有料 無料
ホームページ
ビルダー
ドリームウィーバー
DreamWeaver
あきばれ
ホームページ
ワードプレス
WordPress
ジンドゥー
Jimdo
ウィックス
Wix
ホームページビルダー dreamweaver wordpress wix
対象 初心者 中・上級者 初心者 中・上級者 初心者 初心者
ビジネス用デザイン
(おしゃれ)
趣味用デザインが多い デザインソフト必要 本格的なビジネスデザインが実現可能 本格的なビジネスデザインが実現可能 どうしても素人っぽくなりがち どうしても素人っぽくなりがち
導入方式 ダウンロード
パッケージ購入
ダウンロード
パッケージ購入
クラウド ダウンロード クラウド クラウド
SEO 機能的に制約が多い SEOスキル必要 初心者でもSEO可能 SEO機能が豊富 機能的に制約が多い 機能的に制約が多い
操作性 とても簡単 専門値知識必要 少し慣れが必要 専門値知識必要 とても簡単 とても簡単
初期コンサル なし なし あり なし なし なし
電話サポート 6回以上は有料 ナビダイヤル 無料。回数制限なし なし 日本語はなし 無料。回数制限なし
スマホ対応 標準対応 個別に設定が必要 標準対応 設定作業が必要 標準対応 標準対応
ソフトの費用
(税別)
初期 11,800円 DL版
月次 なし
初期 なし
月次 2,480円
初期 49,800円~
月次 4,900円
初期 なし
月次 なし
初期 なし
月次 なし
初期 なし
月次 900円 (非広告)
サーバ費用(税別) 初期 なし
月額 1,550円
(ソフト提供元)
初期 3,000円
月額 1,000円
(一般的なサーバ費用)
サーバ代不要 初期 3,000円
月額 1,000円
(一般的なサーバ費用)
サーバ代不要 サーバ代不要
よく使われるオプション(税別) レンタルサーバプラン
月額 1,550円
画像ソフト
月額 5,680円
日本むけテーマ
初期 2~3万円
ビジネス版
月額 2,460円
ゼロからプラン
初期 65,000円~
VIPプラン
月額 2,500円
開発拠点 日本 アメリカ 日本 世界中 ドイツ イスラエル
ひと言コメント 有名ソフトだが、設計思想が古いので、やや時代遅れの印象 上級者が本格的なHPを作るならおすすめ 手厚いサポートを受けながら、ビジネス用の本格的なHPを自作したい初心者にお勧め 初心者は手を出さない方が無難
中上級者にとっては標準ソフト
とにかく安くHPを作りたい初心者は、このツールがお勧め 安く、自力で頑張りたい人、特に写真をたくさん使ったHPを作りたい人におすすめ
おすすめHP作成ソフト

初心者も簡単!?Movable Type (ムーバブルタイプ)の長所と短所

Movable Typeとは?

本格的な活用には専門的なスキルが必須のツール

  • ブログ形式だから文字や写真の入力だけなら簡単
  • メーカーによる公式サポートがある(有料)
  • 導入の手順が複雑で、専門知識と時間が必要
  • SEO対策(検索で上に出る)には専門的知識が必要
  • ビジネスに使うには63,000円~のライセンス料が必要

MovableTypeの短所
〜ビジネスで使うには費用が必要〜

MovableType(ムーバブルタイプ)でホームページを作る短所(デメリット)は、次の通りです。

短所1.導入の手順が複雑で、専門知識と時間が必要

専門知識が必要
設置までの操作が複雑

Movable Type(ムーバブルタイプ)は、自由度が高いぶん、導入までに複雑な手順(インターネットやプログラムの専門的な技術を使う)が必要で、初心者には相当ハードルの高い作業といえます。

社内に専門知識を持った方がいたとしてても、 その方はMovable Typeのためにかなりの時間を割くことになり、会社にとってはかなりの負担となるでしょう。

また、異動などにともなう引き継ぎが困難なことも多いようです。

Movable Typeの導入に割く余裕が社内にない場合は、専門業者へ依頼することになるわけですが、業者への依頼には高額な費用がかかります。一般的にMovable Typeでのホームページ作成を業者に依頼すると20~50万円以上かかるケースが多いようです。

短所2.SEO対策(検索で上に出る)には専門的な知識が必要

Movable TypeのSEO
検索で上に出ると、人が集まる

ホームページをたくさんの人に見てもらうためには、検索結果で上に出ることSEO: 検索エンジン対策)がとても重要です。集客を目的とした企業のサイトを作成するならなおさらでしょう。

