経営者向けのメルマガ『経営塾』

成果につながる「事例紹介コンテンツ」を作ろう

ホームページで、「事例紹介」というコンテンツを目にしたことはないでしょうか?

「事例紹介」のコンテンツは、「事例」のある会社では、ほぼ用意されています。なぜ多くのホームページに用意されているのでしょう?

今回は、このホームページに用意することの多い「事例コンテンツ」について、用意するメリットや、コンテンツの質を上げる方法をご紹介します。

事例コンテンツのメリット

多くの企業ホームページで用意されている事例紹介のページ。

ありきたりだと思われるかもしれませんが、どこでも用意しているということは、効果のあるキラーコンテンツである証です。

そのメリットはどこにあるのでしょうか。メリットは主に3つあります。

(1)自薦ではなく他薦

ひとつめのメリットは、事例紹介が自薦ではなく他薦のコンテンツであるということです。

ホームページの内容や文章を考えるとき、どうしても製品を紹介する側は「この商品のよさはここです!」と売り込みになってしまいがちです。

そんななかで事例紹介は、お客様側からの視点で製品を語ることができます。そのため説得力があります。

(2)更新が続けやすい

ふたつめのメリットは、更新が続けやすいコンテンツだということです。

その製品が売れている限り、事例はずっと出続けますので、コンスタントに新しいコンテンツを作っていけます。

ホームページは作ったけど、一体何を更新していいかわからない、という方にはぴったりのコンテンツです。

(3)SEOにもなる

しっかり作りこまれた事例ページは、SEOのロングテール対策にもなります。

事例ページやインタビューには自然に、製品に関連するいろいろな言葉が含まれてきます。ニッチな言葉や業界独特の言葉などが含まれている場合もあります。

その積み重ねによって、ひとつひとつの検索数は少ないけれども、たくさんの言葉で検索結果にヒットさせることができます。

事例コンテンツの質を上げるには

事例紹介は、ただお客様の会社名や名前などが掲載されているだけではあまり効果はありません。

では、質を上げるにはどのような取り組みをすればよいでしょうか?ここでは2つの取り組みをご紹介します。

(1)事例に協力的なお客さまを見つける

質のよい事例コンテンツを作るには、お客さまの協力が不可欠です。

営業段階からある程度目星をつけておくとよいでしょう。

快く引き受けてもらえるような関係性を作っておくことや、製品の品質を上げることも大切です。

(2)インタビューする

質の高い事例コンテンツを作るには、お客さまへのインタビューやヒアリングが必要です。

メールや書面でもらったものをそのまま掲載するより、ヒアリングした内容を書き起こすほうが、より知りたい内容が書かれた事例コンテンツになります。

お客様に聞き取る項目を決めておき、あらかじめ考えてもらってからインタビューすると、話を引き出しやすいので試してみて下さい。

<項目の一例>

  • 導入の背景
  • 選定の決め手
  • 導入後の効果
  • 今後期待すること

事例コンテンツは、営業プロセスのどの段階にいるお客さまにも高い関心をもってもらえるコンテンツです。

質の高いものを継続的に作っていくことで、必ず効果が出てきますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

ページの一番上へ

無料ガイドブック

経営塾

ホームページ作成入門
ホームページ改善
コンテンツ作成ポイント
コンテンツの考え方
反応アップ文章術
デザインテクニック
更新テクニック
ホームページ集客術
アクセスアップ入門
SEOノウハウ
SEO事例集
メルマガ活用ノウハウ
ソーシャル活用
インターネットのトレンド情報
検索エンジンニュース
経営ノウハウのポイント
年度別バックナンバー
無料ガイドブック
初心者むけビジネス用ホームページ作成支援サービスの詳細はこちら