経営者向けのメルマガ『経営塾』

「コンバージョン」の意味と役割

今回はホームページを運用するうえでとても大切な「コンバージョン」についてお話していきます。

「コンバージョン」は、英語でconversionと綴ります。直訳すると転換や変換という意味になります。

でも、ホームページの転換といわれても、あまりピンときませんよね。

Webマーケティング用語として使われる場合、どのような意味を指しているのでしょうか?

コンバージョンを正しく理解すれば、ホームページの費用対効果を知り、改修ポイントを発見することができます。

コンバージョンとは何か

Webマーケティングでいう「コンバージョン」とは、ホームページの訪問者が、そのホームページの目標として設定した行動を起こしてくれた状態を指します。

つまり「訪問者」が「お客さん」に変換された状態です。

【あきばれホームページ】を例にすると、ホームページの訪問者が、

  • HPの制作を申し込んだ
  • 説明会への参加を申し込んだ
  • メルマガに登録した

などが「コンバージョン」として定義することできます。

それが収益に直結していなくても、Webサイトを運営する上での目標を満たす行動であれば、「コンバージョン」になり得ます。

ですからホームページを通して、

  • 商品を購入した
  • 資料を請求した
  • イベントに参加を申し込んだ
  • スタッフの求人に申し込んだ

といった行動もすべて「コンバージョン」になり得ます。1つのホームページに1つのコンバージョンとは限りません。

また訪問者数のうち、どれだけコンバージョン数があるかを測る指標をコンバージョン率(CVR)と呼びます。

「コンバージョン」から見えてくるもの

費用対効果

コンバージョンを定義すると、そのホームページの費用対効果を明らかにすることができます。

ホームページにどれだけ訪問があり、そのうちどれだけコンバージョンがあったのか――。

それを計算すれば、1人のお客さんを獲得するのにどれほど費用がかかっているのかがハッキリします。

ホームページの運用に多額の費用をかけているのにコンバージョン数が上がらなければ、何らかの対策を講じる必要があります。

サイト改善の施策

コンバージョン率からは、ホームページの改善すべきポイントが見えてきます。

たとえば、訪問者数が順調に伸びているのにコンバージョン率が低ければ、コンバージョンを改善するための施策が必要であることがわかります。

またコンバージョン率が伸びているのに、訪問者数があまり増えないのであれば、コンバージョンしやすいユーザーをより多く集めるための施策をおこなう必要があります。

コンバージョンを測定するには、無料で使用できる「Googleアナリティクス」を利用しましょう。

以下の記事では、Googleアナリティクスについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。