経営者向けのメルマガ『経営塾』

Google「パンダアップデート」秒読み?!

本日は、ニュースレターでもご紹介しましたGoogleの大規模な検索エ
ンジンのアップデート「パンダアップデート」について簡単にお話しま
す。

上位表示されるサイトは?

皆さんもGoogleは普段から使われているかと思いますが、このような経
験はありませんか?

検索結果の上位に出ているサイトをクリックしたら、
内容のないホームページだった・・・

経験的におわかりだと思いますが、検索結果で上位に出ているからといっ
て、良いサイトだとは限りません。

コンテンツの内容がお粗末なものでも、高度なSEO対策が施されていれ
ば、上位表示は可能なのです。

ユーザーが望む情報を提供しようとするGoogle

それゆえ、業者の中にはSEO対策としてページ数を稼ぐため、機械が自
動的に文章を生成するプログラムで大量にページを作ったり、他のサイ
トをコピペしたりしているところが少なくありません。

しかしこれらのホームページは、まったくユーザーのことを考えていま
せん。とにかくSEOで上位表示されることを第一に考えているのです。

一方、Googleは「ユーザーが望む情報を提供すること」に企業価値を置
いています。

ですからこのような、機械が自動生成したり、コピペをしただけの中身
のないサイトは、自社の価値を下げてしまうことになるのです。

アップデートによりコンテンツの中身が重視されることに・・・

そこでGoogleはこのままではいけないと考えたのでしょう。今回のアッ
プデートで、ページ内のコンテンツの中身を詳しく調べるという方針を
打ち出しています。

これまではそのサイトに

どれくらいのリンクが張られているか

といった「外部リンク」を重要視していましたが、これからはその外部
リンクと同様にコンテンツの中身を評価するようになるはずです。

読者目線のコンテンツ作りが大切

このような状況の変化にあわせ、弊社の会員さまが行うべきことは、読
者目線のコンテンツを作成すること。

もちろん、すでに行われている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

ですが、いま一度、ユーザー側に立って見直してみてください。

たとえば整体院のサイトで、「整体 神戸」というキーワードを狙って
いるなら、

「整体 神戸」

と検索する人は

・どんな情報を必要とされているのか?

・何にお困りなのか?

といったことを頭に置き、それらに応えられるようなコンテンツを書く
ようにしましょう。

このようにターゲットとする人をイメージして、お役に立てそうなコン
テンツを提供することで、Googleの評価を高めるだけでなく、アクセス
者の心にも響くはず。そうなれば、問合せにも繋がるのです。

コンテンツが更新されているか

また、コンテンツがきちんと更新されているかもGoogleがチェックする
重要なポイントの1つ。

「数年前の情報がそのまま・・・」「最新情報の記事にずいぶん前のお
知らせが・・・」といったことはありませんか?

そのようなことをしていては、Googleの評価を落とすだけでなく、アク
セスしてくれた人の信用も失ってしまいます。

皆さんお忙しいとは思いますが、マメに更新して新鮮な情報を掲載する
ことも心がけていただければと思います。

今回のGoogleのアップデートは、真面目にサイトを作成していた人にとっ
ては絶好のチャンス!

SEO対策については時代の流れとともに変化するもの。でもベースとな
る、「お客さまに役立つ情報を提供する」という点は変わらないと考
えています。

とはいっても、やはり新しい情報も大切。また、新たな情報が入りまし
たら皆さんにもお知らせしますね(^_^)/~

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。