経営者向けのメルマガ『経営塾』

ホームページを作成すると良い理由(前編)

今回から2回に渡り、ホームページを作成する理由について、お伝えしていこうと思います。

これだけインターネット集客が一般化してきた世の中ですが、ポータルサイトやSNSだけを利用し、自社のホームページを持たない方もまだまだたくさんいらっしゃいます。

そうした場合、ホームページを作る必要性ってあるの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、ポータルサイトやブログだけで、インターネット集客は十分なのでしょうか?

ここでは、エステサロンのホームページ制作を一例として、ホームページを作ったほうがよい理由や、ホームページを作るにあたって意識しておきたいことをお話ししていきます。

なんのためにホームページをわざわざ作るの?

ここでいうホームページとは、自店独自のサイトのことです。無料ブログやFacebookページもあるのに、どうしてお金をかけてホームページを作る必要があるのかについて、まず考えたいと思います。

キャンペーンの告知、お店の場所や電話番号などを伝えたいだけなら、ブログやFacebookページ、ポータルサイトだけでも可能です。

では、サービス内容やメニュー表、価格を見やすくするため?

答えはノー。

それももちろん伝えることは大事ですが、わざわざ自店のホームページを作ったほうがいい理由は他のところにあります。

サロンにくるお客さんの気持ち

では、エステサロンに来る前の人がどんな気持ちでインターネットの情報を見るかを想像してみましょう。

ひとくちにエステといってもいろいろな業態があり、

  • サービス内容や技術
  • 施術の効果
  • 職場や自宅からの距離
  • 価格

など、知りたい情報や気になるポイントはさまざまですが、意識しておきたいのは、

  • お店でどんな時間を過ごせるか

が、お客さんの心を動かす大きな要素になっているという点です。

これはエステサロンやリラクゼーションサロンならではのポイントです。

サロンは、日常とは別の癒しの空間。

お客さんはサービス内容を買うというより「お店で過ごす時間や体験」を丸ごと購入しています。

エステサロンを探してインターネットで情報を見ているお客さんは技術や価格もさることながら「このサロンで特別な時間を過ごせそうか」という疑問を持っているのです。

ホームページで伝えるべきは「世界観・コンセプト」

「このサロンで特別な時間を過ごせそうか?」

お客さんのこの疑問を解消すれば、来店へのハードルはかなり下がるでしょう。

その疑問を解消するには、デザインを含めたホームページ全体を通してサロンの「世界観・コンセプト」を伝える必要があります。

そういった意味でホームページの「見た目」は重要。世界観・コンセプトの伝わるデザイン、写真、キャッチコピー、文章を用意して、お客さんの「このサロンで特別な時間を過ごせそうか」という疑問を解決するのです。

それは、決められたフォーマットに情報を入れる個人ブログやFacebookページ、ポータルサイトではできません。

わざわざ自店のホームページを作る理由は、「サイト全体を通してサロンの世界観・コンセプトを伝えるため」なのです。

次回は引き続き、キーワードである「世界観・コンセプト」について掘り下げたいと思います。お楽しみに!

ちなみに、エステサロンホームページの作成ポイントを以下のページにまとめています。世界観・コンセプトを伝えることは、エステサロン以外も大切です。

ここではエステサロンを例にとってご説明していますが、他の業種の方もお使いになれるノウハウもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

   ▼愛サロンが育つ5つの秘密~コンテンツの作り方~
   http://www.aisalo-hp.com/secret

ページの一番上へ

初めてホームページ作成する方へ

初めての方へ

初めてのホームページを作成する際に失敗しない勘所をご紹介。自作であれ、制作会社に依頼する場合であれ、ここだけは押さえて欲しいポイントをまとめました。

低コストでHP作成したい方へ

低コストでHP作成をしたい

ホームページを作成予定の方に、低料金でホームページを作る方法をご説明します。なるべく低料金でホームページ作成をしたい方は、ぜひご覧ください。

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

HP初心者むけ
集客できる
ホームページの作り方

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。