あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

2代目経営者とインターネット

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2003年1月25日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 8 分

前回のメールレター送付後、たくさんお便りを頂きました。本当に有り
難うございました。紙面の都合で、全員をご紹介することはできません
が、本日はそのうちの二通をご紹介させて頂きます。(なお掲載可否に
ついて確認していないので、全て伏せ字にてご紹介します。\(__ )

お便りその1(MHゴム工業株式会社 MHさん)

  吉本様へ
  本日「ITよろず相談室」を申し込みましたMHゴムのMHです。
  申し込みが遅れ済みませんでした。
  
  吉本さんのメールにありましたTさんの様に、小冊子を即日に読む
  ところまでは私も同じ位熱心なのですが、その後が大違いですね。
  ホームページ立ち上げは未だ私の予定には入っていませんが、後日お願いす
  る時はよろしくお願い致します。
  
    ・昭和39年生まれ
    ・体育会系
    ・留学経験
    ・創業意欲
  などなど、非常に親近感を持たさせて頂いています。あまりこう言っ
  たメールは打たないのですが、思わず打ちたくなってしまいました。

  私は父親の経営する会社に勤めておりますが、吉本さんは立派に創
  業者です。創業1年と言うことですが、末永く頑張って下さい。手
  前勝手なメールとなりましたが、今後共々よろしくお付き合いの程、
  お願い致します。

MHさん、お便りありがとうございました。
こうしたお便りを頂くと本当に嬉しいです。(^.^)

MHさんは「あきばれネット」のヘルプデスクサービス「ITよろず相
談室」に先日お申し込み頂いた「正会員」さんです。
お父さんの会社の専務さんということで、いわゆる「2代目経営者」と
してご活躍と伺っています。

お便りの中で私のことを「創業者」とお褒め頂いておりますが、「2代
目経営者」さんと言うのは、逆に相当のご苦労が耐えないのではないで
しょうか。

私の友人にも、「親父の後を継ぐから」と会社をやめて親の会社に「社
長候補生」として入社した輩が何人かいます。そして、彼らの多くは、
精神的にかなりの苦労を強いられているようです。

MHさんの場合どうか分かりませんが、2代目のかたは「親のやり方」
を越えるような経営を目指していく必要があるので、本当に大変なよう
ですね。私の友人達も、酒の席では良く社長(父親)や古株社員に関す
る苦労話を聞かせてくれます。

私は駆けだし経営者なので、彼らに大したアドバイスができるわけでは
ないのですが、
  「これからはインターネットの時代だから、ネットを使って売上げ
  を上げることができれば、親父や古番頭さんに一目置かれるのでは」
という話を良くしています。

例えば、今や信用取引では野村証券を抑えてナンバー1となった、松井
証券の松井社長は、典型的な二代目社長です。

松井さんは私の大学の先輩なので、何度かお話する機会があったのです
が、
  「ネットに我が社の命運を賭けたのが“表向きの成功要因”。そし
  て、このネット営業についてこれない、親父の代からの古い社員達
  と決別したのが「真の成功要因”だよ」

という話をされていました。(う~ん、深い・・・(^^)

MHさんがどのような経営を目指されるか次第だとは思いますが、これ
からの新しい「IT革命」の時代に、御社の舵を取れるのは、若いMH
さんしかいないと思います。

私どもスタッフ一同、微力ではありますが、MHさんのご活躍をサポー
トさせて頂きますので、これからもよろしくお願いしますね。(^.^)

お便りその2(株式会社 KA社 Sさん)

  仕事は、平安時代から続く伝統織物の継承事業です。
  私は、つい最近まで外資系にて計8年間働いてきましたが、いつま
  でもアメリカを肥やしてもしょうがない。もっと、足元を見つめよ
  うとの思いで、現職についた次第です。
  
  でも、正直、なかなか難しいです。いろいろな方の応援なくしては、
  大切な文化を次世代に残せません。自分のことばかり書いてしまい
  ましたが、、今後ともよろしくお願いいたします。
    
    
Sさんは、前号でご紹介した経営者向けのホームページ入門書「できる社長のH
P入門」をお申し込み頂いたのですが、その際に上記のコメントをお寄
せ頂きました。

外資系から、伝統織物ですか・・・。凄いですね~。(^.^)

でも、インターネットを活用して、海外にマーケットを広げれば、結構
良い線行くかも知れませんよ。v(^^)v

私もアメリカに1年ほど留学した事があるのですが、向こうで一番「受
けた」のは、日本の「扇子」でした。
日本らしくて、そして向こうでは余り手に入らない物だったので、プレ
ゼントすると多くの人に喜んでもらえました。

当時は、こうした「日本の伝統グッズ」を手に入れる手段がほとんどな
かったですが、今や「インターネット」という新しいチャネルが世界に
開いています。ですからネットを利用すれば、私が留学した当時とは全
く次元の異なる商売ができるのではないでしょうか。

実は「外人」達は、あなたが思っている以上に、日本のホームページを
見ています。もちろん「日本語」のホームページを見ている訳ではあり
ませんが、日本に関する情報を集める時は、日本人以上にインターネッ
トを利用しているのです。

なぜなら、インターネットには国籍はありませんから、日本の企業が
日本でホームページの作成をしても、 あちらの検索サイトには登録さ
れているんです。

例えば、米国のYAHOO( http://www.yahoo.com )で、akibare と入力
すると、あきばれネットのホームページ ( http://www.akibare.jp
http://www.akibare.net )が上の方に表示されます。
(もちろん「あきばれ」と日本語で入力すると文字化けしますよ。(^^)

あきばれネットのホームページは全部「日本語」ですから、外人のアク
セスは想定していません。でも検索サイトは、その言語が日本語か英語
か、あるいはホームページのドメイン名が「.com 」か「.co.jp 」かといった事
は全く気にしないで、ホームページ情報を蓄積しています。

そして、日本人がインターネットで情報を収集する時に、検索サイトを
利用するように、外人達も検索サイトでホームページを選択します。そしてその
際に、あなたのサイトも「海外の検索サイト」に登録されているのです。

ですから、海外向けに「英語で作ったホームページ」を用意すれば、今までとは
違ったビジネスがきっとできると思いますよ。

頑張ってくださいね。(^.^)

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

検索サイト経由のアクセスが見込めない場合は・・・

火曜日のメールレターに対して、こんなお便りを頂きました。 読者からのお便り   吉本様  …続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(11月25日現在)

  11月 12月 1月 2月
残り 45件 75件 80件 80件
11月は残り45件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。