あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

顔写真が反応アップの秘訣!

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2012年4月25日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 4 分

今回はホームページに掲載することで、反応アップにつながるポイント
の1つ

人物の「顔写真」

についてお話したいと思います。

最もアイキャッチが取れる

ホームページだけでなく、雑誌や新聞などでも共通していることですが、
最も人の目を引く効果があるのが

顔写真

を掲載すること。

通常、人は誰かに会ったとき、最初に目が行くのは相手の顔です。

これは、相手が敵か味方かを判断するために本能レベルで人間が備えて
いる習性だといわれています。

それゆえ、人の注目を集めたい多くの雑誌や広告などでも、顔写真がよ
く使われているのです。

風景やモノの写真より「人の顔」

この顔写真の効果をホームページでも積極的に活用しましょう。

ホームページでアクセス者の目を引きつけるためには、画像や写真の活
用が効果的なわけですが、どんな写真を利用すれば良いかというと

・風景写真やモノの写真よりも、「人の顔」の写真

が効果的です。

もちろん風景写真やモノの写真でも、文章ばかりのホームページよりは、
コンテンツを読み続けてもらえる可能性が高まります。

でも、ホームページを開いたときに、必ず見られる

・トップページの最初に目に入る箇所(ファーストビュー)

や、「ここは必ず読んでほしい」と思う

・重要な箇所

などに「顔写真」を掲載することで、目を引く効果がグッと上がるので
す。

顔写真で反応が倍増しました!

実際に弊社でも、先月行ったキャンペーンのページで顔写真を利用して
みたのですが、あらためてその効果の高さを実感しました。

先月行ったキャンペーンページ

当初、人物写真のないページを用意していたのですが、反応はイマイチ
でした。

そこで、上記ページのように、人物写真を冒頭に大きく掲載してみたと
ころ

・反応が倍以上

に改善したのです。

たしかに写真以外も少しは変更したのですが、最も大きく変更したのは

パッと目に入るように、ページ上部に担当者の顔写真を入れた

こと。

おそらく、この顔写真が反応を倍増させた決定打だったと思います。

今回のキャンペーンでは、あらためて顔写真の威力を認識し直した次第
です。

印象を左右する顔写真は表情が大切

ただもちろん、どんな顔写真でもよいというわけではありません。

暗そうに見えたり、コワそうに見えたりする写真はNG。

顔写真で重要なのは表情です。

親しみやすさを与え、親切そうに見える、明るい表情がベスト。

歯を見せて口角を上げて笑うと、明るく親しみやすい人柄に見えるので
おすすめです。

また服装や髪型にも気を配りましょう。

よれよれのシャツにボサボサの髪型の写真では、「この人、大丈夫かな?」
という気持ちにさせてしまいます。

服装や髪型ひとつで、アクセス者に与える印象がガラリと変わりますの
で、写真を撮る際は、信頼感を与える身だしなみを心がけてください。

実際に会ってみると真面目で明るい人だったとしても、写真から受ける
印象が不真面目そうだったり、暗そうだったりしたら、その時点でアク
セス者には選んでもらえませんので・・・。

写真はアクセス者に与える印象を左右する大きなポイントですから、で
きれば、プロに撮ってもらうことをおすすめします。

仕上がりが驚くほど違ってきますよ。(^o^)

ぜひ皆さんも「ホームページの反応がイマイチだな」とお悩みでしたら、
人物の顔写真を掲載してみてください。

弊社のように反応が倍増するかもしれませんよ。(^_^)/~

ただし、掲載する顔写真はベストなものを選んでくださいね。

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

Google「パンダアップデート」秒読み?!

本日は、ニュースレターでもご紹介しましたGoogleの大規模な検索エ ンジンのアップデー…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(8月20日現在)

  8月 9月 10月 11月
残り 10件 72件 80件 80件
8月は残り10件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。