時の手数料も無料です。
カード決済を利用したときだけ手数料がかかるというシンプルな料金体系で安心して利用できます。

クレジットカード決済2.Coiney(コイニー)

クレジットカード決済2.Coiney(コイニー)

スマホやタブレットにCoineyターミナルを接続するだけ、簡単な操作で決済が完了します。
申し込み、審査に費用がかからず、導入する場合は、お手持ちのスマートフォンやタブレット端末に加え、専用の決済端末19,800円が必要となります。
現在新規でお申し込みすると、全額キャッシュバックキャンペーンをしているので、実質0円で導入が可能です。(2018年9月現在)
対応端末は、iPhone、iPad、Android。
使用できるクレジットカードと決済手数料は、VISA・MasterCard・セゾンカード・American Expressが3,24%、JCBは3,74%かかります。
月に6回締日があり、締日から最短10日後に振込依頼が可能です。
10万円未満の場合は、1回につき200円の振込手数料が必要ですが、10万円以上の場合は無料になります。

クレジットカード決済3.楽天スマートペイ

クレジットカード決済3.楽天スマートペイ

大手企業・楽天がサービスを提供しているのが、楽天スマートペイです。
楽天スマートペイは、クレジットカード決済だけでなく、楽天ペイアプリ決済や電子マネー決済など、幅広い支払い方法に対応しています。
対応端末は、iPhone、iPad、Android端末で、クレジットカードはVISA・MasterCard・JCB・ American Express・DINERS・DISCOVERが利用可能です。
決済手数料はVISA・MasterCard・American Expressが3,24%、JCB・DINERS・DISCOVERが3,74%です。
取引代金は楽天銀行の口座宛てであれば、決済の翌日に自動で入金されます。
その他の銀行口座であっても、入金依頼すれば翌営業費に入金されます。(振込手数料210円)
最初にカードリーダーを購入しないといけませんが、指定の条件をクリアすると、カードリーダー代金をキャッシュバックするキャンペーンを行っています。(2018年9月現在)

クレジットカード決済4.Airペイ

クレジットカード決済4.Airペイ

Airペイは、クレジットカードも電子マネーも使える便利な決済サービスで、iPadまたはiPhoneと専用カードリーダー1台19,800円があれば利用できます。
現在、専用カードリーダーが実質無料になる、0円スタートキャンペーンを実施中です。(2018年9月現在)
決済手数料は、Visa・MasterCard・American Express は3.24%、JCB・Diners Club・Discoverは3.74%と業界最安水準で、月額固定費もかかりません。
売上金の入金は最大月6回、振込手数料も0円です。

クレジット決済を導入する方法まとめ

クレジット決済を導入する方法まとめ

自宅サロンや個人経営サロンでも、簡単にクレジット決済を導入できる方法が増えてきました。
スマホやタブレット、専用カードリーダーさえあれば、すぐに利用可能なので、クレジットカード決済の導入を検討している方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。
クレジット決済を導入することで、サロンの信頼度も上がりますし、何よりもお客様が高額なエステコースを利用しやすくなるというメリットがあります。
現金払いだと手持ちの中で利用可能なサービスを選びがちですが、クレジットカード払いも可能なら、普段より高額なエステでも前向きに検討してもらうことができます。
お客様一人ひとりの客単価が上がれば、それだけでエステサロンの経営が安定するので、サロンの強みの一つとしてクレジット決済の導入を検討してみてくださいね。
クレジットカード決済のサービスを検討する場合は、初期費用や月額利用料はもちろんですが、売上金の入金がどのくらいの期間で行われるのかという点を比較しておきましょう。
サロンに現金があるのとないのでは、サロン経営が大きく変わります。
自分のサロンに合ったクレジット決済を導入して、よりお客様に喜ばれるサロン作りを目指してくださいね。

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。