経営者向けのメルマガ『経営塾』

ユーザー第一! SEOを意識した記事の構成法とは?

あなたがSEO対策に取り組んで作成した記事は、検索上位に表示されていますか? キーワードを設定して、ユーザーに響く文章を書いているつもりでも順位を上げるのはなかなか難しいですよね。

SEOを意識した記事の作成では、事前に記事構成の組み立てをしっかり練ってから作成することが大切です。

Googleの評価基準とお客さんのニーズを理解したうえで、しっかりと文章全体を構成していきましょう。今回は記事の構成について解説します。

ユーザーのために記事を書く

Googleの検索結果で上位に表示させるためには、SEOに強い記事を書かなくてはなりません。Googleが掲載している「Googleが掲げる10の事実」では、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」とあり、ユーザーの利便性をもっとも重要視していることがわかります。

 ▼Googleが掲げる10の事実
 https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=JA

つまり、あなたは、ユーザーに役立つ情報をわかりやすく、見やすく書いた記事を作成する必要があるのです。

記事の構成はユーザーにわかりやすさが大切

ですから記事を書く前に伝えたい内容をわかりやすく伝えるために構成を練ることは、必須なのです。

検索結果の上位で表示させるには、キーワードを検索したユーザーの悩みや課題を解決させる内容が望ましいでしょう。ユーザーの悩みを理解して、わかりやすく文章にまとめることが大切です。

記事を書く前にすべきこと

記事を作成する前に、設定したキーワードから、ターゲットとなるユーザーが検索を行っている動機や、どのような人物なのか理解を深めていきます。

*「どんなニーズに」(検索意図を把握する)
*「何を伝えるか」(検索意図を満たす内容を決める)

これらを理解して、記事の内容を決定しましょう。

記事全体の構成の流れ

次に打ち出すテーマを洗い出し、作成する記事で盛り込む内容を考えます。そして記事に書く内容が決まったら構成を練りましょう。

タイトル

タイトル次第で、記事の集客力は大きく変わります。しかし、タイトルと記事内容に不一致ではユーザーの満足度を大きく下げてしまいます。

前書き(リード文)

本文の前に記事の伝えたい内容の全体像を述べて、この記事を読むとどんなことが解決できるのか伝えて読み手の興味を引きつけます。

本文

本文の構成を始めるにあたっては見出しを決めていきましょう。
見出しとはコンテンツのブロックごとに付けるタイトルのようなものです。
ホームページのコンテンツでは、内容にもよりますが3~5つ程度の見出しをつけると読みやすくなります。

見出しには重要な役割が2つあります。
ひとつ目はユーザーに対し、そのブロックで何が書かれているのか、
ひと目で認識してもらうこと。もうひとつはGoogleの検索エンジンに対して、記事内容を認識させる役割があります。
見出しの下にさらに小見出しを付けると、読みやすさもアップします。

結論→理由→具体例→結論の順番で話を展開すると説得力あるわかりや
すい文章を作成することができます。

まとめ文章

最後にこれまで述べてきた内容についてまとめて、最初の導入文で述べたことを納得させます。さらにユーザーが次に取るべき行動が分かるように書くと効果的です。

まとめ

さて今回はSEO対策を意識した記事の構成について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

大切なのは書く前に準備です。ユーザーにとって役に立つ内容をわかりやすく伝えるためには、あらかじめ伝えたい内容を見出しにして、構成をしっかり練ることが大切です。

下記のページでは、さらに文章作成ポイントもご紹介していますので、ぜひご参考にしてくださいね。

▼これであなたも書ける!コンテンツの文章作成ポイント
https://www.akibare-hp.jp/kouza/hp_contentswritings-make/

ページの一番上へ

初めてホームページ作成する方へ

初めての方へ

初めてのホームページを作成する際に失敗しない勘所をご紹介。自作であれ、制作会社に依頼する場合であれ、ここだけは押さえて欲しいポイントをまとめました。

低コストでHP作成したい方へ

低コストでHP作成をしたい

ホームページを作成予定の方に、低料金でホームページを作る方法をご説明します。なるべく低料金でホームページ作成をしたい方は、ぜひご覧ください。

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。