あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

安定的にSEOで上位表示されるポイント

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2013年4月17日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 5 分

本日は、先週お話したSEOの心構えにからめて、安定的にSEOで上
位表示するためのポイントをお話します。

自然な外部リンクを増やす

Googleが実施する「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」な
ど、大きな順位変動をともなう検索アルゴリズムの変更がたびたび行わ
れていることは前回お話しました。

今回はそのような状況のなかでも、比較的安定した順位を保てる施策を
お伝えしたいと思います。

長い目でみて比較的安定性が高い施策は

自然な外部リンクを増やす

こと。

自然な外部リンクとは、自分のホームページ以外のホームページから自
然発生的に張られるリンク。

これは、よくあるSEO業者に依頼し、数多くのホームページから自分
のホームページにリンクを張ってもらう方法とは違います。

たとえば、あなたのホームページを見たアクセス者が

「このホームページのコンテンツは、非常に面白くて役に立つなぁ。
他の人にも教えてあげよう」

と自分のブログやFacebookなどで紹介した場合に張られるリンクが、自
然な外部リンクです。

コンテンツがポイント

このような自然な外部リンクを増やすために最も大切なのは、

・アクセス者に評価されるコンテンツを作成

すること。

もちろん、すべてのアクセス者に評価されるコンテンツを作成できれば
ベストですが、通常はなかなか難しいと思います。

ですからまずは、ご自身のホームページにきてほしいお客さんが、どん
な情報を必要としているのかを考え、それにこたえられるコンテンツを
掲載するのがよいでしょう。

そして、文章をわかりやすく書くのもポイント。

どれほど役立ちそうな内容でも、小難しい専門用語がたくさん並んだ文
章では、アクセス者の興味を引きづらくなります。

ソーシャルメディアの活用

また、作成したコンテンツをインターネットで紹介してもらう仕組みも
必要です。

最近では、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアを利用して
いる人が増えています。

ぜひ、これらの活用も視野に入れて、自然な外部リンクを増やしていき
ましょう。

ホームページ内部の最適化

さらに多少のアルゴリズム変更で影響を受けないホームページにするに
は、ホームページ内部の最適化も必要です。

ホームページ内部の最適化とは、アクセス者が見やすいようにコンテン
ツの見せ方を工夫したり、質の高いコンテンツを増やしたり、サイト内
のリンクを整えたりすること。

【ブログdeホームページ】では、ある程度まで内部を最適化できるよう
になっていますが、下記については改めて見直してみてください。

・リンク切れ(存在しないページへのリンク)はないか

→リンクを張ったホームページや記事が、削除されることもあ
るのでこまめにチェックしましょう

・他サイトの文章をそのままコピーしていないか

→独自の文章で掲載するようにしましょう

・似たような内容の記事を複数作っていないか

→同じような内容の記事が複数あると、コピーコンテンツとみ
なされるので注意しましょう

・文章量が少なすぎないか

→1記事あたりの文章量が少ないと評価が下がりやすいので、
600文字以上の文章量を心がけましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した施策は非常に手間がかかるかもしれません。でも、もう
小手先のテクニックでは上位表示できない時代です。

最初は大変かもしれませんが、アクセス者に評価されるホームページを
作っていくことができれば、安定して上位表示されるようになるはず。

もちろん多少の順位変動は避けられないと思いますが、安定的に上位表
示されるためにもお客さま目線で、しっかりとしたコンテンツを作成い
くことをおすすめします。\(^^)√

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

専用ドメイン名と、転送サービス

今週は、ニュースレターを購読頂いている会員さんのお便りをご紹介し ます。 会員さんのお便り…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(11月20日現在)

  11月 12月 1月 2月
残り 45件 75件 80件 80件
11月は残り45件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。