【基本】Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方 - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

【基本】Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方

  • ホームページ
  • ホームページの運用方法
【基本】Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方

Googleが提供しているサーチコンソール(Search Console)というツールをご存知でしょうか。簡単に言えば、ホームページの状態が良いか悪いかを診断できるツールです。

ホームページで成果を出すためには、ホームページの現状をきちんと把握することが必要です。そのために必要なツールがサーチコンソール。ホームページをお持ちなら、必ず導入しておいた方が良いツールと言っても良いでしょう。

そこで本記事ではサーチコンソールとはどのようなツールなのか、登録方法や簡単な使い方について説明します。

サーチコンソールを使うと何ができるのか?

サーチコンソールを使うと何ができるのか?

まずはサーチコンソールを使うとどのようなことができるのかについて説明しましょう。

ホームページによるマーケティングを行う際に必ず導入したいツールが、グーグルアナリティクスとサーチコンソールです。

どちらも無料で取得できるGoogleアカウントを作成すれば、すべての機能が無料で利用することができます。

ホームページを使ったマーケティングの良い所は、こうしたツールを使えば、実際の状態を定量的に測定できるところにあります。すべて数値で明確に結果が出るので、実績の分析、評価、改善が行えます。

グーグルアナリティクスとはサーチコンソールの違い

2つのツールのうち、グーグルアナリティクスはサイトにユーザーが入ったあとの分析に、サーチコンソールはサイトにユーザーが入る前の分析に使うツールです。

例えば、サイトに入った後にユーザーが

「どのようなページを閲覧して、どのような経路で問合せなどの目標までに辿りついたのか」
「どのようなページがよく閲覧されていて、どのようなページでユーザーはすぐ見るのをやめてしまっているのか」

は、グーグルアナリティクスで分析できます。

一方、サーチコンソールの場合は、検索キーワード毎にどの位の順位なのか、どの位のアクセス数が発生しているのか、サイトの検索順位を下げる可能性がある問題が発生していないのかを検証するためのツールです。

ちなみに、サーチコンソールは昔、ウェブマスターツールという名前でした。古い書籍やホームページだとサーチコンソールのことをウェブマスターツールと呼んでいますが同じツールだと考えてもらえば大丈夫です。

サーチコンソールへの登録方法

サーチコンソールへの登録方法

では、どのようにすればサーチコンソールを使えるようになるのか、その手順について説明します。

Googleアカウントを取得する

まずは、Googleアカウントを取得してください。Googleアカウントとは要するにGmailのアカウントのことなので、既に持っている人はそのアカウントを使っても良いでしょう。

新規でアカウントを作成する場合は以下のURLから必要事項を記入して、アカウントを作
成してください。

Googleアカウントを取得する

Googleアカウント作成ページ

サーチコンソールの登録画面を開く

Googleアカウントが取得できれば、そのアカウントにログインしたままで以下のサーチコンソールのURLを開いてください。

サーチコンソールのホームページ

ちなみに登録以外にも基本的にサーチコンソールを使う際はこのURLを利用するので、お気に入り登録をしておいても良いでしょう。このURLを開くと下のような画面が表示されます。

サーチコンソールの登録画面を開く

真ん中にURLの入力欄が無い場合は、Googleアカウントにログインできていない可能性があります。画面の右上にログインボタンがあるはずなので、そこからログインしてください。

無事に画面が表示されている人はURLは数値を計測したいホームページのURLを中央の欄に記載して、「プロパティ」というボタンをクリックしてください。

サイトの所有権を確認する

サイトの所有権を確認する

そうすると、上の画像のようなサイトの所有権を確認するという画面に移行します。ここでそのサイトが貴方の所有しているサイトであることを登録します。

サイトを登録する方法は「おすすめの方法」と「別の方法」の2種類があり、大抵の場合はおすすめの方法を利用する方が楽です。

上の画像では、「おすすめの方法」としてドメイン名プロバイダという方法が推奨されており、このドメインを取得したGMOのプロバイダにログインすることが推奨されています。

もちろん、利用しているサービスによって、お勧めの方法は異なります。

例えばブログなどは独自ドメインではないのでこの方法は使えません。HTMLタグをブログのHTML編集からサイト内に貼り付ける方法などが用いられます。

推奨されている方法以外は「別の方法」というタブをクリックすると下のような画面に移行します。このケースでは4つの方法が提示されます。
各方法にチェックを入れると具体的にどうすれば良いのかということが表示されます。

