あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

成果につながるHPデザイン~文章が読みやすいデザイン~

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2016年5月16日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 3 分

今週は「文章が読みやすいデザイン」についてお話します。

スマホの普及で気軽に画像や動画をホームページにアップできるようになり、文章以外の表現方法も増えてきました。

それでもやはり、ホームページの反応をあげるには、「文章を読んで理解してもらうこと」がとても重要です。

文章の内容や見出しも読んでもらうには工夫が必要ですが、実は「デザイン」も「文章を読みやすいデザイン」でする必要があります。

読みやすいデザインに必要なもの

文章を読みやすくするには、主に以下の項目に配慮しましょう。

  • フォント
  • 文字間隔、行間隔、段落間隔
  • 一行の文字数
  • 本文の文字サイズ
  • 見出しの文字サイズやアイコン

また、

  • 適切な画像や図表の配置
  • 余白の取り方

などコンテンツ全体のレイアウトも読みやすさに影響します。

ホームページは「どうすれば読みやすくなるか?」を考えながら作っていくことが必要です。

本文用のテンプレートを活用する

プロのデザイナーに作ってもらった印刷物が、自分で作ったWordの資料よりもずっと読みやすくなります。それと同様に、ホームページもマーケティング観点を持ったプロのデザイナーにコンテンツを作ってもらったほうが、読みやすくなります。

自分で作るとなると、デザインセンス・マーケティング的観点の両方を持っていないといけないため、プロのように読みやすいデザインに仕上げるのは難しいのです。

世の中には、あらかじめ本文部分のデザインやレイアウトに配慮して作られたテンプレートがありますので、それををコピーして中身を書き換える方法なら、プロでなくても読みやすいデザインに仕上げられます。

自分でホームページのコンテンツを作る場合は、

  • 本文部分も考慮したテンプレートを使う
  • 本文部分のテンプレートが用意されているサービスを選ぶ

などの方法を検討するのがおすすめです。

どんなにおしゃれなデザインでも、中身を読んでもらえなければ反応につながらず、お客さまは増やせません。
「読んでもらえるホームページ」を目指して、デザインを検討してみてくださいね!

なお、【あきばれホームページ】では、文章を読みやすいホームページデザインを多数取り揃えていますので、ぜひご覧になってみてください。

  ▼「文章を読みやすい」おしゃれなホームページデザイン例
  http://www.akibare-hp.jp/form/design/

次回も引き続き、ホームページのデザインについて取り上げたいと思います。
テーマは「誘導(ナビゲーション)のためのデザイン」です。お楽しみに!

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

2代目経営者とインターネット

前回のメールレター送付後、たくさんお便りを頂きました。本当に有り 難うございました。紙面…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(4月24日現在)

  4月 5月 6月 7月
残り 3件 77件 80件 80件
4月は残り3件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。