化粧品の効果効能表現に注意!エステサロンの広告表現NGワード - あきばれホームページ作成
あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

化粧品の効果効能表現に注意!エステサロンの広告表現NGワード

  • お役立ち情報
  • サロン・エステ
  • サロン開業
化粧品の効果効能表現に注意!エステサロンの広告表現NGワード

エステサロンの広告を出すときに注意したいのが、化粧品の効果効能に関する表現です。
化粧品は医薬品とは異なり、効果効能について説明する際、表現方法に細かい制限があるため気を付けないといけません。

さらにそれだけでなく誇大広告に対しても規制する動きがあるため、しっかり把握していないとサロンの信頼を落としかねない問題に発展します。

そこで、今回は化粧品の効果効能の表現で注意してほしい、エステサロンの広告表現NGワードをご紹介します。

シミに関するNGワード

ミに関するNGワード

薬機法では、化粧品とは「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物」と定義されています。

そのため化粧品を使用する目的は、肌や髪を健康に保つためであり、薬とは異なり、効果や効能は明確ではないというのが化粧品の位置づけです。

そのため医薬品の説明として使われる「シミに効く」「シミを消せる」などの表現はNGワードになります。

シミ自体が消えたり、薄くなったり、直接的に効果を発揮するという表現は使えませんが、その代わり「紫外線から肌を守る」「シミができるのを予防する」という表現は使用することができます。

また薬用美白化粧品であれば、「メラニンの生成を抑える」という表現も可能になり、含まれている成分によって表現の仕方が変わります。

シワに関するNGワード

シワに関するNGワード

シワに関する規制は厳しく、改善効果だけでなく、予防効果を謳うワードもNGです。
「シワがなくなる」「シワが伸びる」「シワを防ぐ」などはNGワードに当てはまります。

基本的に加齢によってできたシミに対する効果や予防に対して表現することはできませんが、乾燥によるシワに対しては使えるワードがあります。

それが「乾燥による小ジワを目立たなくする」という表現です。

この表現はテレビCMなどでもよく耳にしますが、この表現を使用するためには、日本香粧品学会の「化粧品機能評価法ガイドライン」の「新規効能取得の ための抗シワ製品評価ガイドライン」に基づく試験、またはそれと同等以上の適切な試験を行い、効果が確認された化粧品でなければいけません。

これは潤いを与えることで、乾燥による小ジワが目立たなくなるという意味なので、保湿と言う意味合いが強く、加齢によって増えたシワを改善するということではありません。

シワに関する効果効能としては、「目元・口元など肌年齢が気になる方に」「肌にハリを与える」「肌を滑らかにする」など、直接シミに効果があるという表現を使わなければ使用可能です。

美白、エイジングケアに関するNGワード

美白、エイジングケアに関するNGワード

化粧品の広告でよく目にする美白とエイジングケアについてですが、この2つは薬機法において表現することはNGです。

しかし一定の条件をクリアしていれば使用可能になります。

化粧品の場合、「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」または「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」の承認を受けた効果効能に基づく表現です。

または「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」という注記表現を入れれば使用可能になります。

またエイジングケアの場合は、年齢に応じた化粧品等の効果効能の範囲内のケアのエイジングケアを用いた表現であれば使用可能です。

例えば、「エイジングケア」という直接的な単語は使わずに、「50代からの化粧水」など、年齢を出すことで暗にエイジングケアを連想させるような表現方法はよくテクニックとして使われます。

加齢によって変化した肌を化粧品によって改善するという表現を使わずに、化粧品によってどのような変化が期待できるのかという点を重点的に表現するのがポイントです。

断定的な表現はNG

断定的な表現はNG

エステサロンの広告で化粧品の効果効能を紹介する場合、断定的な表現は避ける必要があります。

「絶対」「完全」「安心」など、断定的な表現はNGワードです。

仮に自分やスタッフが、該当する化粧品を使用して効果があったとしても、化粧品で得られる効果には個人差があります。

同じ人が使用したとしても、その時の体調や体質、気候など、様々な条件によって影響を受け、同じように良い結果が出るとは限りません。

あからさまに効果だけを強調すると、誇大広告と判断されてしまう可能性があります。

エステサロンの広告表現NGワードまとめ

エステサロンの広告表現NGワードまとめ

化粧品の効果効能の表現に関しては、断定的な表現を避けて、グレーゾーンの表現を探す作業になります。

間違った表現でエステサロンの広告を出してしまうと、サロンの評判を落とすだけでなく、エステティシャンとしての信用を失いかねないことになるので注意しましょう。

化粧品の効果効能の表現については、「つるんとした」「ファンデーション要らず」「ふっくら」「透き通るような」といった表現がよく使われます。

まずは使用したい言葉が薬機法に置いてNGワードで引っかかっていないかどうか確認してから、エステサロンの広告を作成しましょう。