あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

急遽、大阪で「成功事例セミナー」開催 ネットでの人材募集の秘訣(その2)

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2007年9月30日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 4 分

本日は、前回に続き、ネットを使った人材採用についてお話しします。

弊社の人材採用

前回もお話ししたように、「エンジャパン」というサービスを使って、
マーケティングのスタッフを募集しています。

【WEBマーケティング・プランナー募集】
http://employment.en-japan.com/search/desc_job.cfm?WorkID=114084
私が利用している「Bプラン」という38万円のコースでは、募集に対
する応募が、

平均、10~15人

くらいだそうなのですが、我々の募集に対しては、今現在

58人

もの方に応募いただいています。(^^)V
前回のメールレターでは、「その理由を考えてみてくださいね」という
所で終わったのですが、果たして理由がお分かり頂けたでしょうか?

職種名がポイント

今回の反応がよかった理由は色々とあると思うのですが、最大の要因は

 「職種名」が求職者の琴線に触れた

ことだと思います。

実際に下記の募集原稿を見てもらうと、

【WEBマーケティング・プランナー募集】

http://employment.en-japan.com/search/desc_job.cfm?WorkID=114084

私の写真の下に「募集職種」という欄があって、そこに

 募集職種 WEBマーケティングプランナー

と書かれていますが、この「WEBマーケティングプランナー」が今回
の職種名です。
通常の商売でも「商品名」は重要です。

たとえば、レナウンが1981年に男性むけに発売した「フレッシュライフ」
という靴下があります。

この商品は発売当初ちっとも売れなかったそうですが、名前を「通勤快
足」に変更したところ、大ヒットしました。
この例のように、商品のネーミングは非常に大切な訳ですが、人材募集
も同じなのです。
商品の名前が「商品名」なら、仕事の名前が「職種名」ですから、求職
者が応募したくなるような「職種名」の方が反応がよくなります。
求職者の人は、仕事を判断する際に、まずは「職種名」で判断します。
求職サイトには、何百もの募集が溢れかえっているわけですから、その
中で求職者の注意を引くような「職種名」をつけましょう。
たとえば、営業マンをとりたい場合、

・飛び込み営業職

だと、あまり応募はないと思います。

この職種名をだと、「何か大変そうな仕事だ」と思われてしまいますか
らね。(^^)

そのかわり

・営業企画職

だと、何となく「知的」、あるいは「上級」の仕事の気がします。
内容は変わらなくても、ネーミングが与える「印象」が、後者の方がか
なり良いことがお分かり頂けると思います。
私の求人募集の反応が良かったのも、

WEBマーケティング・プランナー

という職種名(=仕事の名前)が、何となく魅力的に見えたのだと思い
ます。
という訳で、もし御社が求人募集する場合も、仕事の名前(職種名)を
工夫してみましょう。
これだけで、反応が2倍くらい違うと思いますよ。(^^)V

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

「まぐまぐ」のシステム変更

今週は、「まぐまぐのシステム変更」についてです。 このメールレターの読者さんの中には、「ま…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(10月19日現在)

  10月 11月 12月 1月
残り 25件 73件 80件 80件
10月は残り25件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。