あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

ホームページを読み続けてもらうには?

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2012年3月21日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 4 分

前回、前々回と2回ほどにわたり、動画やキャッチコピーを使って第一
印象でアクセス者の心をつかむ方法をご紹介しました。

今回は、第一印象でアクセス者の興味を引くことに成功した後の、次の
ステップとして、

サイト内のコンテンツを読み続けてもらうポイント

についてお話したいと思います。

アクセス者の興味を引き続ける

当たり前のことですが、第一印象でアクセス者の興味を引くことに成功
しても、それだけではビジネスにはつながりません。

アクセス者の興味を引き続け、サイト内のコンテンツを読み続けてもら
うことが肝心。

そうすることで、アクセス者の興味がより深まったり、信頼度が高まっ
たりし、「一度問合せしてみよう」といったアクションを起こしてもら
えるもの。

動画や画像をページ全体に

では、第一印象で興味をもってくれたアクセス者に、コンテンツを読み
続けてもらうには、どうしたらよいのでしょうか。

一番簡単で、誰にでもできる方法は、

・ページ全体に動画や画像を配置する

ことです。

せっかく第一印象でアクセス者の心をとらえたとしても、スクロールし
てみると“文字ばかりがズラッと並んでいる”ページが続いていたら、
サイトは閉じられてしまうでしょう。

よっぽど面白い内容であれば、じっくりと読んでくれるアクセス者もい
るとは思いますが、多くのアクセス者は文字ばかりのページにウンザリ
し、読む気が失せてしまうのが現実。

そこで、動画や画像などを活用するのです。

動画や画像は目に留まりやすく、アクセス者の視線を引き付けやすいと
いう特性があります。

そのため、ページ全体に配置しておくことで、ページの下の方まで読み
続けてくれる可能性をグッと高められるのです。

ただどんなものでもよいというわけではなく、そこで伝えたい内容を表
している動画や画像を使うようにしましょう。

次を読ませるための「見出し」

また、文章が多い場合は適宜「見出し」を入れることをおすすめします。

この見出しを入れる目的は2つ、

・アクセス者の視線を惹きつけ、興味を引く

・次に続く文章を読ませる

こと。

ほとんどのアクセス者が、まず行うのは“流し読み”。サッと見て、目
に留まった見出しから、自分の求める情報があるかどうかを判断します。

それゆえ見出しは意外と重要なのです。

見出しは、パッと見ただけで、どんなことが書かれているのかがわかる
ように作るのがポイント。

読ませる見出しを付けるには、ある程度テクニックが必要ですが、雑誌
などを参考に作成してみてください。

まとめ

第一印象で興味を持ってもらったアクセス者に、サイト内のコンテンツ
を読み続けてもらうポイントは

・動画や画像をページ全体に配置する

・見出しを入れる

こと。

このポイントを押さえるだけでも、アクセス者が下へ下へと読み続けて
くれる可能性が高まります。

皆さんのサイトは、どれくらい動画や画像を掲載されていますか? 文
字ばかりがズラッと並んでいませんか?

ぜひ、この機会に見直してみてくださいね。(^^)/~~

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

クリックされやすいページタイトルと説明文の書き方(前編)

今回は、 クリックされるページタイトルと説明文の書き方(前編) についてお話し…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(6月28日現在)

  6月 7月 8月 9月
残り 1件 50件 80件 80件
6月は残り1件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。