あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

ホームページは自社で更新しよう!

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2003年7月18日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 14 分

読者からのお便りコーナー

それでは最初に、読者からのお便りのコーナーに参りましょう。

今週は、あきばれネットの小冊子「できる社長のホームページ入門」を、ご購読
頂いたかたからのお便りをご紹介します。

  あきばれネット代表 吉本俊宏 様

  吉本様から、毎回送られてくる【できる社長のホームページ活用講座】と、
  小冊子『できる社長のホームページ入門』で、ホームページ作りはそんなに
  難しくない、と教えられ、一から勉強しました。
  
  おかげさまで“ワード”だけで自分なりのホームページを作ること
  ができました。  
  吉本様、本当にありがとうございます。

  なんといっても、自分で思いついたときに更新できるのは、自分が
  頑張ればいいだけですから、ストレスが少なくてすみます。

  私の手作りホームページをよろしければお時間のあるときにでもご
  覧ください。 http://asahi-co.com/fukushi/

  せっかくなので、メールマガジンも発刊することにしました。
  『 生きいき高齢者に!!介護予防の遊び 』
  (まぐまぐID:114030)http://www.mag2.com/m/0000114030.htm

  高齢者の方の遊びや昔の思い出話になるようなヒントを提供するこ
  とで、高齢者の方々の記憶を呼び起こすきっかけづくりにしたい。
  コミュニケーションを広げてもらいたい。おじいちゃんの知恵、お
  ばあちゃんの知恵を記録として残していきたい。そんなことを思い
  ながらのメルマガ発刊です。

  ホームページもメールマガジンもたいした内容ではありませんし、
  プロの方から見たら、お笑いかもしれませんが、少しずつ良くして
  いければと思っています。まずはスタートしなければゴールはあり
  ませんから・・・・。

  吉本様、いろいろとありがとうございます。そしてこれからもよろ
  しくお願いいたします。

  株式会社アサヒコーポレーション 福祉事業部
  石橋 智章さま

石橋さん、お便りありがとうございます。
このお便りを頂いた時は、本当に嬉しく感じました。\(^_^)/

と言うのは、私がホームページ制作で目指しているが、「自社で更新で
きるホームページ」なものですから、それを実践しているということをご連絡頂
いて、本当に嬉しく思った訳です。

  吉本様から、毎回送られてくる【できる社長のホームページ活用講座】と、
  小冊子『できる社長のホームページ入門』で、ホームページ作りはそんなに
  難しくない、と教えられ、一から勉強しました。
  
  おかげさまで“ワード”だけで自分なりのホームページを作ること
  ができました。吉本様、本当にありがとうございます。

  なんといっても、自分で思いついたときに更新できるのは、自分が
  頑張ればいいだけですから、ストレスが少なくてすみます。

石橋さんも書かれているように、自分で更新できれば、自分の思い通り
に、しかも「直ぐに」更新できます。

通常の実店舗の場合は、店内のレイアウトを更新するのは、自社でやり
ますよね。でもホームページでは・・・。

ホームページを自社で更新できないと・・・

少し、実店舗の例を用いて説明してみましょう。あなたは雑貨ショップ
のオーナーだと想像してみて下さい。

雑貨ショップがオープンしたのは3ヶ月前。当初はお客さんも少なく苦
戦しましたが、「商品構成の見直し」や、「店内ポップの変更」等で、
売上が徐々にアップしてきました。

これからは「季節にあわせた目玉商品企画」や、「店頭ディスプレーの
変更」で、さらに売上アップを図っていくつもりです。

この雑貨ショップはあなたのお店ですから、当然、商品を並べ換えや、
商品の説明書きは自分で行います。店内の飾り付けや、店頭のディスプ
レー商品の変更も、もちろん自分で行います。

外部の業者に頼んでいたら、お金がいくらあっても足りないし、それに
自分でやった方が、ずっと素晴らしいお店になるからです。

これが普通の考え方だと思います。でも、ホームページはどうでしょう
か?

ホームページはインターネットの仮想店舗。通常の実店舗と同じように、
定期的な商品の入れ替え等で、ホームページのコンテンツの変更が必要になります。

ところが多くの場合、このコンテンツ変更を「ホームページ作成業者」
に頼むケースが圧倒的に多いのです。外部の業者に頼むわけですから、
当然お金がかかります。

例えば、最初に30万円程度のホームページ作成費用をかけて制作した場合、実店舗と
同じペースで店内の見直し(=ホームページのコンテンツの変更)を行うと、少なく見
積もっても、毎月5万円以上のコンテンツ更新費用が発生します。(ま
あ、ケースバイケースですが・・・)

毎月5万円ですから、1年で60万円。
しかもこれが「未来永劫」に続きます・・・・・。

こんな費用は払っていられませんよね。その結果、多くのホームページ
オーナーは、ホームページのコンテンツの更新をほとんど行いません。

季節が夏から冬に変わっても、商品の見直しや、キャッチピーの変更を
行うことなく、昔作ったコンテンツをそのまま使い続けるのです。

もちろんホームページで売上が順調にあがっていれば、毎月5万円程度
の更新費用は大した金額ではありません。でも実際はせっかく作ったホー
ムページはまったく売上に貢献していません。

担当のホームページ制作会社は、確かにお洒落なホームページに仕上げてくれま
したが、「ホームページで集客するノウハウ」を持っている業者ではあ
りませんでしたから、彼らが作ったホームページは少しも商売には結び
つかなかったのです。

その結果、せっかく作ったホームページは宝の持ち腐れ。ホームページのコンテンツの
更新が行われることもなく、そしてあなたの商売に貢献することもなく、
そのまま朽ち果てていくのです。あたなはため息をつきながらこう呟き
ます。

「ホームページなんか役に立たないさ・・・・。」

ホームページは自社で更新しよう!

