スマホサイト入門

ホームページのスマホ対応で、押さえておきたい2つの問題点

WEBサイトはスマホでもそのまま閲覧できます。

しかし、スマートフォンは操作方法がパソコンとまったく異なるため、パソコンでの閲覧を前提としたWEBサイトをそのまま表示させると、いろいろな問題点が出てきてしまいます。

このページでは、そうした問題点を解決するための方法についてお話しします。

WEBサイトをスマホで表示させるために

PCサイトをスマホで表示する場合の問題点でも詳しくお話ししたように、そうした問題のほとんどは、スマートフォン特有の画面操作方法によるもの。

当然のことながら、一般のWEBサイトはパソコンでの閲覧を前提に作成されているため、あなたのホームページをスマホで表示する際には

  • 画面サイズが小さく文字が小さい
  • リンクを押しにくい

といった問題点を解決しておかないと、スマホを利用しているお客さんはホームページを見てくれません。

そこで、これらの解決方法を考えてみましょう。

画面サイズが小さく文字が小さい

スマホとPC画面比較

スマホの画面とパソコンの画面を比較。比率としてはこれくらいの差がある

パソコンに比べると画面サイズが極端に小さいスマホでは、WEBサイトがそのまま縮小のうえ表示されます。当然、パソコンで読む前提だった文字も縮小されてしまい、そのままではほとんど読めません。

このような状態を解消するには、まずスマホ専用のレイアウトを作っておく必要があります。サイトの見た目そのものをスマホ専用に変更してしまうのです。文字のサイズもスマホに最適化することができますので、小さくて読めないということもなくなります。

リンクを押しにくい

スマホ画面のテキストリンクテキストリンクが並んでいると、押し間違えることもしばしば

パソコンで閲覧し、マウスを使って操作することを前提に作られている通常のWEBサイトは、リンクもマウスでポイントしてクリックします。

それほど押しにくいということはありませんので、テキストにリンクを張っておくだけでも十分です。

しかしスマホではそうはいきません。

マウスポインターの何倍も太い人間の指で、画面上のリンクテキストを押さなければならないわけですが、これが想像以上に難しいのです。

タップ(指で押す)しようとした場所と実際にタップされた場所は微妙にズレていることが多く、何度タップしても次のページへ移動できなかったり、意図しないリンクやボタンを何度もタップしてしまってイライラ……という経験がある方も多いでしょう。

これも、スマホ専用のレイアウトを作っておけば、解消できます。指でタップすることを前提に、デザインそのものを変えてしまうわけです。

このように、画面の大きさや操作方法など、スマートフォン特有の事情を考慮しつつ、適切な対応を施す必要があるのがスマホサイトなのです。

ただ、イチからスマホ専用サイトを立ち上げるというのは、手間と時間、そしてお金もかかります。

すでにあるWEBサイトをそのままスマホに最適化させる方法などもありますので、御社にとってもっとも有効な方法を検討してみてください。

また、賢く簡単にスマホ対応ができるスマホサイト作成法を下記ガイドブックでご紹介しています。無料でダウンロードできますので、スマホ対応をお考えの方は、ぜひご一読ください。

スマホサイトの作り方

【無料BOOKプレゼント】HPを賢くスマホ対応したい方に
簡単!スマホサイト3つの作成法

初めてでも分かる、スマホサイトの作り方をご紹介。
スマホサイト作成にかかる費用も合わせて徹底公開。

スマホ対応は、今からでも遅くありません。
まだの方は今すぐ対策を!

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

初心者でも低コスト
お客さんを集客できる
ホームページ活用法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。