あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

モバイル重視!Googleが検索結果画面右側の広告枠を廃止

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2016年3月17日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 3 分

2月の下旬から、

「Googleが、検索結果の右側に表示される広告枠を廃止した」

というニュースを目にされた方も多いのではないでしょうか?

今週は、このニュースについて解説したいと思います。

広告枠の廃止ってどういうこと?

Googleの検索結果に、「キーワード広告」と呼ばれる広告が掲載されていることは、多くの方がご存知だと思います。

<参考>キーワード広告とは
http://www.akibare-hp.jp/ml/keyword-advertising/

パソコンでGoogleを開き、キーワード検索を行ったとき、検索結果の右列には「テキスト広告」と呼ばれるキーワード広告が表示されていました。

今回廃止されたのは、この右列のテキスト広告の表示です。

試しに「中途採用」とパソコンのGoogleで検索してみましょう。

以前までは検索結果の右側にずらっと並んでいた、「人材サービス」や「求人サイト」の広告がなくなって、なんだかスッキリした見た目になっていますね。

(※環境によっては、右列の広告表示が残っている場合や、広告以外の表示がされている場合があります)

それでは、広告はすべて掲載されなくなってしまったのかというとそうではありません。

検索結果の最上部と最下部に、黄色い「広告」というラベルがついたテキストがありますね。この部分がテキスト広告になります。

この最上部と最下部のテキスト広告はこれまでも表示されていましたが、右列広告の廃止に伴い、表示数が1つ~2つ多くなっているようです。(キーワードによって異なります)

広告の廃止は「モバイルファースト」の影響

右列の広告枠はなぜ廃止されたのでしょうか?

廃止の理由は明確にされていませんが、パソコンとモバイルでの検索結果ページの統合を見据えてのことではないかと言われています。

2015年に、モバイルでの検索数がパソコンでの検索数を上回ったことが発表され、Googleはモバイルを重視する「モバイルファースト」の姿勢をますます強めています。

もともと、スマホなどのモバイル端末でGoogle検索をした場合、検索結果に右列は表示されません。

そのため、パソコンの検索結果もこれに寄せたのではないか、と考えられています。

 

いかがでしたでしょうか。

一見、キーワード広告を行っていない方には関係がなさそうなこちらのニュース。

しかし、背景を知ると、「モバイル対応の重要性」が感じられるのではないでしょうか。

Googleは、検索ユーザーの利便性を高めることを念頭において、変わり続けていきます。

今後の展開にも注目していきましょう!

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

最初に充実させるべきHPコンテンツとは

本日は、会員さまよりいただいたうれしいお便りのご紹介からです。 会員さまからのお便り …続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(5月28日現在)

  5月 6月 7月 8月
残り 5件 70件 80件 80件
5月は残り5件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。