Movable Type(ムーバブルタイプ)でSEOを行うには、その仕組み上、従来のホームページと同じように、HTML直接自分で編集しなければなりません。

つまり、HTMLの知識を持っているような上級者の方が社内にいないなら、自社で検索エンジン対策を行うのはとても難しいのです。

そのため、SEOの専門業者に依頼せざるを得ないケースも多いのですが、
業者に頼むと高額なコストがかかることを覚悟しなければなりません。

短所3.ビジネスに使うには 63,000 円~ のライセンスが必要

有料のライセンス
有料のライセンスが必要

Movable Type(ムーバブルタイプ)は、個人でブログを書くために使う場合には無料なのですが、ビジネスで使う場合は、有料のライセンスを購入する必要があります(63,000円~)。

法人の方・個人事業主の方を問わず、この費用がかかってしまうので、初期費用としてはちょっとした出費になってしまいます。

短所4.スマホサイトを作るのに別途費用がかかる

スマホサイト
無料でスマホサイトを作るには?

SEO対策(検索で上に出る)の面でも、お客さまからのお問合せを増やすという面でも、効果的だと言われるスマホサイト。その需要は加速的に高まっています。

しかし、Movable Type(ムーバブルタイプ)は、標準ではスマホに対応していません。「ケータイキット」と呼ばれる特別なプラグインを導入しないと、スマホに対応した形式を実現できないのです。しかも、そのプラグインは別途有料で購入する必要があります。

もしムーバイルタイプでスマホサイトに対応させたい場合は、ビジネスサイトを作るための通常のライセンス費63,000円~に加え、別途費用が発生することを覚えておきましょう。

その他の短所

ホームページのビジネス活用には、お問合せフォームなどのフォームの設置は不可欠です。
ところがMovable Type(ムーバブルタイプ)には、この必要不可欠なフォーム機能が標準で付属していません。フォームの設置には専門的な知識が必要になります。

ランニングコストとしてサーバ代がかかります。
一般的に、レンタルサーバは借りるときの「初期費用」と、その後の「月額費用」が必要です。

MovableTypeの長所
〜ブログ形式だから簡単〜

MovableType(ムーバブルタイプ)でホームページを作る長所(メリット)は、次の通りです。

長所1.ブログ形式だから文字や写真の入力・更新だけなら簡単

ムーバブルタイプの管理画面
操作は簡単なブログ形式

Movable Type(ムーバブルタイプ)は、ブログ形式でホームページを作成できるツールです。ブログ形式のツールは、難しい操作方法をほとんど覚えることなく簡単にページの作成・更新が行えます。

定型的な枠組みに当てはめるというデメリットはあるものの、
文字の入力」と「写真の貼り付け
だけで簡単にページの作成・更新ができるのです。

ただし、Movable Typeの場合は、ページの中身の文章・写真は簡単に変更できますが、デザインやメニューの変更にはインターネットについての専門的な知識が必要です。

長所2.メーカーによる公式サポートがある(有料)

公式サポートあり
メーカーの公式サポートあり

Movable Type(ムーバブルタイプ)は、製造・販売メーカーの「シックス・アパート」社による公式のサポートを受けることができます。

操作画面の使い方やエラーが出た場合の対応などについて教えてもらえるため、初心者には心強いでしょう。

ただし、サポートは有料なので、注意が必要です。

また、メーカーの公式サポートはメール限定で、回答までに3営業日程度かかってしまうため、すぐに回答がほしい場合などは不便かもしれません。

なるべくお金をかけず、簡単に作りたい・・・

Movable Type(ムーバブルタイプ)は、文章の入力や画像の貼り付けといった単純な作業であれば、誰でも簡単に行うことができます。しかも、有料ではありますが、メールによる公式サポートもあるので、HP初心者の方でも安心です。

ただしその反面、使い始めるまでが一苦労。導入までの手順がとても複雑なうえ、初期設定にHTMLやCSSといったプログラミングの知識が必要になります。

そのうえ、ビジネス用のホームページを作る場合には、有料のライセンスを購入しなければなりませんし、スマホサイトを作る場合にも専用のプラグイン購入が不可欠です。

Movable Type(ムーバブルタイプ)でホームページを作るには、専門知識とそれなりの費用がかかることを覚悟しなければなりません。

ページの一番上へ

ホームページでお客さんを増やせる!
初心者むけガイドブック無料プレゼント

無料PDF

新型コロナに負けるな!
コロナ時代
ホームページ集客法

本ガイドブックでは、初心者の方を対象に以下の3つをお話ししています。

  • どうすれば苦手な営業をせずに済むのか
  • どんなホームページを作れば、お客さんを増やすことができるのか
  • 低価格でホームページを作るにはどうすればよいか

集客でお悩みの方、ホームページ活用でお困りの方は、ぜひご一読ください。

ページの一番上へ