あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

ホームページの原稿は誰が書く?

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2013年7月10日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 7 分

今回は、ホームページ作成を検討中の読者の方からいただいたご質問を
ご紹介します。

読者からのご質問

いつも役に立つ情報ありがとうございます。

私は、今、ホームページ作成を検討している者ですが、ホームペー
ジを作るのは初めてなので、何から考えればよいのか、今ひとつ理
解できていません。

とくに、私は作文が苦手なので、ホームページに載せる文章は、いっ
たい何を書いたらよいのかというのが、皆目見当もつかず、悩みの
種です。

もう、いっそのこと、文章を書くのが得意な、高校生の娘に書かせ
ようかとも思っているのですが・・・

どのように考えるのがよいでしょうか?

(埼玉県・製造業 K.Aさん)

K.Aさん、ご質問ありがとうございました。

このように、

「文章が苦手なのでホームページの原稿作成が心配」

という方はとても多く、どちらかというと「文章が得意です」という方
のほうが少数ですから、そのこと自体を心配する必要はありません。

それよりも、

もう、いっそのこと、文章を書くのが得意な、高校生の娘に書かせ
ようかとも思っているのですが・・・

ということのほうが、ちょっと問題なんです。(^_^;)

上手く書ければよいというわけではない

ホームページ作成の際には、考えなければならないことが大きく二つあ
ります。

一つは、「ホームページのデザイン」。

もちろん、これは素人ではなかなか難しいですから、ホームページ制作
会社のデザイナーに任せるのが普通でしょう。

弊社の【ブログdeホームページ】の場合は、この部分をテンプレート化
することで、専門知識がなくても、自由にデザインを選べるようにして
います。

もう一つは、「ホームページのコンテンツ」。

コンテンツとは、ホームページに掲載する文書や写真などのことです。

ホームページのアクセス者が、問合せや資料請求をしたり、商品やサー
ビスの申込みをしたりしてくれるかどうかは、コンテンツのでき栄え次
第。

とても重要な部分ですから、デザインとは違い、プロに丸投げすれば済
む、というわけにはいきません。

もちろん、ライターと言われるような、もの書きの専門家に頼めば、そ
れなりに読みやすい文書を書いてくれるでしょう。

しかし、読みやすいだけではダメなのが、ホームページの文書なのです。

ホームページの原稿を書くのは誰?

ホームページというのは、

インターネット上の「仮想支店」「仮想店舗」

ですから、ホームページを開設するというのは、新しい支店や店舗を開
設するのと同じことです。

どこかに新しい支店や店舗を開設する場合、

・どのような店舗にするか(内装、品揃え、等)

・どのようなお客さんをターゲットにするか

・人員配置はどうするか

・来店したお客さんにどうセールスするか

といった点を、経営者が中心となってすみずみまで検討するはずです。

K.Aさんは、

もう、いっそのこと、文章を書くのが得意な、高校生の娘に書かせ
ようかとも思っているのですが・・・

とおっしゃっているのですが、それはちょっと待ってください。

ホームページでは、「どのような店舗にするか」の部分がデザイン、そ
の他の部分はすべてコンテンツです。

文書作成は、この中で「来店したお客さんにどうセールスするか」を考
える部分にあたります。

セールス方法は売上に直結する重要な部分ですから、普通は、関係のな
い人に依頼したりしませんよね。

ましてやビジネス経験がない高校生の娘さんに考えさせたりはしないで
しょう。

ホームページの文書もそれと同じことですから、実際にお客さんと接し
て、営業に大きく関わっている方が書くべきなのです。

原稿を書くと事業内容が整理できる

とはいえ、文書を書くことに慣れていないと、苦労されるのも事実です。

K.Aさんのように、文書作成が不安でホームページ作成をためらって
しまう、というお気持ちもよくわかります。

ただ、ホームページ文書を書くコツがあります。

それは、

いつもお客さんに話している内容を、過不足なく書く

ということ。

ホームページのアクセス者を、はじめて会うお客さんだと思って、その
お客さんに話す内容を書けばよいのです。

どうでしょうか。

「いつも話している内容を書くのなら、書けそうだな」と思いませんか?

頭の中にあることを文書化すると、あなたの頭の中にぼんやりとあった
内容を、整理することができます。

 「自社のアピールポイントは何だろう」

 「お客さまに喜んでいただけるサービスは?」

 「自分の想いを伝えるにはどうすればよいのだろう」

こうしたことを、文書作成を通じて、まとめてみてください。

ホームページの文書作成の苦労が、新たな発見につながったり、思わぬ
成果をもたらしてくれるかもしれませんよ。\(^^)√

なお、K.Aさんのように、

「ホームページ作成について何から考えてよいかわからない」

という方は、ぜひ無料ガイドブックを読んでみてください。

▼無料ガイドブック「ゼロからはじめるホームページ入門」

http://www.akibare-hp.jp/guidebook/hp/

きっと、いろいろな不安を解消していただけるはずです。(^^)

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

社会保険労務士の顧客開拓(その1)ホームページ活用のポイントとは

今回は社会保険労務士さんのホームページ活用について解説しましょう。 社労士さんは、就…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(10月22日現在)

  10月 11月 12月 1月
残り 15件 68件 80件 80件
10月は残り15件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。