選択科目 HPコンテンツ

ホームページの誘導強化で問合せを増やす

ホームページの誘導強化で問合せを増やす

「検索エンジンで上位表示されているのに、お問合せが増えない」
「アクセスは増えてきたのに、お問合せにつながらない」

このような悩みをお持ちの方は少なくありません。

ホームページの改善は、

  • アクセス数アップ
  • 反応率アップ

の2つを中心に行なっていきますが、この悩みの原因は「反応率アップ」にあります。

そこで今回は、ホームページの反応率アップ、すなわち「お問合せ」「無料相談」を増やすための一工夫について、お話しします。

反応率をアップするには、「お問合せ」「無料相談」ページへの誘導をしっかり行う必要があります。

まず誘導先の「お問合せ」ページを改善したうえで、トップページはもちろん、個別の記事やサイドメニューなど、いたるところに、お問合せページヘの誘導を設置しましょう。

1)お問合せページの改善

まず、誘導先となるお問合せページの内容を改善します。

  • 「●●、●●のお悩み、ご相談等、お気軽にどうぞ。」といった文書を入れる。
  • 笑顔の写真を掲載。
  • 受付可能時間を明記。

また、ただ「何でも相談してください」とだけ言っても、具体的な相談内容がイメージできていないアクセス者は、何を相談してよいかわからず、相談を躊躇してしまいます。

そこで、よくある相談例を掲載しておくと、相談してもらいやすくなります。

具体的には、弊社のお問合せページの「よくあるご質問・ご相談例」を参考にしてみてください。

2)トップページコンテンツの改善

もっともアクセス者が多いトップページに、「お問合せ」「無料相談」の記事を設置します。

  • お客さんの相談に乗っている(ように見える)写真を掲載。
  • 「無料」の文字は赤字。
  • 電話番号と受付時間を明記。

3)各ページに誘導リンクを挿入

その他、各ページの記事に「○○○に関する無料相談受付中。詳しくはここをクリック!」といった文字の誘導リンクを入れる。

いかがでしたでしょうか。

今回は、お問合せを増やすための一工夫についてお話ししました。

なお、「お問合せ」よりも「無料相談」とした方が反応率が高くなる傾向がありますので、もし可能であれば「無料相談」にすることをおすすめします。

アクセスがあるのにお問合せが増えないという方は、今回のポイントを参考にホームページを改善してみてくださいね。

関連記事

選択科目

HPの基礎知識
SEO対策
SEOのよくある質問
HPコンテンツ
SNS入門
マーケティング
広告
分析・運用
無料ガイドブック