選択講座 HPコンテンツ

ChatGPT(AI)を使ってホームページの記事を作成する方法とそのメリット

ホームページの運営において、魅力的なコンテンツを提供することは重要な施策です。しかし、記事作成には時間と労力がかかるものですよね。文章を書くことが苦手でなかなかコンテンツを作成できない、と悩まれている方も少なくありません。

そんな方に、ぜひ活用していただきたいのが対話型AIチャットサービスです。
その代表格であるChatGPT(チャットジーピーティー)が、2022年11月にアメリカで公開されると、僅か2カ月で利用者数が1億人を突破したニュースは記憶に新しいのではないでしょうか。

ChatGPTは、人工知能(AI)の一種であり、言語理解や文章生成の能力に優れています。
アイデアの出し方や文章の作成、さらにはSEO対策の支援まで、さまざまな場面であなたを助けてくれるはずです。

この記事では、Web初心者の方でも簡単に、しかも無料で使えるChatGPTを活用して、ホームページの記事作成を効率化する方法とそのメリットや注意点についてわかりやすく解説します。

それでは、ChatGPTを使ってホームページの記事作成を効率化していきましょう。

ChatGPTとは?

本題に入る前に、ChatGPTについて簡単に解説しておきます。既にChatGPTを活用している方もいらっしゃると思いますが、ひとまずご一緒に復習しておきましょう。

ChatGPTは、OpenAI社が2022年11月30日に公開したAI対話型のサービスであり、基本的に無料でだれでも利用可能。日本語にも対応しています。GPTとは「Generative Pre-trained Transformer」の略称で、言語理解と文章生成で優れた能力を発揮します。

誰でも無料で自然な文章を作成できる!

ChatGPTは膨大なデータを学習しているため、自然な文章を生成することが可能です。また対話形式でのコミュニケーションを得意とし、まるで人と会話するようにユーザーとやり取りできます。多様な文書の生成や複雑な質問への回答が可能であり、ホームページの記事作成において非常に役立つツールとなっています。

次章では、具体的なChatGPTの活用方法について詳しく探っていきます。ホームページの記事作成を効率化させるために、どのようにChatGPTを活用できるか解説します。

記事コンテンツの作成でのChatGPT活用方法

ChatGPTは、ホームページの記事作成においてさまざまな場面で活用することができます。本章では、その具体的な応用方法を紹介します。これらは専門知識を要することなく、使用できますので、どなたでも参考になるでしょう。

1)アイデアの生成や発想を広げるサポート

ChatGPTは、アイデアを考えたり、発想を広げる際に大変便利なツールです。書こうとする内容が漠然としていて何を書いたら良いか迷った時や、あるいはこれまでにない記事を書きたいと思う時に、ChatGPTに質問や提示をしてみましょう。

自身にはない新鮮な視点で、関連するキーワードを提案してくれることで、記事の内容や構成をより魅力的にすることができるかもしれません。

例:記事の内容を提案して欲しい場合

[ユーザーの質問]

夏野菜を使った健康的なレシピを紹介する記事を作成したいと思います。アイデアを3つ提案してください。

[ChatGPTの回答]

夏野菜を使った健康的なレシピの記事を作成する際のアイデアを3つ提案します。

  1. 「夏のグリル野菜レシピ特集」: 夏野菜をグリルして美味しく調理するアイデアを紹介する記事です。トマト、ズッキーニ、パプリカなどの野菜をグリルすることで、香ばしさと甘みを引き出し、爽やかなサラダや炒め物、パスタのレシピを紹介します。
  2. 「さっぱり夏野菜の冷たいスープレシピ集」: 暑い夏にぴったりの冷たいスープレシピを紹介する記事です。トマト、キュウリ、アボカドなどの夏野菜を使った冷製スープやガスパチョなど、さっぱりとした味わいで栄養豊富なレシピを提案します。
  3. 「夏野菜で楽しむヘルシーサラダレシピ集」: 夏野菜を使ったヘルシーなサラダレシピを紹介する記事です。シーズンに豊富に入手できる野菜を活用し、カラフルで栄養満点のサラダのアイデアを提案します。例えば、キャベツやきゅうりを使ったアジア風のサラダや、トマトとバジルを組み合わせた夏らしいカプレーゼサラダなどがあります。

