経営者向けのメルマガ『経営塾』

GoogleのシェアがYahooに急接近!

さて、本日はYahoo!とGoogleに関わる話題をお届けしましょう。

コムスコアによる調査結果

アメリカのコムスコアという会社が、日本のYahoo!とGoogleの検索エン
ジンのシェアについて調査結果を発表しました。

comScore Introduces qSearch 2.0 in Japan
First Tool to Report Worldwide and Japanese Search Activity
http://www.comscore.com/press/release.asp?press=1642
原文が英語なのでちょっと読みにくいかもしれませんが、前半は
qSearch 2.0というサービスの説明なので無視してもらって、後半の

「Yahoo and Google in battle for the Japanese Search Market」

から読んででもらえればと思います。

総検索数は増えたのに・・

上記の調査結果について、ポイントだけサマリーしておきましょう。
2006/7月 2007/7月 増加率
検索数
総検索数 47 億回 57 億回 22 %
Yahoo! 31 億回 27 億回 -12 %
Google 13 億回 20 億回 53 %

シェア
Yahoo! 66 % 47 % -19 %
Google 28 % 35 % 7 %
これを見ると、日本国内で2007年7月の「総検索数」は、前年同月に比
べて「10億回」、率にして「22%」増加しています。
一方、Yahoo!の検索数は「-4億回」。Googleは「+7億回」というこ
とになります。

全体の増加が+10億回ですから、数字が今ひとつ合わないのですが、
いずれにしても

・日本全体の総検索数は増加した(47億回→57億回)

のに、

・Yahoo!の総検索数は減少した(31億回→27億回)

という状況のようです。

Yahoo!のシェアが低下

この結果、日本国内におけるYahoo!とGoogleのシェアがかなり接近しま
した。

Yahoo! 66 % → 47 %

Google 28 % → 35 %
ということですので、2007年7月は、

Yahoo! : Google = 4 : 3

という比率になります。
調査の数字の信憑性について、個人的には少し疑問の点も感じるのです
が、いずれにしてもGoogleに対するホームページのSEO対策の重要性が
増しているのは確かなようです。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。