経営者向けのメルマガ『経営塾』

簡単にできるホームページ反応UPのコツ

今回は、最近よくご質問をいただく

ホームページの文章量や反応UPのコツ

についてお話します。

文章量は少なくても大丈夫?

会員さまからよくいただくご質問に

「文章を書くのが苦手なのですが、ホームページの文章量は少なく
ても大丈夫ですか?」

といったものがあります。

文字数については特定のルールはありませんが、当社の経験では

1ページ600~1,500文字程度以上

が必要と考えています。

文字数が多すぎるとページ全体の見通しが悪くなりがちですし、内容に
もよりますが、最後まで読んでもらえない可能性も高くなります。

逆に文字数が少なすぎると、情報を求めてきたアクセス者をがっかりさ
せてしまい、ホームページを閉じられてしまう可能性も出てきます。

アクセス者目線で工夫する

ですからアクセス者の立場から考えると、最適な文字数が上記に挙げた
量になるわけです。

もちろん文字数が多くても、内容が面白くてドンドン読みすすめてもら
えるものであれば問題ありません。

ただ、読みやすさの観点から気をつけていただきたいのは

・1段落は3~5行程度にする

・漢字を連続して使わない

・重要な箇所を「赤文字」や「太文字」などで強調する

・適宜、文章に合った画像を入れる

といった点。

このような工夫をすることで、さらにアクセス者に読み続けてもらいや
すくなります。

反応アップを狙うなら・・・

また反応アップを狙うなら、アクセス者に

・ホームページ内を回遊してもらう

ことが大切です。

トップページだけを見て、問合せや申し込みをしてくれる人は少数派。

ですから、ホームページ内のいろんなページを見てもらい、商品やサー
ビスの良さをわかってもらう必要があります。

アクセス者は十分な情報を得ることで、信頼感が高まり、「一度、問合
せしてみようかな」とアクションを起こしてくれるのです。

具体的に行うとよいのは

・ページのメイン部分からいろいろなページへリンクを張る

こと。

ナビゲーションとして、サイドメニューだけでは十分とはいえません。

重要なページへのリンクはサイドメニューだけでなく、メイン部分から
も張っておくことで、読んでもらいやすくなります。

クリックしてもらいやすいリンクにする

またリンクを張る際は、できるだけクリックしてもらいやすいように

・リンクの文字は青色にする

・リンクの頭に「→」をつける

・テキスト全体にリンクを張る

・クリックさせたいリンクは左に配置

といった工夫をしておくとよいでしょう。

ちょっとしたことですが、このような工夫をするとクリック率が変わっ
てきます。

まとめ

今回ご紹介した内容は、ページを増やしてコンテンツを充実させようと
されている会員さまからよくいただくご質問です。

会員さまのなかにはご存知の方も多くいらっしゃるかもしれませんが、
ぜひこの機会に、いま一度ご自身のホームページをチェックしてみては
いかがでしょうか。

新たに改善点が見えてくるかもしれませんよ。(^_^)/~

ページの一番上へ

初めてホームページ作成する方へ

初めての方へ

初めてのホームページを作成する際に失敗しない勘所をご紹介。自作であれ、制作会社に依頼する場合であれ、ここだけは押さえて欲しいポイントをまとめました。

低コストでHP作成したい方へ

低コストでHP作成をしたい

ホームページを作成予定の方に、低料金でホームページを作る方法をご説明します。なるべく低料金でホームページ作成をしたい方は、ぜひご覧ください。

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。