これらのアイデアを活用して、夏野菜を使った健康的で美味しいレシピを紹介する記事を作成してみてください。読者に夏の季節を感じさせる料理の魅力や栄養価を伝えることができます。

この例から分かるように、ユーザーはChatGPTに対してさまざまな提案を求めることができます。ひとりの脳内ではなかなか思い浮かばないテーマもChatGPTに尋ねることで、複数人でやるようなブレインストーミングをすることができます。

2)リサーチの効率化と情報収集支援

記事作成にはリサーチが欠かせませんが、必要な情報を見つけるのに時間がかかることもあります。ChatGPTは、関連する情報やデータを迅速に提供してくれます。例えば、特定のトピックに関する最新の統計データや事実、引用文献などを求める際に、ChatGPTに質問を投げかけることで、効率的に情報を収集できます。

例:専門的な情報の提供

[ユーザーの質問]

日本において土器が製造されるようになった時代について記事を作成したいと思います。関連する情報を教えてください。

[ChatGPTの回答]

日本において土器が製造されるようになったのは、縄文時代の早い時期からです。縄文時代は約1万年前から約2,300年前までの時代で、その間には複数の時期が存在します。

縄文時代の初期には、土器が現れる前の時期もありました。しかし、約1万年前から約8,000年前頃になると、土器の製造が始まりました。この時期の土器は、素朴な形状や模様が特徴であり、手捏ね(てねずり)と呼ばれる手法で作られていました。
(中略)
以上が、日本における土器の製造が始まった時期と関連する情報です。記事作成にお役立ていただければ幸いです。


ChatGPTは膨大なデータに基づいて学習しているため、迅速かつ正確な情報を提供することができます。これにより、記事作成におけるリサーチの時間と労力を節約しながら、信頼のおける情報を収集することができます。

ただし、現在のChatGPT(GPT-3.5)には、2021年9月頃のデータまでしか搭載されていません。そのため、2022年以降のデータや調査結果、専門的な情報は、必要な回答が得られないので注意が必要です。

3)文章の生成と編集支援

ChatGPTは、自然な文章生成において強力な能力を持っています。ユーザーが与えた情報に基づいて、適切な文章を生成してくれます。

記事の段落や見出し、引用や要約の作成などに活用できます。また、既存の文章を修正・改善するための編集支援も行えます。文章の流れや表現の工夫に関するアドバイスを受けることで、より魅力的で読みやすい記事を作成することができます。

記事の見出しの作成

ChatGPTに対して特定のトピックや情報を提供し、記事の見出しの作成を依頼することができます。また、指定した見出しの文章を作成したい場合、与えられた情報に基づいて自然な文章を生成してもらうこともできます。

引用や要約の作成

ChatGPTには、与えられたテキストや情報を要約する能力もあります。長い記事や複雑な文書の要点を把握し、要約を作成することで、読者にとって情報をより簡潔に伝えることができます。

また、
「ジャイアントパンダとレッサーパンダを表を用いて比較してください」
と指示を出せば、一瞬にして下のような両者の比較を表で提示することもできます。

文章の改善と編集支援

既存の文章をChatGPTに提供することで、文体や表現の改善のためのアドバイスを受けることができます。例えば、子どもでも理解できるように容易なフレーズの置き換えや、文の構造の改善、冗長な表現の簡素化などについての提案をもらうことができます。これにより、記事の品質や読みやすさを向上させることができます。

スペルや文法のチェック

ChatGPTは英語などスペルや文法のチェックにも役立ちます。文章の間違いや誤字、文法上の問題を指摘してくれるため、正確性と品質の向上に役立ちます。
日本語の漢字の誤字も指摘できます。ただし、その正確性は常に人の目で確認することが必要です。

