経営者向けのメルマガ『経営塾』

アクセス者を逃がさないトップページの作り方

前号では、

ホームページのトップページで何を伝えるべきか

についてお話ししました。

「せっかち」なアクセス者にホームページを読んでもらうために、重要
な役割を担っているのがトップページです。

トップページの作り方によって、そのホームページの成否が決まる、と
言っても過言ではありません。

そのためにはまず、

・アクセス者の関心を引く

・後続ページへの誘導

というトップページの二つの使命をしっかり果たすコンテンツ(内容)
を作成する必要があります。

今回のhp講座は前号に引き続き、トップページのコンテンツについて、
さらに具体的に掘り下げてみましょう。

トップページコンテンツのサンプル

まずは、前号でもご紹介したトップページコンテンツのサンプルをご覧
ください。

▼トップページコンテンツのサンプル
http://demo-01.blogdehp.ne.jp/

これは、【ブログdeホームページ】の「基本パック」にて作成するホー
ムページのサンプルです。

さて、このトップページには以下のようなコンテンツが並んでいます。

【1】ごあいさつ
【2】山田税理士事務所の特徴
【3】無料電話相談実施中!
【4】当事務所のサービス案内
【5】お役立ち情報

これらは、

(a)アクセス者の興味を引く
(b)後続の詳細ページへ誘導

するという明確な目的を持ったコンテンツです。

では実際に、その二つの目的をどのように落とし込んで作成したのか、
詳しく見てみましょう。

(a)アクセス者の興味を引く

【1】ごあいさつ

代表者のあいさつや事務所の実績、PRポイントなどを簡潔な
文章にまとめた。

【2】山田税理士事務所の特徴

なぜ御社に依頼したほうがよいのか、他社との違いは何か、と
いったポイントを、3つ程度に絞って簡潔にまとめた。

【3】無料電話相談実施中!

お客さまを獲得するための「無料相談」について、簡潔にまと
めた。電話番号や対応時間も明記。

【4】当事務所のサービス案内

具体的なサービス内容についてのサマリーを簡潔にまとめた。

【5】お役立ち情報

「専門性」をアピールするための「お役立ち情報」記事につい
て、簡潔に紹介した。

(b)後続の詳細ページへ誘導

各コンテンツとも、該当するページへ誘導するリンクを記載。

いかがでしょうか。

ただ並んでいるだけに見えるトップページのコンテンツも、それぞれが、

(a)アクセス者の興味を引く
(b)後続の詳細ページへ誘導する

という明確な目的に基づいて作成されているのです。

繰り返しになりますが、ホームページのトップページは、その作り方に
よってホームページ自体の成否が決まる、と言っても過言ではない重要
なページです。

そのことを忘れずに、皆さんももう一度トップページのコンテンツを見
直してみてくださいね。\(^^)√

なお、【ブログdeホームページ】の「基本パック」では、弊社コンサル
タントがお客さまにヒアリングを行い、このようなノウハウを基本に、

文書を作成し、さらに文書と写真を組み合わせて先ほどのサンプルでご
紹介したようなトップページ等を作成します。

このホームページ支援サービスについてご興味のある方は、ぜひ下記の
ページをご覧くださいね。

▼「基本パック」のご案内

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。