上記は架空の物語ですが、ホームページをお持ちの中小企業さんの、恐
らく大部分が同じような気持ちを抱かれているのではないでしょうか?

こうなってしまったのには色々と理由があるのですが、「初めて手がけ
た実店舗が、最初から大成功」というのが少ないように、「開設したて
のホームページが、最初から大成功」というのも、同じように滅多にな
いのです。
(私自身、最初に作ったホームページは散々でしたから・・・(^^ゞ

実店舗で、オープン以降、社員が自らの手で試行錯誤を続けるように、
ホームページも自分で更新を続けて、少しずつ改善していくことがポイ
ントです。

是非、あなたも石橋さんに負けないように、「自社でホームページを更
新できる」ように、頑張っていって下さいね。(^^)

□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

基礎からインターネットのお勉強をしたい方は、

       ↓      ↓
    □■インターネットなんて簡単だ!■□
       『できる社長のホームページ入門』
     ~経営者に贈るホームページの勘所~
      (A4版 40ページ)800円(税別)
  
をお読み下さい。

技術用語をほとんど使わずに、「経営者の言葉」で書かれた、日本初の
経営者むけホームページ入門書です。

お申込みはこちら→ できる社長のホームページ入門

□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

さて続いては、今週のテーマに参りましょう。

今週は「メルマガ広告 その1」と題して、メルマガ広告の解説を行い
ます。

メルマガ広告とは?

「メルマガ広告」とは、インターネット上の電子メール雑誌である「メー
ルマガジン」に広告を出すものです。

従来の広告でいうと、雑誌広告や新聞広告のようなものだと思ってくだ
さい。

メルマガ広告というのは、メールマガジン上に、「35文字*5行」位
の小さいスペースに広告を出します。新聞で言えば、「5行広告」みた
いなものです。

さて、新聞の5行広告を出した経験のある人は多いと思いますが、メル
マガ広告については良く分からないと思いますので、実例をご紹介しま
しょう。

あきばれネットでは昨年の7月から12月の半年間に、何度かメルマガ
広告を実施しました。広告を出稿したメールマガジンは、ビジネス系の
メルマガから、配信数が多いものを選びました。レスポンスの良いメル
マガに関しては、何度も続けて同一のメルマガに出稿したこともありま
す。

メルマガに掲載した広告原稿はこんな感じでした。

===================================================================
パソコンに自信のない社長さんに朗報!
日刊工業新聞1面に取り上げられた、話題の“経営者専門のPCヘルプ
デスク”をご紹介します。相談電話がかけ放題で、優秀な御社お抱えの
女性カウンセラーが常に対応。テーマは、ITに関する質問なら何でも
OK。
今はパソコン苦手だけれど、いつかは「PCが得意な経営者」になりた
い、そんな夢をお持ちのかたは、今すぐ下記URLをクリックして下さい。
 (こちらをクリック)→ http://www.akibare.net/sm_help12.htm
===================================================================

広告の下の部分に「こちらをクリック」という表記と共に、ホームペー
ジのURLを記載しています。

メルマガの読者はこの広告を見て、興味を持ったら記載のURLをクリッ
クして、以下のあきばれネットのホームページにアクセスします。

  http://www.akibare.net/sm_help12.htm

ホームページでは、もっとたくさんの情報を提供できますから、アクセ
スした人はじっくりとコンテンツを読みこんだ上で、「ITよろず相談
室」の資料を請求して頂く、というストーリーだったのです。

新聞の5行広告との違い

さてここで、新聞の5行広告と、メルマガ広告の比較をしてみましょう。

まず広告の文字数ですが、利用する広告形態によりますが、まあ同じよ
うなものです。

原稿についての最大の違いは、新聞では文字だけの「5行広告」以外に
も、さまざまな広告が可能です。写真や絵を使ったり、文字サイズを変
更したり、文字に装飾したりして、よりアピール度の高い広告原稿を作
る事が可能です。

一方、メルマガ広告は「文字だけ」なので、新聞広告と比較すると「表
現力」で劣ります。そのため「見た目」で勝負するのではなく、「広告
の文書」でアピールする必要があるわけです。

次に読者数ですが、これは新聞の方が圧倒的に多いです。もちろん全国
紙に出すか地方紙に出すか、といった点でも変わりますが、たいてい
「何十万人」という単位での読者にその原稿が届けられます。

一方メールマガジンは、多くても5万人くらいですから、読者数では勝
負になりません。メールマガジンは新聞と違って、小規模なメルマガが
多数存在する、という世界なのです。

最後に価格ですが、メルマガの方が読者数が少ない事もあり、広告コス
トは安めです。

新聞広告だと10万円以上するケースが多いですが、メルマガ広告であ
れば、高くても5万円くらい。安いメルマガなら、たったの3千円で広
告がだせたりします。(もちろん、読者数はその分少ないですが)。

従ってメルマガ広告は、比較的小予算で始められる広告だと言えるでしょ
う。

以上を要約すると、メルマガ広告とは、「新聞広告のネット版で、新聞
広告よりもお手軽に始められる広告媒体」と考えて頂ければ良いと思い
ます。

もう少しお話を続けたいところなのですが、今週はここまでにします。

来週は、メルマガ広告を実践するポイントについてお話しする予定です。
どうぞ、、お楽しみに。(^^)

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

名古屋の反応率は非常に低い?

今日は、セミナー申込に関する、地域別の反応についてお話ししたいと 思います。 セミナーの申…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(10月17日現在)

  10月 11月 12月 1月
残り 25件 73件 80件 80件
10月は残り25件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。