4)SEO対策のキーワードの選定支援

ChatGPTは、SEO(検索エンジン最適化)にも役立ちます。特定のキーワードやフレーズの使用方法や適切なタイトル、などについてのアドバイスを提供してくれます。これにより、検索エンジンでの可視性を高め、より多くの人々に記事を届けることができます。

ただし、リアルタイムのデータを提供することはできないので、最新の検索ボリュームなどについて教えてもらうことはできません。キーワードの競争度や検索ボリュームは、Google Keyword Plannerなどのツールを使用しましょう。

キーワードの提案

ChatGPTに対して、特定のトピックや業界に関連するキーワードを尋ねることができます。ChatGPTは関連するキーワードのリストを生成し、人気のあるキーワードや関連キーワードの提案を行うことができます。これにより、記事の内容と関連性の高いキーワードを選ぶ際の手助けになります。

キーワードの配置と使用方法のアドバイス

ChatGPTに特定のキーワードを提供すると、そのキーワードを効果的に記事に配置するためのアドバイスを受けることができます。ChatGPTは、キーワードの使用方法や密度、タイトルや見出しの適切な配置などについての提案を行います。

これにより、記事のSEO的な最適化と検索エンジンでのランキング向上を目指すことができます。ただし、最終的なキーワードの選定やSEO戦略の決定は、人間が総合的に考慮する必要があります。

次章では、ChatGPTの活用上の注意点について詳しく掘り下げます。

ChatGPTの活用上の注意点

既にお気付きの通り、ChatGPTを活用する際には、以下の注意点に留意することが重要です。ChatGPTに頼り切って文章を作成すると、誤った情報を堂々と公開してしまって信頼を失うことにもなりかねません。

情報の正確性は必ず確認する!

ChatGPTは大量のデータを学習しているため、一般的な情報や一般的な意見を提供することができます。しかし、常に正確性を保証するわけではありません。特に法律、医療、財務など専門的な領域に関する情報は、追加の確認や専門家の意見を求めることが重要です。

また先に述べた通り、現在のChatGPT(GPT-3.5)には、2021年9月頃のデータまでしか搭載されていません。最近、活躍している人物について尋ねたりすると、いかにもそれらしい誤った回答を生成してしまいます。

的確な指示が必要!

ChatGPTは与えられたプロンプトに基づいて応答を生成します。
プロンプトというのはあまり聞き慣れない言葉ですが、ひと言でいえば、ChatGPTが応答を生成するための指示文のことです。

この指示は明確で適切なものであることが重要であり、必要に応じて追加の情報を提供することで、より具体的で有益な回答を得ることができます。あなたの想いや詳細なニュアンスまでは伝えきれないので、やはり人による確認は必須です。

文脈の理解には限界がある!

ChatGPTは入力された文章をもとに応答を生成しますが、文脈の理解には限界があります。長い会話や複雑な文脈に対しては、一貫性や正確性に誤差が生じる可能性があるため、適度な文の長さや明確な質問が推奨されます。

不自然な文章が作成される可能性もある!

ChatGPTが生成した文章は必ずしも完璧ではなく、時には矛盾した情報や不自然な表現が含まれることがあります。利用者は、生成された文章を慎重に検討し、必要に応じて編集や修正を行うことが重要です。

情報漏洩の恐れがある!

