あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

クリックされやすいページタイトルと説明文の書き方(前編)

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2012年7月10日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 5 分

今回は、

クリックされるページタイトルと説明文の書き方(前編)

についてお話します。

まず目を通すのが、タイトルと説明文

ページタイトルと説明文が表示されている画面は、検索した人が最初に
目にするところ。

たとえば「腰痛 横浜」と検索すると、検索結果の表示画面には横浜の
整体院や治療院などがズラッと出てきます。

そしてそこに並んでいるのは、それぞれの整体院や治療院のページタイ
トルと説明文。

ほとんどの検索ユーザーは、この検索結果に出ているタイトルと説明文
に目を通し、「このサイトに自分の欲しい情報があるかどうか」を判断
しています。

真剣なユーザーほど、しっかりと比べる

また最近は、本気で情報を探している人ほど、検索結果の表示画面の1
ページ目だけでなく、2ページ目3ページ目と読み進め、欲しい情報が
ありそうなページをじっくりと探す、という傾向があるようです。

特に深刻な悩みを抱えている人ほど、その傾向は顕著。

そして多くの人が、必ずしも1ページ目に求めているものが表示される
とは限らない、ことを理解し始めているのでしょう。

そのように真剣に情報を探しているユーザーが、どこに注意を払ってい
るかというと、やはりタイトルと説明文です。

タイトルと説明文を見比べながら「このページには本当に欲しい情報が
あるあろうか?」と考えながら、次の検索結果のページに進む・・・と
いう具合でチェックしています。

もちろん1ページ目に表示されるほうがクリック率が高くなるのは当然
ですが、現在の検索順位が2ページ目以降の場合でも

「タイトルと説明文の見せ方」

によっては、クリック率を高めることも可能です。

ページタイトルの見せ方

では次に、具体的にどのようにタイトルを書けばいいのかを簡単にご説
明しましょう。

まず大切なのが

・狙っている重要なキーワードをタイトルの先頭に入れる

こと。

これは検索エンジン対策として必須です。

たとえば整体院のホームページで、「腰痛 治療」という検索キーワー
ドで検索されたい場合には、タイトルの一番あたまに、「腰痛」や「治
療」というワードが入るようにします。

というのも、画面を見ているユーザーにとっては、やはり先頭の文字に
目がいきやすいからです。

試しに次の2つのページタイトルを見比べてみてください。

(1)腰痛治療ならやまだ治療院へ

(2)横浜のやまだ治療院 針・整体で腰痛・肩こりを治療

文章の中ほどに「腰痛」が入っている(2)よりも、先頭に「腰痛」が
入っている(1)のほうに、パッと目がいきませんか?

(2)のタイトルが悪いわけではないのですが、「腰痛 治療」で検索
したユーザーにとっては、(1)の「腰痛治療なら・・・」という検索
ワードが文章の先頭にあるほうに目が留まりやすいのです。

30文字以内で・・

また、ページタイトルは文字数が多すぎると、途中で表示されなくなる
ことがあります。

それゆえ、

30文字以内

におさめることが重要です。

ただ、文字数を少なくするために、「単語を羅列するだけ」というのは
避けるようにしましょう。

できるだけクリックしたくなる

自然な日本語

にすることをおすすめします。

まとめ

今回のテーマは奥深く、すべてをご説明するのは難しいので、最低限の
ポイントをお話させていただきました。

他にもポイントはいろいろとありますが、少なくとも上記については覚
えておいてくださいね。(^o^)

そしてご自身でも検索してみて、「どんな文章ならクリックしたくなる
か」を考えてみるといいでしょう。

本日は長くなってしまいましたので、「説明文の書き方」については次
回お話させていただこうと思います。(^_^)/~

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

Googleの [スマホ対応] 表示とは?

さて本日は、「Googleの [スマホ対応] 表示」について解説します。 [スマ…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(10月24日現在)

  10月 11月 12月 1月
残り 15件 68件 80件 80件
10月は残り15件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。