「ターゲット」よりも効果的な「ペルソナ」マーケティング(その2) - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

HPを使ったWEB集客が分かる!経営者向けのメールマガジン『経営塾』

「ターゲット」よりも効果的な「ペルソナ」マーケティング(その2)

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

経営塾バックナンバー: 2018年11月27日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 3 分

前回は、「ペルソナ」と「ターゲット」の違いについてお話しました。

「ペルソナ」を設定しておくと、自社商品やサービスを世の中に発信していく時に、色々なメリットが生まれます。

2回目の今回は、ホームページ作成にあたってもペルソナを設定する4つのメリットをご紹介しましょう。

  1. お客様のニーズを理解できる
  2. お客様目線で判断できる
  3. 社内で共有しやすい
  4. 質の良い見込み客を獲得できる

「ペルソナ」を設定する4つのメリット

1.お客様のニーズを理解できる

「ペルソナ」は、年齢・性・職業等だけではなく、性格や価値観、行動特性など、よりパーソナルな人物像を整理するので、現在の顧客や見込み客のことを、一層理解できるようになります。

2.お客様目線で判断ができる

提供する側の思いやエゴでは無く、お客様が求めている商品やサービス像がわかるようになり、お客様が「欲しい」と思っている最適のものを提供できます。

3.社内で共有しやすい

ペルソナが決まると、社内で理想の顧客イメージを簡単に共有できます。社内での意識にズレがなくなり、意識合わせの時間も省けるので、業務の効率も上がりますよ(^^)。

4. 質の良い見込み客を獲得できる

狙いたい対象人物を具体化するので、良質な見込み客を効率良く獲得でき、お得意様の囲い込みも容易となります。

「ペルソナ」の設定で、一貫した情報提供ができる

このように、自社で設定した「ペルソナ」を意識すると、提供する情報にブレが無くなります。

社内で同じ「ペルソナ」を共有しているので、例えばホームページを作る担当者と、イベントを担当するスタッフが違っても、異なる情報を発信することが無くなります。

また、下記のような、あらゆる企業活動の場において、統一情報を共有できることになります。

  • ホームページ作成時
  • SNSや各種メディアでの情報発信の場
  • セミナーや展示会の内容を決める時
  • 営業トークの場で
  • 検索キーワード選びの時に

など

「ペルソナ」の設定で、消費者行動に合わせたアプローチもわかる

消費者が物を購入する行動は、商品を見て⇒興味がわき⇒ほかのものと比較・検討して⇒実際に購入⇒感想をシェアするという、「購買行動プロセス」で整理できるという考え方があります。

このプロセスを、「AISASモデル(消費者行動モデル)」と言います。

実は「ペルソナ」を設定しておくと、この購買行動プロセスの各場面(商品を見た時や、興味がわいた時という各場面)において、最適なアプローチ方法も簡単に判断できるようになります。

次回はこの、「ペルソナ」と「AISASモデル(消費者行動モデル)」についてご紹介しましょう。ぜひお楽しみに。

お客さまを増やせるデザインサンプル

初心者むけHP作成サービス【あきばれホームページ】では、お客さまを増やせるデザインに力を入れています。

以下のページで、「お客さまを増やせるデザインサンプル」をいくつかご紹介しております。ぜひご確認ください。

部品型CMS【Buddy】というツールを利用していますので、ページの下の方もビジネスらしい、信頼感のあるデザインのホームページが作成可能です。

お客さまを増やせるデザインサンプル

10分で読める、身につく! ホームページ作成&活用術が、毎週届く!
8500社超の制作実績から生まれたノウハウが手に入るメールマガジンです。

ネット集客がみるみる分かる『経営塾』登録
無料

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

ホームページのアクセス数を増やすいろいろな方法

今回は「ホームページのアクセス数を増やすいろいろな方法」について解説します。 アクセス数…続きを読む

ページの一番上へ

サイト内のページを検索