経営者向けのメルマガ『経営塾』

店舗があるなら必須!MEOでライバルに差をつける(その1)

今回は、店舗を持つようなご商売なら必ず取り組んでおきたいMEO(グーグルマップ対策)について解説します。

まずは、MEOの必要性についてお話ししていきましょう。

MEOとは?

SEOなら知ってるけど、MEOって?という方も多いかもしれません。MEOは、Map Engine Optimizationの略です。

グーグルマップの表示に使用されている地図エンジンに対して、最適化することをMEOと呼んでいます。

外出前や外出中、近くのお店を探すのに、グーグルマップを開いて「新宿 ランチ」等と検索したことはありませんか?

(ない方はぜひ、パソコンやスマートフォンでやってみてください。)

ポイントはグーグルではなく、「グーグルマップで」検索するという点。

グーグルマップでの検索は近くのお店を探すのに非常に便利なため、スマホの普及に伴い、多くの人に使われるようになった方法です。

グーグルマップで「新宿 ランチ」と検索すると、地図が表示されるのと一緒に、レストランの一覧が表示されます。

これも、グーグルマップの地図エンジンが働いています。

みなさんも、自分のお店の地域と、業種やサービス内容で検索してみてください。近くのライバル店が表示された!という方もいるかもしれません。

この検索結果でなるべく上に表示されるとどうでしょう。お店の情報がグーグルマップで検索する人の目に触れやすくなりますね!

お店の情報を、グーグルマップで検索する人の目に触れやすくするために行うのが、MEOの対策です。

MEOの大きなメリット

MEOに成功すると、グーグルマップだけでなく、グーグルでの検索結果にも上位表示されます。

例えば、「新宿 エスニック」とスマホでグーグル検索してみましょう。

一番上に表示されるのはグーグルマップ。その下にグーグルマップと同じく店舗の一覧。さらにその下がグーグルの検索結果です。

つまり、検索ワードによっては、SEOを頑張るより、MEOを成功させるほうが上位に表示され、影響も大きいということになります。

飲食店に限らず、美容院やサロン、医院、塾やスクール、クリーニング店など、実店舗を持つ方なら誰でもすぐに取り組むべき対策だとご理解いただけたでしょうか?

次回は、今回の続編として、MEOではまず何から取り組めばいいのかをご紹介します。そんなに難しい内容ではありませんから、ぜひ一緒にやってみてくださいね!

【あきばれホームページ】で先日を提供開始しましたIT導入補助金パックには、サービス内容にMEOサポートを含んだものもあります。

店舗がある商圏エリアで格段にウェブ上の露出を増やせるので、ご興味ある方はぜひご覧になってみてください。

補助金パック以外でも、すでに【あきばれホームページ】の会員さまはオプションでもご用意がありますので、サポートセンターにお気軽にお問合せくださいね(^^)。

ホームページ制作と一緒にMEOもとお考えの方はぜひご検討いただければと思います。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。