経営者向けのメルマガ『経営塾』

【いまさら聞けない】複数サイトを作るならサブドメインを知っておこう

今回は複数のホームページを作るときに知っておきたい「サブドメイン」について解説します。

別ホームページを作りたい場合のホームページアドレス

すでにホームページを持っていて、別のホームページを持ちたいということがあります。

例えば以下のような場合です。

  • 例)期間限定のキャンペーン用のホームページを作りたい
  • 例)法人向け商品とは別に個人向け商品のホームページを作りたい
  • 例)企業ホームページとは別に求人専用ホームぺージを作りたい

このような場合、ホームページのアドレスはどうしたら良いてのでしょうか。選択肢は以下の3つです。

  1. 別のドメイン名を新規取得して使う
  2. サブドメインを使う
  3. 同じドメイン名でサブディレクトリを使う

今回はこの中から、「2.サブドメインを使う」について詳しくご紹介していきます。

サブドメインとは

サブドメインは、独自ドメインを複数に分けて使いたいときに設定します。

厳密に言えば違うのですが「ホスト名」という呼び方で設定する場合もあります。(実用上、サブドメイン・ホスト名、どちらで呼んでも問題ありません)

独自ドメインが「●●●.com」だとすると、「□□□.●●●.com」のように、ドメイン名の先頭に文字列を加えて、「.」で区切ります。

例えばYahoo!でもサブドメインを使ってサイトの使い分けをしています。

  • メインサイト(https://www.yahoo.co.jp/)
  • ニュース(https://news.yahoo.co.jp/)
  • ショッピング(https://shopping.yahoo.co.jp/)
  • オークション(https://auctions.yahoo.co.jp/)
  • キッズ向け(https://kids.yahoo.co.jp/)

このように「yahoo.co.jp」の前の部分の文字列を変えて、別のサイトのアドレスとして利用できるのです。

サブドメインを使うメリット

サブドメインを利用するメリットは以下の通りです。

<ドメインの運用コストがかからない>

新たに独自ドメインを取得すると、その分の取得費用や維持費用がかかります。

しかしサブドメインを利用すれば、新たな独自ドメインの費用はかかりません。

ただ、サブドメインを使うか、新たに別ドメインを取得するかは、費用だけの問題ではなく、新しく作るホームページの目的によって判断するのが良いでしょう。

一概には言えませんが、会社名やサービス名の認知度が高い場合はサブドメインを、サービス性やターゲットが違う場合は別ドメインを、などで使い分けてみてください。

<関連のあるサイトだと認識されやすい>

ユーザーは、独自ドメインが同じであれば「関連するサービスのサイトだ」「同じ企業のサイトだ」と認識しやすくなります。

ご紹介したYahoo!の例であれば、すべてYahoo!の関連サイトだ、ということがアドレスからわかります。

サブディレクトリとの使い分け

一方、同じドメイン名の下に作る「サブディレクトリ」を使った場合、アドレスは以下のようになります。

  • yahoo!きっずトップ(https://kids.yahoo.co.jp/)
  • yahoo!きっずニュース(https://kids.yahoo.co.jp/news/)
  • yahoo!きっず図鑑(https://kids.yahoo.co.jp/zukan/)

Yahoo!のキッズ向けサイトの中では、「kids.yahoo.co.jp」の後ろに「/(スラッシュ)」で区切って「news」「zukan」といった文字列をつけてカテゴリ分けしています。

このように、

  • 元々あるホームページの中の1コンテンツと考えられるなら「サブディレクトリ」
  • 別の役割を持たせるホームページにするなら「サブドメイン」

と使い分けるのがわかりやすいのではないでしょうか。

なお、利用しているサーバーやサービスによっては、サブドメインの利用ができないこともあります。利用したい場合は、お使いのサービスの仕様を確認しておくことが必要です。

どの方法がベストか、新しく作るホームページの内容や運営方法も含めて検討するとよいでしょう。

ページの一番上へ

無料ガイドブック

経営塾

ホームページ作成入門
ホームページ改善
コンテンツ作成ポイント
コンテンツの考え方
反応アップ文章術
デザインテクニック
更新テクニック
ホームページ集客術
アクセスアップ入門
SEOノウハウ
SEO事例集
メルマガ活用ノウハウ
ソーシャル活用
インターネットのトレンド情報
検索エンジンニュース
経営ノウハウのポイント
年度別バックナンバー
無料ガイドブック
初心者むけビジネス用ホームページ作成支援サービスの詳細はこちら