経営者向けのメルマガ『経営塾』

SEOの重要指標、被リンク数が調べられなくなりました!

正式なアナウンスはまだないのですが、Yahoo!の検索結果がGoogleにほ
ぼ完全移行したようです。

Yahoo!がGoogleに変わると、検索結果にGoogleの検索結果が表示される
わけですが、それ以外にもいくつか変更点があります。

その中で、我々がSEOをする際に一番影響を受けるのは、

・サイトの「被リンク数」が調べられなくなった

という点だと思います。

サイトの被リンク数を調べるには?

サイトへの「被リンク数」を調べるために一般的なのは、

「linkコマンド」

です。

「被リンク数」とは、あなたのサイトがどれくらいリンクをもらってい
るか、という数値で、この数値が大きいほど、上位表示されやすくなり
ます。

具体的な調査方法としては、Googleやyahooの検索窓に、このように入
力します。

link:http://www.blogdehp.jp

上記は弊社サイトの被リンク数を調べる例ですが、最後のURLの所は、
ご自身の調べたいサイトのURLを入力して下さい。

なお、上記の例は「トップページ」への被リンク数ですが、個別ページ
の被リンク数を調べるときは、その個別ページのURLを指定します。

link:http://www.blogdehp.jp

→ http://www.blogdehp.jp への被リンク数

link:

が表示されます。

Googleはきちんと表示されない

さて、この「linkコマンド」ですが、Googleではきちんとした数字が出
ません。

Googleは内部で管理している被リンク数を加工して、その一部しかlink
コマンドの結果として表示してくれないため、ほとんどlinkコマンドが
役に立たないのです。

一方、Google移行前のYahoo!は、ほぼ正しい被リンク数を返してくれて
いました。

そこでSEOの調査を行う場合、Googleではなく、Yahoo!で被リンク数
を調べるのが定番だったのです。

ところがYahoo!がGoogleに移行して、Yahoo!のlinkコマンドの結果が、
Googleと同じになってしまいました。

結果的に、GoogleでもYahoo!でも、ともにlinkコマンドを使った被リン
ク数の調査ができなくなってしまったのです。

米国Yahoo!を使う

そこで代わりに、

米国Yahoo!(http://www.yahoo.com )を使う

という方法を今日はご紹介します。

米国Yahoo!(http://www.yahoo.com )にアクセスして、検索窓に

link:

を入力して、「Web Search」ボタンをクリックします。

すると、

inlinks(399,983)

と表示されますが、この「399,983」が被リンク数です。

同じことを、Yahoo!ジャパン(http://www.yahoo.co.jp)で実行すると、

~で検索した結果 1~10件目 / 約1,700件

と表示されて、「1,700」がYahoo!ジャパンが認識している被リンク数
とわかります。

ずいぶんと差がありますが、これはYahoo!ジャパンがGoogleの検索結果
を返しているからなのです。

一方、米国Yahoo!は、将来BINGに移行する予定ですが、現在はまだ
Yahoo!が保有する被リンク数をそのまま返してくれます。

という訳で、米国Yahoo!(http://www.yahoo.com )を使えば、今でも
被リンク数をきちんと把握することができるのです。

被リンク数を調べたい人は、当面は、この米国Yahoo!のサイトを使って
調査してみて下さいね。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。