あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

長期安定・優良企業への分かれ道!ストック型ビジネスのすすめ

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2015年9月25日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 6 分

今週は「ストック型ビジネスで経営を安定させましょう」というお話です。

ビジネスには「フロー型」「ストック型」の2つがあります。

最近はどの業界でも「フロー型からストック型への転換」が進んでいるのでご存知の方も多いと思いますが、あらためてお話しておきましょう。

「フロー型」「ストック型」の違い

フロー型ビジネスは「売り切り型」です。
必要なときに必要な商品やサービスを提供し、売れれば一気に利益があがります。

例えば住宅販売。新築の家を建てて売るのは、フロー型ビジネスですね。

一度売ったら大きな収入になりますが、売り切り型ですから、常に新しい顧客を開拓しなければいけません。

そのため「営業力」がものをいいます。
しかし、景気動向や季節要因に左右されることもありますし、よりよい商品が出てくれば、そちらに流れてしまい突然売れなくなるかもしれません。

そうなると収入はストップ、翌月の売上の予測も困難です。

対してストック型ビジネスは「継続収入型」です。ひとつひとつの利益は少ないのですが、その数を増やしていくことで継続的な収入を積み上げます。

代表的なものに「携帯電話代」があります。一件一件の金額は数千円程度ですが、契約者が増えれば収入も増え、利益が安定する仕組みです。

単価が低いので「いきなり爆発的に利益を上げる」ことは難しいのですが、新規顧客が増えない時期があっても、それまでの蓄積で収入を保つことができます。

営業の数字は水物で、「今月はまったく新規がとれない」ということがあってもおかしくありません。

長期的に安定した経営をしたいと考えると、フロー型よりストック型のほうが有利なのです。

フロー型からストック型への移行

そのため、従来、フロー型ビジネスが中心であった業界でも、ストック型ビジネスに移行したり、あるいは、フロー型にストック型を付加したビジネスモデルを構築することで、経営の安定を目指す企業が増えてきました。

例えば「会計ソフト」。

少し前まではソフトを売って終わり、のフロー型でしたが、少し前からは1年更新で費用が発生するサポート・保守契約をセットで販売するようになりましたね。

そして最近では、月ごとあるいは1年ごとに費用を払う「オンライン会計ソフト」への切り替えが進んでいます。

御社の事業は「フロー型」「ストック型」「フロー型+ストック型」のどれに当てはまるでしょうか?

もし「うちはフロー型のみで、売上の浮き沈みが激しい・営業に苦労している」という場合は、何らかの形でストック型の商品やサービスを付加して、月々の安定した収入を増やせないか考えてみましょう。

ストック型ビジネスを付加し、売上を積み上げていくことで、数年後の経営状態が変わってきます。

既存事業や既存顧客を活かして

すでに何らかのビジネスをされている場合、既存の事業やお客さんに対して、ストック型の商品やサービスを追加できないか、考えてみるとよいでしょう。

まったく新規のストック型ビジネスを始めるよりは、スムーズに導入することができるはずです。

「業界的にフロー型しか思いつかない・・・」という場合は、むしろ、競合他社が得られていない利益を得るチャンスではないでしょうか。

ぜひじっくりと考えてみてくださいね。

なお、【あきばれホームページ】では、既存事業にストック型ビジネスを付加できる「OEMパートナー制度」を提供しています。

専門知識のある担当者がいなくても、ストック型のWEB制作サービスを始めることができる制度です。

パートナー制度についての説明会も開催しておりますので、よろしければご参加下さい。

「WEB制作サービス事業なんて、うちには関係しないなぁ」と思われても、状況をお伺いしてみると既存事業とマッチするケースがあります。

説明会では「うちの場合、どんなふうに既存事業に付加できるだろう?」といった個別のご相談も承ります。

ぜひ、御社のビジネスモデルを検討する機会としてご利用ください!

▼【無料】パートナー制度 説明会のご案内
http://www.akibare-partner.jp/setumeikai

 

説明会の日程が合わないけど興味がある・・・という方は、ぜひ下記のページもご覧になってみてくださいね。

▼WEB制作を手がけませんか?
http://www.akibare-partner.jp/first

▼資料・デモアカウントのご請求はこちら
http://www.akibare-partner.jp/siryo

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

初めて作る人必見!ホームページ失敗パターン・ベスト3

今週は、「初めてホームページをつくる人に知っておいて欲しいポイント」について、失敗例から学…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(5月30日現在)

  5月 6月 7月 8月
残り 5件 70件 80件 80件
5月は残り5件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。