経営者向けのメルマガ『経営塾』

社会保険労務士の顧客開拓(その1)ホームページ活用のポイントとは

今回は社会保険労務士さんのホームページ活用について解説しましょう。

社労士さんは、就業規則や労働契約、給与、人事制度、社員教育など、企業の「ヒト」に関わる重要な業務を請け負います。

経営に影響する重要な部分を任せることになるので、顧客となる企業は、「信頼できるアドバイザーと契約したい」と考えて、委託先を探しています。

「信頼できる」先生を探すのに適している方法は、自分の知り合いから「紹介」してもらうこと。自分の知り合いが「紹介」してくれる人なら、「信頼できる」人だろうと安心して仕事を依頼できます。

そのため、社労士さんの営業スタイルは、誰かに紹介してもらって契約する「紹介営業」が中心です。

ホームページを紹介営業に活用する

「紹介」で顧問先を開拓する場合でも、ホームページは重要なツール。

ホームページがあれば、紹介する側は「ホームページを見て、よさそうなら紹介しますよ」ということができるからです。

企業によって社労士さんに対するニーズはさまざま。どんなに良い社労士さんでも、必ずしも紹介した人がその企業に合うとは限りません。

紹介される側も、業務内容などをホームページで確認して、実際に会ってみるかどうかを判断できた方が安心です。

紹介されて会ってしまってからお断りすると、お互いに気まずい思いをすることにもなりかねません。そうなると、紹介する側も慎重になってしまいます。

しかし、ホームページを紹介して判断を相手にゆだねることができれば、紹介する側の心理的負担も軽くなり、紹介もしやすくなるでしょう。

「紹介営業が中心だから、ホームページにはあまり力を入れていなくて・・・」という社労士さんも、名刺代わりのホームページを1つ持っておくと安心です。

「このホームページを見てみるといいよ」と積極的に紹介してもらえるようなホームページをぜひ作成しておいてください。

それによって、さらに紹介営業の効果を高めることができます。

何より大事な「信頼感」

紹介営業のツールとして使うにしろ、ネットで新規開拓のために使うにしろ、社労士さんのホームページにとって何より大事なのは「信頼感」です。

企業の機密情報を扱う社労士を探している人にとって、大きな判断基準となるのは「信頼できそうか」という点。そのためホームページでも、見た人に信頼感を持ってもらうことが重要です。

どんなに業務内容が合っていて費用が安かったとしても、不安な印象を与えてしまうと「他を探そう」と思われてしまいます。

逆に「信頼できそうだ」という印象を持ってもらえれば、実際に会ったときにも、話を進めやすくなります。

これは社労士さんのホームページに限らず、その他の士業やコンサルティング業でも同じです。自分のホームページを顧客の目線で見て、「信頼できる」と感じてもらえるかどうか、チェックしてみましょう。

次回は、【あきばれホームページ】をご利用いただいている社労士事務所さんのホームページをご紹介しながら、「ホームページで信頼感を出すポイント」について解説します。お楽しみに。

また実は先日、弊社では社会保険労務士先生専門のホームページ作成サービスを開始しました。

  ▼新規顧客を獲得する、社労士パック
  http://akibare-sharoshi.jp/

【あきばれ社労士パック】なら、信頼感が伝わりやすく、新規顧客を獲得できるホームページの作成が可能です。ご興味ある方は、ぜひ一度ご覧ください。

ページの一番上へ

初めてホームページ作成する方へ

初めての方へ

初めてのホームページを作成する際に失敗しない勘所をご紹介。自作であれ、制作会社に依頼する場合であれ、ここだけは押さえて欲しいポイントをまとめました。

低コストでHP作成したい方へ

低コストでHP作成をしたい

ホームページを作成予定の方に、低料金でホームページを作る方法をご説明します。なるべく低料金でホームページ作成をしたい方は、ぜひご覧ください。

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。