経営者向けのメルマガ『経営塾』

まだまだ使える!メール配信活用のメリットと効果的な使い方(その1)

今回から2回に渡り、メール配信を活用して集客や顧客獲得を行うメリットや、メール配信の効果的な使い方について解説します。

「メール配信はもう古い」「役に立たない」と言われ始めてから数年が経ちます。

  • 受け取るメールの数が多くて埋もれてしまうのでは
  • LINEなどのメッセージアプリに移行しているのでは
  • SNSを活用したほうが時代にあっているのでは

そんなふうにお考えの方も多いのではないでしょうか。

ところが今でも、メール配信を活用して成果を出している企業は珍しくありません。

顧客リストや見込み客リストにメールを送って販促する手法は今でも多くの企業で活用されています。

そこで今回は、まずメール配信のメリットを考えてみましょう。

メリット1:お客様の端末まで情報を届けられる

メール配信は、見てもらいたい内容を、こちらから積極的に働きかけて、お客様のPCやスマホなどへ届けることができる方法です。

いわゆる、プッシュ型の販促方法と言えます。

メールを開いて、リンクをクリックしてもらえれば、ホームページに連れてくることが可能です。

メリット2:お金をかけずにスタートできる

チラシやDM、インターネットの各種広告と比べて、お金をあまりかけずにスタートできるのも、メール配信のメリットのひとつです。

メール配信にかかるのは、メールを配信するシステムの利用料くらいです。このシステム利用料は、月額数百円、数千円のものからあり、導入しやすい価格帯のものがたくさんあります。

メリット3:メール配信対象者は、商品・サービスの情報に興味がある人が多い

メール配信の対象となるのは、「すでに何らかの形でメールアドレスを教えてくれた人たち」です。

ホームページで資料請求してくれた、展示会で名刺交換したなど、教えてくれたシーンは異なりますが、商品やサービスに関わる情報に興味がある人が自然と多くなります。

そのためメルマガの反応は、チラシや広告などといった他の販促活動より高くなります。

メール配信は、費用対効果にすぐれた販促手段といえるでしょう。

メリット4:継続的にアプローチできる

商品やサービスに興味を持ってくれている人に継続的にアプローチできるのもメール配信のメリットです。

金額の高い商品になればなるほど、1回ホームページを見ただけで購入に踏み切る人は少なくなります。

でもメール配信を利用すれば、「今すぐは買えないけど興味がある」というお客さまに対して、役に立つ情報をメールで送り続けて継続的に接触し、購入意欲を育てることが可能です。

すでに購入してくれた人に対しても、メール配信で、サービスの有効な使い方などの有益な情報を伝えたり、サポート情報を伝えたりなど、結びつきを強くすることができます。

また、関係性を保ち続けていれば、リピート購入やアップセル・クロスセルにつなげることも可能です。

以上、今回は、メール配信のメリットについてご紹介しました。

楽天やヤフーショッピングなどの大手ECモールは、今でもメールでの販促を大いに活用しています。

それを見てもやはり、メール配信はまだまだ有効な手段だといえるでしょう。

次回は、メール配信の効果的な使い方について解説します。お楽しみに。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。