業種別講座 エステサロン
HPの作成方針

SNSで十分?エステサロン集客におけるホームページの必要性

SNSで十分?エステサロン集客におけるホームページの必要性

エステサロンへの集客は、積極的に情報公開していくのが有効な手段です。
SNSをはじめ、ホームページが情報公開の手段として挙げられます。

SNSだけで十分だと考えて、ホームページを持っていない方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にはSNSだけではエステサロンの集客は不十分。ホームページも持った方が、効率よく集客ができます。

なぜならSNSとホームページは、同じインターネット上にあるものの、その特徴は大きく異なるからです。

そこで今回は、エステサロン集客におけるSNS4つの特長と、SNSとホームページの違いについてご紹介していきます。

エステサロン集客のためのSNS4つの特長

エステサロン集客のためのSNS4つの特長

積極的にエステサロン集客したいのであれば、SNSの活用はおすすめです。

年々利用者が増えてきているSNSを利用すれば、大勢の人に対してエステサロンの存在をアピールすることができ、集客へとつなげることができます。

とはいえ、一口にSNSと言っても、様々な種類があり、それぞれ特長がことなります。
そこで次から、4つのSNS「ブログ・ツイッター・フェイスブック・インスタグラム」の特長をご紹介していきましょう。

特長1.ブログはサロンの魅力を伝えられる

特長1.ブログはサロンの魅力を伝えられる

SNSのなかでも特に気軽に始められるのがブログです。
無料で開設でき、文字を入力するだけなので、はじめるのも続けるのも簡単です。

ブログの特長は、時系列で情報を気軽に発信できること。無料ブログもたくさんあるので、すでに始められている方も多いかも知れません。

お客さまにエステサロンの存在を知ってもらい、親近感を持ってもらうのにブログは打ってつけです。親近感を持ってもらえれば、サロンのファンになってもらえる可能性も高くなります。

ブログは更新しなければいけない大変さもありますが、オーナーやスタッフ、サロンの魅力を存分に伝えられるツールなので、エステサロン集客にはおすすめのSNSです。

SNSは難しくて苦手という方は、ブログからはじめてみてはいかがでしょうか。

特長2.ツイッターで情報を拡散

特長2.ツイッターで情報を拡散

ツイッターを利用する目的は、情報の拡散です。ツイッターはつぶやける文字数が限られているので、あまり長い文章は入力することができず、インパクトのある言葉を選ぶ必要があります。

そのため短い文章で伝えたい情報を拡散しやすいというメリットがあります。リツィート機能があるため、拡散力はSNSの中でも抜群です。

ブログの中から特に伝えたい文章を抜粋したり、キャンペーンの告知など、リアルタイムで情報を発信できるので、話題作りに向いています。

工夫次第で集客数を上げられるSNSです。

特長3.フェイスブックはコミュニケーションが取れる

特長3.フェイスブックはコミュニケーションが取れる

フェイスブックは、情報を発信できることはもちろんですが、繋がっている人とコミュニケーションがとれるSNSです。

エステサロン専用のページを立ち上げ、お客様やサロンに興味のある方と繋がって交流を持ちながら、関係を築くことができます。

フェイスブックを利用するときは、個人としてではなく、店舗としてのページを持つことがポイントです。個人ページよりも信頼性が高くなり、広告もかけられるので集客しやすいというメリットがあります。

フェイスブックを活用する際は、投稿する時間を決めておくのがおすすめです。
更新時間を決めておくことで、目にとめてもらいやすくなります。

季節の変わり目に行うキャンペーンや、特別なイベントを行うときには、更新頻度を増やして投稿してみましょう。

現在は広告を使わないと、Facebookページへのいいねを集めるのは難しくなっていますが、比較的安価に広告をかけられるので、試してみるのも手です。

記事やページ自体に「いいね」が増えると、サロンへの信頼度も上がるため、お客さんは安心して利用できます。

「いいね」を活用すれば、このいいねを押してくれた知り合いにも情報が拡散される仕組みになっているので、広告をかけてでもページへの「いいね」を集めておけば、効果的に情報を広められるようになります。

特長4.インスタグラムは10代~20代の集客に強い

特長4.インスタグラムは10代~20代の集客に強い

世界中とつながるインスタグラム、写真を中心に投稿し、若い女性に人気のSNSです。
最近は、ツイッターやフェイスブックを上回る勢いで、ユーザー数が伸びています。
若い女性が積極的に利用していることから、10代~20代の女性の集客を狙う際におすすめのSNSです。

インスタグラムを使うときに活用したいのが、ハッシュタグです。
今や若い人たちは、検索サイトではなく、インスタグラムのハッシュタグを使って検索していると言われています。

ハッシュタグは、検索サイトと同じように、知りたい情報を検索するときに使われるので、ハッシュタグをたくさんつけておくと、検索に引っかかる可能性も高くなります。

またインスタグラムは綺麗な写真で注目されることが多いので、記事を投稿するときは、綺麗な写真とあわせて投稿するようにしましょう。

どの写真もブランドイメージ、ブランドらしさを意識して、雰囲気・世界観を損なわない質の高い写真を投稿するのがポイントです。

インスタグラムは、ツイッターやフェイスブックと連携ができるので、忙しくてインスタグラムまで手が回らないというときも、連携しておけば簡単に投稿できます。

SNSとホームページの違い

SNSとホームページの違い

SNSは情報の拡散だけでなく、利用者とのコミュニケーションを取れるというメリットがあります。

ブログやツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど、それぞれ特長が異なり、利用者の年齢層も異なるため、必要に応じて活用するのがおすすめです。

またSNSの強みとしては、それぞれが連携できることです。
情報を連携することで、より便利に使いこなすことができ、集客につなげることができます。

一方、ホームページは頻繁に情報を更新していく、というよりも、サロンについての情報を分かりやすく伝えられるというメリットがあります。

SNSでは古い情報は新しい情報に押し流されて見えなくなってしまいますが、ホームページは情報に古い新しいに関係なく、掲載しておくことができます。

情報を整理して、分かりやすく伝えられるのがホームページとSNSの大きな違いです。

サロンのメニューや料金、サロンの住所や問い合わせ先など、必要な情報をすぐに発見できます。

エステサロン集客におけるホームページの必要性まとめ

エステサロン集客におけるホームページの必要性まとめ

SNSがあればエステ集客は十分ではないか、と思いがちですが、そうではありません。
SNSとホームページは用途が違うため、エステ集客するためにホームページは欠かすことができない存在です。

SNSは時系列やリアルタイムで、スピーディに情報を発信するのに向いています。

エステ集客のためには、最新の情報を発信し続けることも大切ですが、エステ料金やメニューなど滅多に変わらない情報はホームページにあった方がいつでも発見しやすく、分かりやすいのが実情です。

ホームページはエステサロンの情報を厳選して集約できるため、お客様の不安を取り除き、安心感を与えるのに適したツールといえます。

安定したエステサロンの集客とリピーターを作るためには、SNSとホームページ、どちらか片方ではなく、どちらも組み合わせて使えるのが良いですよ。

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。