あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

サイトの作り方(理論編)

ホームページのSEO対策入門

SEOキーワードを埋め込む

それでは、検索結果で上位表示されるための施策、検索エンジン対策(SEO)のポイントを具体的にお話ししていきましょう。

上位表示させたい「キーワード」を選ぶ

SEOを検討するにあたっては、まずホームページに集めたいお客さんが検索しそうな「キーワード」を選びます

一生懸命に検索エンジン対策を行っても、その対策を施した「キーワード」が、ターゲットとしているお客さんがまったく使わないキーワードでは、狙ったお客さんを集めることができません。

コンサルタントの山口
コンサルタントの山口です。
キーワードは欲張らず、3つ程度まで絞りこみましょう。
→ WEBのプロによるホームページ作成サービスの詳細はこちら

たとえば、ホームページで女性むけの商品を扱っているのに、狙ったキーワードが男性しか使わないキーワードだったとしたら、女性を集めるのは難しいでしょう。一生懸命そのキーワードで検索エンジン対策を行っても、アクセスしてくれるのは男性ばかり、という状態になってしまいます。

そうならないためには、SEOを行う前に、自社のホームページに来てほしいお客さんが、検索サイトで使いそうな「キーワード」を洗い出しておきましょう。

「お客さんはどんなキーワードを使うだろう」と想像しながら、具体的なキーワードをピックアップするのです。

たとえば、兵庫県の神戸で開業している社会保険労務士事務所の場合、ホームページにアクセスしてほしいお客さんは、

地元の社労士の先生を探している人

です。このことから、キーワードの候補として考えられるのは、次のようなものになります。

  • 社会保険労務士+神戸
  • 社会保険労務士事務所+神戸
  • 社会保険労務士+兵庫県
  • 社会保険労務士事務所+兵庫県

なお、狙うキーワードが多すぎると、結局どのキーワードでも上位表示できないということになりがちですから、キーワードは欲張らず、3個程度に絞りましょう。

ホームページにキーワードを埋め込む

次に選んだキーワードをホームページに設定します。設定した方が良い場所はいくつかあるのですが、最低限、以下の2ヵ所にはキーワードを設定しておきましょう。

  1. ページタイトル
  2. ヘッダー下紹介文

画像

1.「ページタイトル」にキーワードを埋め込む

コンサルタントの二宮
コンサルタントの二宮です。
キーワードを「ページタイトル」に埋め込むことは、SEO対策の重要事項です
→ Googleが公表したSEOのポイントについて

「ページタイトル」とは、ブラウザのウィンドウ左上に表示される項目で、SEOの重要項目です。上図をご覧いただくと、ブラウザの左上の部分に

兵庫県の秋晴れ社会保険労務士事務所(神戸)

と表示されています。これが「ページタイトル」です。

この「ページタイトル」に、「兵庫県」と「社会保険労務士」「事務所」「神戸」というキーワードが含まれていますが、これにより

  • 社会保険労務士+神戸
  • 社会保険労務士事務所+神戸
  • 社会保険労務士+兵庫県
  • 社会保険労務士事務所+兵庫県

というキーワードで検索された時に、上位表示されやすくなるのです。

検索サイトは、この「ページタイトル」に含まれたキーワードを重要視します。詳しい技術的な解説は省略しますが、この「ページタイトル」にキーワードを含めることが、SEOに大変効果があるのです。

2.「ヘッダー下紹介文」にキーワードを埋込む

「ページタイトル」以外に、「ヘッダー下紹介文」にもキーワードを記載しておくと、上位表示されやすくなります。

「ヘッダー下紹介文」とは、ヘッダーのすぐ下におかれた文字エリアで、弊社ではホームページを作る時にとても大切にしている場所の一つです。

検索エンジンは、ページの上部から読み込んでそのページを解析しますので、ページの上の方に書かれているキーワードを重要視します。

そのため、この「ヘッダー下紹介文」というページ上部のエリアにキーワードを埋め込むと、SEO的な効果が高いのです。

ただこの部分は実際にアクセスしたお客さんの目に触れますから、不自然にキーワードを詰め込むのも問題です。そこで、サービス紹介をしながら、狙ったキーワードをさりげなく含める、というのがおすすめのテクニックです。

また「会社名」と「住所」をこの場所に記載しておくと、違和感なくキーワードを含めることができます。

前ページの例を見ていただくと、(2)のヘッダー下紹介文の部分に、「神戸」「兵庫県」「社会保険労務士」「社会保険労務士事務所」といったキーワードが、さりげなく使われていることがわかると思います。このように、日本語として違和感のない形でキーワードを埋め込むのがポイントです。

これ以外にも、いくつかキーワードを含めた方がよい場所はあるのですが、まずは、

「ページタイトル」と「ヘッダー下紹介文」にキーワードを含める

ということを実践してみましょう。

3.相互リンクとアクセスアップ・・・

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(9月20日現在)

  9月 10月 11月 12月
残り 20件 80件 80件 80件
9月は残り20件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。