あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

これであなたも書ける!コンテンツの文章作成ポイント

  • ホームページ
  • ホームページの作り方
これであなたも書ける!コンテンツの文章作成ポイント

「集客したから、ホームページにコンテンツを増やたい」
「でも文章を書くのは苦手・・・どう書いていいか分からない」
「文章作成のポイントとかないかな」

ホームページを制作し、これから実際に運用していこうと考えている方で、どうやって文章を作成していこうかと悩んでいる方も多いはず。

これまでにコンテンツ作成のために文章を書いてきた方であれば問題ありませんが、自社のリソースの問題で未経験から始める方も多くいらっしゃいます。
しかし、コンテンツの文章作成のポイントを知らずにやり始めてしまうと、

「やり方がわからない→とりあえずやってみるけど、わからないからホームページの数字が伸びない→数字が伸びないからやる気が出ない」

という負のループにハマってしまいます。

その負のループを解決するために、まずはコンテンツの文章作成のポイントを抑えておきましょう。

コンテンツの文章作成のポイントを知っておくだけで、ユーザーに読まれるコンテンツを増やすことができ、ホームページの数字も伸びていきます。

今回の記事では、コンテンツの文章作成のポイントについてご紹介します。

ホームページにおけるコンテンツ作成の必要性

ホームページにおけるコンテンツ作成の必要

ホームページにコンテンツ作成が必要な理由は、悩んでいるユーザーに対して解決法を提供してあげることが必要だからです。

ユーザーが検索エンジンで検索する理由は、「自分の悩みを解決したい」から検索を行います。

例えば、「新宿駅東口 カフェ」と検索する人は、「新宿駅東口付近でカフェを見つけたい」という悩みを解決するために検索しています。

お客さんになり得る人が、抱えている悩みを解決するためのコンテンツを作成することで、自社サービスへつなげることができます。

スマホで読むユーザーの特徴を理解する

スマホで読むユーザーの特徴を理解する

コンテンツ作成の必要性を理解したところで、次にスマホで読むユーザーの特徴を紹介します。

スマホで読むユーザーの特徴は、「ながら読み」をすることです。

検索エンジンやSNSで情報収集するときは、スマホが圧倒的に多くなっています。
また、情報収集をするシチュエーションとしては、電車で移動しながら、カフェで食事を食べながらといったシチュエーションが見られます。

そのため、ホームページの文章をしっかりと読み込まないことが多く、最初に伝えることを書く必要があります。
簡潔に内容を理解してもらえるように、結論から書いていきましょう。

結論から書かれていない場合、必要な情報にすぐにアクセスできないと思われ、ホームページを離脱してしまいます。
せっかく興味のあるユーザーにホームページを訪問してもらえるコンテンツを提供しているのに、ユーザーの特徴を理解せずに文章を書いてしまうと、とてももったいないことをしています。

スマホで読むユーザーの特徴を捉え、読んでもらえるように文章を作成しましょう。

コンテンツ作成の文章作成の流れを押さえる

コンテンツ作成の文章作成の流れを押さえる

スマホで読むユーザーの特徴を理解したところで、次にコンテンツの文章作成の流れを見ていきましょう。

文章の形としては、以下のようになります。

1.結論、ポイント
2.理由
3.具体例
4.結論

スマホで読むユーザーは、ながら読みが多いため、まず最初に結論や伝えたいポイントを書きます。
次に、結論に対しての理由を伝えます。理由を伝えるために、具体例を出して説明します。
具体例まで挙げて説明したところで、最後にもう一度結論を述べることで、最初に説明した結論をより理解してもらうことができます。

では実際にこの文章の形に、今回の記事をあてはめてみます。

例)
結論、ポイント:ウェブライティングは結論から書く
理由:スマホユーザーはながら読みが多いから
具体例:例えば、移動中やカフェで記事を読むから
結論:だから、ウェブライティングでは結論から書きましょう

