あきばれホームページ作成
小さく始めて大きく育てるホームページ作成サービス

WEBマーケティング総合研究所

お問合せ・ご相談はこちら

ホームページ作成教室

ホームページで申込みページの反応率アップ

さて続いては、成果に直結する重要ポイント「申込みフォーム」の改善点についてお話ししてみましょう。

「申込みフォーム」や「購入フォーム」は、ホームページの最後の仕上げ部分にあたります。ここの部分でお客さんを逃がしてしまうと、
何のためにホームページ作成会社を使わず、一生懸命ホームページを作っているのか分かりません。

この意味で、申込みフォームや購入フォームの作成にあたっては、細心の注意を払いましょう。

コンバージョンレート(申込み率)

さて、ホームページにアクセスしてくれた人のうち、実際に資料請求してくれた人の割合のことを、
コンバージョンレート」(CR:申込み率)と呼びます。

ホームページの効果を高めるためには、このコンバージョンレートをアップすることが大切です。

ところで平均的なホームページの場合、

  • 1,000人のアクセス者に対して、
  • 申込みをしてくれる人は、わずか「5人」

くらいです。

一方、【ブログdeホームページ】のホームページの場合、提供してるサービスや、
ホームページのコンテンツでかなりばらつきがあるのですが、

  • 1,000人のアクセス者に対して、
  • 申込者の人数は、「40人~50人」

といったところです。

もちろん最初からこんなに高い数値がでたわけではなく、
最初のホームページでは、1,000人のアクセスに申込者「0人」ということもありました。(^^ゞ

しかし、そうした数々の失敗をもとにして、今の数値を出せるようになってきたのです。

本日は現場で身につけたノウハウから、比較的効果が出やすいポイントをお教えしましょう。

申込みフォームで立ち去る人が多い

まず、最初のポイントは、「申込みフォーム」の改善です。

申込みフォームというのは、商品の購入や資料の請求をする際に、
自分の住所・氏名を入力するページのことです。

申込みフォームというのは、実店舗でいうと「レジ」にあたります。

実店舗では店員の目が気になりますから、レジまで商品を持って来て、
「やっぱり購入するのはやーめた」という人はあまりいません。

でも、ホームページの場合は、レジ(=申込みフォーム)までやって来た人のうち、
申込みを行わないで帰ってしまう人が、相当たくさんいます。

弊社の場合だと、問合せフォームにアクセスしてくれた人のうち、
半分以上の人は申込みを行いません。

つまり、申込みフォームというレジの前まで来た人のうち、
半分以上の人は商品を購入することなく立ち去ってしまうのです。

そして申込みフォームのできが悪いと、立ち去ってしまう人が90%以上、
というのも決して珍しくはないのです。

申込みフォーム改善のポイント

さて申込みフォームにアクセスした人に、
そのまま申込みをしていただくために重要なのが、

  • 入力項目を、極力少なくする

という点です。

ネットユーザーはせっかちな人が多いので、申込みフォームの入力項目が多いと、
面倒くさがって申込みを断念してしまいます。

よく申込みフォームで、性別や年齢、あるいは「どのようにこのホームページをお知りになりましたか?」
というアンケートをしているホームページがありますが、こうしたホームページの場合、
アンケートに答えるのが嫌で申込みをしない人がかなりいます。

また、電話番号の入力を必須にすると、申込み比率がかなり低下します。

私の経験では、電話番号の入力項目を削除したとたんに、
申込み比率が20%アップしたこともあります。

インターネットで、個人情報の漏洩を心配する人はたくさんいます。そういう人たちにとっては、
電話番号や生年月日といった個人情報を、見ず知らずのホームページに登録するのは、相当勇気がいることなのです。

いずれにしても、申込みフォームの入力項目数と、申込みの比率は反比例します。
申込みフォームを作るときは、最小限の項目に絞って作成しましょう。

申込みフォームで「信頼感」を与える

入力項目の数を減らすのと同じくらい重要なのが、

  • 申込みフォームで信頼感を与える

ということです。

実店舗でも、レジのお兄さんがパンチパーマの人相の悪い人だと、
商品を購入するのをためらうと思いますが、ホームページも同じなのです。

店員と直接話すことができないインターネットでは、この「信頼感」が非常に大切で、
「何となく怪しい」ホームページでは、物を売るのは本当に難しいのです。

それでは、信頼感を与えるにはどうすれば良いでしょうか?

細かいテクニックはいろいろとありますが、次の二つが「お手軽」で「効果的」な方法です。

  • 方法1:連絡先の電話番号を、各ページに明記する
  • 方法2:スタッフ(できれば社長、店長)の笑顔の写真を掲載す

会ったこともない人から物を買うわけですから、「当店は信頼できますよ」ということを、
とにかくアピールする必要があります。そのアピール方法として、
電話番号とスタッフの写真は、非常に効果的です。

「何かあっても電話できる」という安心感、
あるいは「写真を出すくらいだから、きっと大丈夫だろう」という期待感が、
御社の信頼性を高めてくれるわけです。

でももちろん「写真」は映りの良いのを選んでくださいね。
間違っても「人相の悪い写真」は使わないように……(^_^;

ぜひ申込みフォームを改善して、「レジの前で立ち去る人々」を減らしましょう。

以上で、申込みフォーム改善のポイントがご理解いただけたことと思います。

お客様を増やせる、低価格なホームページ作成サービスのサービス・料金

問い合わせ10倍!「社長のホームページ入門」無料ガイドブックプレゼント

ページの一番上へ | このページを印刷

着手可能数(4月24日現在)

  4月 5月 6月 7月
残り 3件 77件 80件 80件
4月は残り3件!申込みはお早めに

お申込みはこちら

※上記は標準パックの申込み状況表です。

※お急ぎの方はお電話(03-5957-1610)でお問合せ下さい。