あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

ホームページの原稿は誰が考える?

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2005年5月5日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 6 分

今週は「ホームページの原稿は誰が考える?」です。

これからホームページを作ろうとしている会員さんからいただいたご質
問をもとに、「会話」形式でお届けしましょう。

Aさんと私の会話です。

原稿は誰が考えるのがベストか?

私 「ホームページを作るときに、一番大変なことってなんだと思いま
   す?」

A 「そりゃあ、やっぱりデザインでしょう。これは素人にはできない
   からね、プロにお任せしないとね。」

私 「ええ、もちろんデザインは難しいですが、Aさんのおっしゃる通り、
   それは業者に依頼したら何とかなりますよ。Aさんが一番大変な
   のは、ホームページの中身、原稿を書くところなんです。
   お忙しいでしょう?時間は取れそうですか?」

A 「ああ、それなら大丈夫。全部家内に任せようと思ってるんです。
   私はどうも、文章を考えるのは苦手なもんで。家内は結構文章書
   くの、好きらしいんですよ。」

私 「あれ?Aさんの奥様は、一緒に会社で働いていらっしゃるんです
   か?」

A 「ええ。週3回来て、事務だけやってくれてるんです。」

私 「そうですか・・それは難しいかもしれませんよ。ホームページを
   作る作業で、一番大変かつ重要なのはこの原稿の制作ですから、
   社内の事情、特に営業について詳しい人に書いてもらったほうが
   いいと思いますよ。」

A 「えっ、うちの会社は私がひとりで営業もやってますから、結局、
   私が書くっていうことですか?!あとは資料を渡したらできあが
   る気でいたのに、なんだか急に大変になってきたなぁ・・」

          --*--*--*--

ホームページ制作の全工程のうち、大きな時間を占めるのが、ホームペー
ジに掲載する原稿の制作です。

ホームページにアクセスした人が、資料請求や問い合わせをしてくれる
のか、もしくは商品を買ってくれるのか、それとも他のページに行って
しまうのかを決定するのは、ホームページの中身(コンテンツ)なので
す。

Aさんは、あまり社内の事情をご存じでない奥様に、原稿書きを全部任
せようとしていましたが、それではポイントを外した中身になってしま
う可能性が高いと思われます。

ホームページは、インターネット上の「仮想支店」です。
従って、ホームページを開設するということは、新しく「支店を開設す
る」ことと同じです。

通常は、どこかの地方に新しく支店を開設する場合、

  ・どのような店舗にするか(内装、品揃え、等)
  ・どのようなお客さんをターゲットにするか
  ・人員配置はどうするか
  ・来店したお客さんにどうセールスするか

といったポイントを、経営者ご本人か、ある程度の経験のある方が色々
と検討されると思います。

原稿制作はこの中で「来店したお客さんにどうセールスするか」を考え
ることと同じですから、営業に大きく関わっている方が担当するのがベ
ストなのです。

(奥様が本業のライターさんで、Aさんにきちんと取材をして書いてく
 れる、ということでしたら話は別ですが・・・)

原稿書きの苦労がメリットになる

さて、Aさんとの会話の続きです。

A 「困ったなぁ、私、ホントに書き物苦手なんですよ~。考えてる暇
   もないし・・」

私 「そうはいっても、”忙しいから”といって、奥様に代わりに、支
   店開設を任せたりはしないでしょう?やっぱり、Aさんが中心に
   なって制作するのがベストだと思いますよ。」

A 「私にできますかねぇ・・?」

私 「まずは、いつも営業でお客さんに話している内容を整理してみた
   らどうですか?それから、文章の枝葉や体裁にこだわらないで、
   話し言葉でもどんどん書いていっていいと思いますよ。細かい修
   正は、文章の得意な奥様にやってもらえばいいんですから。」

A 「なるほど」

私 「ホームページにアクセスした人を、はじめて会うお客さんだと想
   定して、伝えたいことを書き出してみてください。いつもすらす
   らと話していることを「文字」にするのは、確かに大変だと思い
   ますが、続けているうちに、頭の中が整理されてくるはずですよ。」

          --*--*--*--

多くの経営者の方にとって、ホームページ制作は「初めての経験」です。

ホームページでは、営業マン(人)の代わりに、文字(コンテンツ)が
お客様に説明をします。
ですから、アクセスした人に「伝えたい内容」を、「分かりやすく」ま
とめて、それを「文字」にしなければなりません。

この作業は、文章を書くのに慣れていない方だと、本当に苦労されると
思います。

しかし、自分の頭の中にあることを「文字」に落とす作業は、同時に、
あなたの頭の中にぼんやりとあった内容を、整理する作業でもあります。

 「我が社のアピールポイントは何だろう」
 「お客様に喜んで頂けるサービスは?」
 「自分の想いを伝えるにはどうすれば良いのだろう」

こうしたことを、原稿を書きながら考えてまとめていくことは、新たな
発見につながったり、後々の経営に役立っていくことと思います。

ホームページの原稿制作が、ホームページの成果以上の何かを、あなたに
もたらしてくれるかもしれませんよ(^^)

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

弊社看板コンサルタントのtwitterアカウント

本日はtwitterネタを少々。 日本のソーシャルメディア利用人口ですが、一般にこれくらい…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(6月29日現在)

  6月 7月 8月 9月
残り 1件 50件 80件 80件
6月は残り1件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。