ChatGPTを使用する際には、情報漏洩のリスクに注意する必要があります。ChatGPTに入力された情報は、学習データとして使用され、ChatGPTが他のユーザーの質問に回答する際に利用される可能性があります。

そのため、一部の企業では、情報漏洩を防ぐために従業員のChatGPTの使用を制限しています。OpenAIでは「OpenAI Data Opt Out Request」という専用フォームを提供しており、学習データとして使用されたくない情報について情報提供から除外する申請が可能です。

ChatGPTを活用する際には、情報漏洩のリスクを認識し、外部に知られてはならない情報は入力しないように注意しましょう。

ChatGPTを活用して記事作成するには、以上の注意点に留意しながら利用しなければなりません。ただし、ChatGPTの回答を鵜呑みにせず、人間による適切な判断を行うようにしましょう。

あなたのビジネスを強力サポート!
ChatGPTを使ったホームページ記事作成の効果とメリット

ChatGPTを使ってホームページの記事作成を行うことには、あなたのビジネスにさまざまなメリットをもたらします。まとめると以下のような効果とメリットがあります。

時間を節約できる!

ChatGPTは高度な自然言語処理技術を活用しており、短時間で大量の文章を生成することが可能です。人がイチから作成すると何十分もかかる作業もChatGPTなら何秒かで終えられます。手作業で記事を作成する時間や労力を大幅に削減することができます。

アイデアが広がる!

ChatGPTは幅広いトピックや情報を学習しているため、個人では難しい幅広いアイデアや視点を提供してくれます。ユーザーはChatGPTを活用することで、より多彩なコンテンツを作成し読者に提供することができます。

コンテンツの質を向上させられる!

ChatGPTは文章生成において一定の品質を保つことができます。文章の文法や構造、表現力に優れており、一貫性のあるコンテンツを作成することができます。

SEO

強化が期待できる!

ChatGPTはキーワードやコンテンツの関連性を考慮して文章を生成するため、SEO対策にも役立ちます。適切なキーワードの使用や情報の充実によって、ホームページの検索エンジンランキングを向上させることが期待できます。

要望に応じて柔軟に編集してくれる!

ChatGPTは文章生成だけでなく、編集支援も行うことができます。ユーザーはChatGPTが生成した文章を編集し、より適切な表現や文章を作り出すことができます。

契約や売上の向上が期待できる!

魅力的なコンテンツは顧客の興味を引き、契約や売上を向上させる効果があります。ChatGPTを活用してより魅力的で情報価値の高い記事を作成することで、顧客との関係を深めることができます。

ChatGPTはあくまでツールであり、人間の編集や判断が必要です。生成された文章の正確性や適切性を確認し、必要に応じて修正や補足を行うことが重要です。

ホームページの記事作成においては、これらの利点を最大限に活用し、より効率的で魅力的なコンテンツを提供していきましょう。

【まとめ】ChatGPT(AI)を使ってホームページの記事を作成する方法とそのメリット

今回はChatGPT(AI)を使ってホームページの記事を作成する方法や注意点、メリットについて解説しました。

ChatGPTを使ってホームページの記事を作成すると、たくさんのメリットがあります。作業の効率化による時間の節約、新しいアイデアも得られ、記事のクオリティも上げられます。さらに、検索エンジンの順位にも繋がるかもしれません。

ただし、ChatGPTを使用するうえでは、その限界を知っておく必要があります。人間が適切な指示を出すこと、ChatGPTの情報が正しいかどうかを確かめることは必須です。また情報漏洩にも十分気をつけなければなりません。

まずはChatGPTを使ってホームページの記事を作成し、魅力的なコンテンツを作成していきましょう。

ホームページ作成 おすすめコンテンツ

次の記事
前の記事
ホームページ作成資料無料進呈

ホームページ作成資料無料進呈

ホームページ作成をご検討中の方むけに「無料の入門書」をプレゼントしています。専門用語を使わずに、経営者の言葉でホームページ活用のポイントをお話ししていますので、興味のある方はぜひご一読ください。

資料請求

資料請求

当社サービスの資料を無料でお届けいたします。

お問合せ・ご相談はこちら
キャンペーンバナー

選択講座

HPの基礎知識(34)
SEO対策(36)
SEOのよくある質問(40)
HPコンテンツ(45)
SNS入門(17)
マーケティング(14)
広告(5)
分析・運用(10)

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF
集客できるホームページの作り方

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。