実際に当てはめてみると、このような形になります。

ホームページのコンテンツの文章作成の流れを説明しました。
まずは、コンテンツの内容を形に当てはめてみて文章の下書きを行いましょう。

ホームページのコンテンツで読みにくい文章の特徴

ホームページのコンテンツで読みにくい文章の特徴

ウェブの文章で読まれるための記事の形を紹介しましたが、反対に読みにくい文章の特徴はどのようなものでしょうか。

読みにくい文章の特徴は3つあります。

1.結論が書かれていない
2.文章が長い
3.見出しを見ただけで内容がわからない

それぞれを見ていきましょう。

1.結論が書かれていない

読みにくい記事の文章でよく見かけるのが、「結論が先に書かれていない」ことです。

スマホで検索するユーザーは、最初に結論が書かれていないとホームページから離脱してしまいます。

小説などの文章では、「起承転結」が文章の基本として求められますが、ホームページのコンテンツの文章作成では、結論から書いていきましょう。

2.文章が長い

2.文章が長い

スマホでホームページの文章を見たときに、一文が長いと画面が黒で埋まってしまうので、ユーザーは文章を読む気が失せてしまいます。
なので、ホームページのコンテンツの文章は一文30文字程度にしましょう。

また、改行を行うことで余白を作ることができ、見やすい文章になります。
パソコンでコンテンツの文章を作成した後、スマホで確認して見やすさを確認することが重要です。

ホームページのコンテンツの文章作成では、こちら側が伝えたいことを伝えるのではなく、あくまでユーザーが求めている情報を書きましょう。

3.見出しを見ただけで内容がわからない

スマホユーザーはながら読みすることが多いので、すべての文章を読んでいるわけではありません。
なので、文章の見出しを先に確認して、興味がある場合に文章を読み進めていきます。

そのため、見出しを見ただけで内容がわかるようにする必要があります。

今回の記事では、見出しだけを見て記事の内容がわかるようにしています。

・ホームページにおけるコンテンツ作成の必要性

・スマホで読むユーザーの特徴を理解する

・コンテンツ作成の文章作成の流れを抑える

・ホームページのコンテンツで読みにくい文章の特徴
 1.結論が書かれていない
 2.文章が長い
 3.見出しを見ただけで内容がわからない

・コンテンツの文章作成のポイントまとめ

このように、見出しだけで内容を理解してもらえるように文章を書き、本文を読んでもらえるように工夫しましょう。

コンテンツの文章作成のポイントまとめ

コンテンツの文章作成のポイントまとめ

今回の記事では、コンテンツの文章作成のポイントについてご紹介しました。

・ホームページにおけるコンテンツ作成の必要性
・スマホで読むユーザーの特徴を理解する
・コンテンツ作成の文章作成の流れを抑える
・ホームページのコンテンツで読みにくい文章の特徴

ホームページでコンテンツを充実させていくには、文章作成のスキルが必要になってきます。

文章作成が未経験の方でも、この文章作成のポイントを抑えることで、ユーザーに読まれるコンテンツを増やすことができます。
ユーザーに読まれるコンテンツを増やすことができれば、ホームページの数字を伸ばしていくことができます。

今回の記事でご紹介した文章作成のポイントを抑えて、コンテンツを増やして、集客へつなげていきましょう。

知識ゼロから使える、上位表示を目指せるテクニックが満載!

SEOの基本ガイドブック

【無料プレゼント】すぐ実践!SEOの基本をマスター
お金をかけずに、自分でSEO対策をしたい方へ

「ホームページがなかなか上に表示されない」
「そもそもSEOって何?」
「もっとアクセスを増やしたいけど、どうしていいか分からない」
などSEOの疑問やお悩みをスッキリ解決できるガイドブックです。

※HPの活用方法の最新情報をメールでお届けします。

10分で読める、身につく! ホームページ作成&活用術が、毎週届く!
8500社超の制作実績から生まれたノウハウが手に入るメールマガジンです。

ネット集客がみるみる分かる『経営塾』登録
無料

集客力のあるホームページデザイン

当社のホームページでは、集客力のあるホームページを作るために【ページ下部のデザイン】にもこだわったデザインを豊富にご用意しています。 プロが作成したデザインをテンプレート化し、ページ全体のデザインにこだわっておりますので、集客力のあるホームページデザインとなっております。

以下のページで、「集客力のあるホームページデザイン」を使って作成したホームページをいくつかご紹介しております。ぜひご確認ください。

集客力のあるホームページデザイン