あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

簡単ホームページ作成メルマガ

集客を左右する!サイト名を決める3つのポイント(後編)

関連情報:初心者でも簡単!【ホームページの作り方講座】

バックナンバー: 2017年9月14日配信

この記事を読むのにかかる時間:約 4 分

今回は前回に続いて「サイト名を決めるポイント」を解説します。

  ▼前回の内容
  https://www.akibare-hp.jp/ml/site-name-3-points-1/

前回はどのようにサイト名を考えれば良いか、主に発想のポイントをお伝えしましたが、今回はサイト名を決めた後のことをお話ししたいと思います。

良いサイト名を思いついたからと言って、それをそのまま採用してしまうのは少し危険です。最終決定する前に、最低限確認しておきたい項目をご紹介します。

せっかく考えたサイト名も、場合によっては使用できないこともありますので、次からご紹介する項目はぜひ確認してみてください。

既存のサイト名やサービス名とかぶっていないか確認する

Googleで検索するなどして、すでにある別のサイト名やサービス名と同じ名前でないかを確認しておきましょう。

とくに短いサイト名では、すでに別の企業が商標登録している場合があるので要注意です。

下記サイトで登録済み商標を検索できますので、必ず確認してみてください。考えたサイト名が商標登録済みの場合は、使用を諦めなくてはいけないこともあります。

  ▼特許情報プラットフォーム
  https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

ドメイン名が取得できるか確認する

サイト名の候補が上がってきたら、その名前でドメインが取得できるか確認しておきましょう。

サイト名とドメイン名を連動させる場合、せっかく良いサイト名を考えついたとしても、ドメインが取得できないのでは諦めざるを得ません。

お名前.comなどのサイトで、取得済みかどうかを調べることができます。

  ▼お名前.com
  https://www.onamae.com

海外での意味がおかしくないか確認する

日本語での響きがよくても、英語をはじめとした他の言語でよくない意味を持つ言葉ではないかを確認しておくとよいでしょう。

下記のサイトでは、単語を入力すると外国語でよくない意味を持っているかどうかを無料で調べられます。

  ▼WordSafety
  http://wordsafety.com/

以上、2回に渡って、サイト名を決めるときのポイントをご紹介しました。

サイト名は、SEOに影響をあたえる重要なものです。それだけでなく、サイトの認知度やブランディング、リピーターの確保にも関わってきます。ユーザーも運営する側も、どちらも愛着が持てるサイト名になるよう、時間をかけてじっくり考えましょう。

まずはホームページのコンセプトを明確にすると、サイト名も決めやすくなるので、これから新しくサイトを作成される方は、ぜひそこから取り組んでみてください。

【あきばれホームページ】では、コンサルタントがホームページの方針(コンセプト)を相談の上、ご提案・アドバイスもしています。弊社でホームページを作成される場合は、ぜひコンサルタントをご活用いただければと思います(^^)。

  ▼WEBのプロ(コンサルタント)が電話でアドバイス
  https://www.akibare-hp.jp/service/consulting/

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

mixi(ミクシィ)とホームページの連動でアクセスアップ!

本日はまず、【ブログdeホームページ】をご利用中の会員さまからいた だいたお便りをご紹介し…続きを読む

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(9月24日現在)

  9月 10月 11月 12月
残り 2件 62件 80件 80件
9月は残り2件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。