【基本】Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法と使い方

「おすすめの方法」か「別の方法」のどちらでも良いので、指示通りに作業を行い、確認ボタンを押して、きちんと手続きができているとサイトの所有権が確認された旨が表示されます。

ちなみに、HTMLタグやHTMLファイルのアップロードによって所有権を確認している場合、一度サイトの所有権が確認されたからとタグやファイルを消してしまってはいけないので注意してください。

サーチコンソールの基本機能

サーチコンソールの基本機能

ではサーチコンソールを利用すればどのようなことができるのか最低限知っておきたい3つの機能について紹介します。

コンテンツを更新したことをクローラーに伝える

せっかく、ホームページにコンテンツをアップしたり更新してもグーグルのクローラーがそのページを認識しなければ意味がありません。

いずれ、クローラーが巡回してくれるかもしれませんが、確実にクローラーにページの存在を確認してもらうためにはサーチコンソールから設定する必要があります。

左側のメニューから「クロール」→「Fetch as Google」をクリックします。

真ん中のURL欄に新しく書いたコンテンツのURLを記入して「取得」というボタンをクリックすれば下のパスの部分にURLが登録されます。

そのURLの横に「インデックス登録をリクエスト」というボタンがあるのでクリックしてください。

クロールエラー・ペナルティが発生しているページを発見する

クローラーが何らかの理由があってページを認識できない場合があります。
この場合、検索結果にこのページが表示されないので、エラーを修正する必要があります。

また、Googleのサイト作成のガイドラインに違反しているページはペナルティにより検索順位が低下したり、表示されなくなっている可能性があります。

クロールエラーが発生しているかは、「クロール」→「クロールエラー」から確認することができます。ペナルティが発生しているかは「検索トラフィック」→「手動による対策」で調べることができます。

ちなみに、ペナルティの解除申請もサーチコンソール上から行えます。

サイトマップを登録する

ホームページがどのような構造になっているかという記録をサイトマップと呼びます。

このサイトマップをサーチコンソールから定期的に送信しておくと、ページ数が多くても、クローラーがサイトの更新を認識しやすくなります。また、リンクが複雑なサイトも同様です。

サイトマップの登録は「クロール」→「サイトマップ」から行ってください。

その他の機能

上で挙げた3つの機能以外にも、ユーザーがどのような検索キーワードで検索したときに自社のサイトが表示されているのか確認したり、被リンクの多いページを確認したりと様々な機能があります。

ただし、はじめのうちはGoogleの正しくサイトを認識してもらい、エラーやペナルティを発生させないことが重要なので上の3つの機能を押さえてください。

サーチコンソールのまとめ

【サーチコンソールのまとめ

以上のようにサーチコンソールの登録方法や使い方について説明してきました。サーチコンソールはグーグルアナリティクスと並んでホームページを使ったマーケティングを行う際に必須のツールです。

無料で使用できるので、本文の登録方法を参考にして導入してみてください。

使いだすと色々な機能があって迷うかも知れませんが、重要なのはホームページを正しくクローラーに認識してもらい、エラーやペナルティを発生させないことです。

まずは本文でご説明した3つの機能を使ってみてはいかがでしょうか。

知識ゼロから使える、上位表示を目指せるテクニックが満載!

SEOの基本ガイドブック

【無料プレゼント】すぐ実践!SEOの基本をマスター
お金をかけずに、自分でSEO対策をしたい方へ

「ホームページがなかなか上に表示されない」
「そもそもSEOって何?」
「もっとアクセスを増やしたいけど、どうしていいか分からない」
などSEOの疑問やお悩みをスッキリ解決できるガイドブックです。

※HPの活用方法の最新情報をメールでお届けします。

10分で読める、身につく! ホームページ作成&活用術が、毎週届く!
8500社超の制作実績から生まれたノウハウが手に入るメールマガジンです。

ネット集客がみるみる分かる『経営塾』登録
無料

お客さまを増やせるデザインサンプル

初心者むけHP作成サービス【あきばれホームページ】では、お客さまを増やせるデザインに力を入れています。

以下のページで、「お客さまを増やせるデザインサンプル」をいくつかご紹介しております。ぜひご確認ください。

部品型CMS【Buddy】というツールを利用していますので、ページの下の方もビジネスらしい、信頼感のあるデザインのホームページが作成可能です。

お客さまを増やせるデザインサンプル
サイト内のページを検索

業種・カテゴリー

自分で更新できる低価格なホームページ作成サービス
ガイドブック案内
お問合せ・ご相談はこちら